エロゲ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

Icon-not-under18.png 注意: アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのはいつものことです。


これ、何てエロゲ
それ、何てエロゲ
あれ、何てエロゲ
どれが何てエロゲ
「それなんてエロゲ?」
エロゲ について、ソレナンテ・エ・ロゲ
「お前にはまだ早い!」
エロゲ について、犬のお父さん
「エロゲとこんにゃくゼリーとオタクの生存権は規制すべき。」
エロゲ について、野田聖子
「絶対やめない。だって好きなんだもん。」
エロゲ について、高坂桐乃

エロゲとは、IOC会長の名前ないしエロゲームの略称。エロゲーや、アダルトゲーム。またお茶を濁す為に美少女ゲームなどと呼んだりもする。目的は成人男性または思春期男性を性的な物で喜ばせ、ゲームの作成者の懐と嗜虐心を多少満足させるためのもので、エロゲの魅力は万国共通なのである

高校受験、大学受験での現代国語の点数が上がらないときの最終手段としての一面も持つ。これによってセンター試験現代文において100点を取ったという報告もある。これは東大生すら認めた勉強法である。問題点として、勉強法として実行する時は年齢が本来あるべき年齢に達してないということである。ちなみにその東大生は現役合格らしい。あれぇ?

目次

[編集] 具体例

具体的なエロゲの例を上げれば物凄い量が出て来るが、基本的には、プログラミング部分とエロ画(主にアニメ画、稀に実写)を両方含んでいればゲーム性に関わらずエロゲを名乗れる。

  • ブロックを落とせばだんだん裸になっていく、脱衣ブロック崩し系。
  • PC-98シリーズの頃良くあった、シューティングでクリアすると画像が表示されるシューティング系
  • ジャンケンやカードゲーム、ミニゲームなどで負ける、あるいは一定得点を達成すると一枚ずつ服を脱いでいく野球拳系。
  • ミニゲームなど単純なボタン操作などでもやもやが消えていく雲消し系。
  • 恋愛シミュレーションなのだが、ベッドシーンまで発展するシュミレーション系。
  • 静止画が紙芝居のように表示され、選択肢によってストーリーが変わるアドベンチャー系。
  • ムービーから構成されていて、途中途中に出てくる選択肢でストーリーが変わるムービー系。
  • 着替えを手伝う着せ替え系。
  • その他、パンチラを狙うアクションや、グラビアの撮影に同行したり、戦争ものとか職業ものとか。いろいろある。

また、ゲーム名が平仮名で真ん中に☆が付いている物は大体エロゲだったりする (らき☆すたは例外) 。その他、エロゲじゃない物も平仮名にして単語の区切りに☆を入れるとエロゲっぽい名前になったりする。これには賛否両論ある。

[編集] エロゲの歴史

エロゲの起源は定かではないが、現在確認されている最古のエロゲは1987年にエジプトで発掘された。古代エジプトの有力者の墳墓に遺体と共に紀元前1500年頃に埋葬されたものであると考えられている。

古代におけるエロゲはギリシア、次いでローマにおいて長足の進歩を遂げた。プラトンの著した『弁明』では青少年に無闇にエロゲを薦めたとしてアテナイで告発されたソクラテスの姿を見ることができる。同じくプラトンの『クリトン』は処刑を前にするソクラテスとその親友クリトンのエロゲに関する対話である。その中でのソクラテスの台詞「駄作もまた作品なり」は現代のエロゲの抱えている問題点を見事に予言したものといえる。

紀元前4世紀、マケドニアアレクサンドロス3世 (アレクサンダー大王)の東征により、ギリシアの洗練されたエロゲが東方に伝播することになった。

ギリシアの衰退後、西洋世界におけるエロゲの中心地は当時新興国であったローマに移る。

古代ガリア人は、ローマと対立しながらも、エロゲの美麗さと豊穣さに心打たれていた。

そのため、現在のフランス語にも「eloge」が賛辞を意味する言葉として残っている。

[編集] ローマにおけるエロゲ

ローマ時代のエロゲ

既に共和制下のローマにおいてエロゲは知られていたが、当時はまだ元老院階級の一部の人間にギリシアの芸術として楽しまれていたに過ぎなかった。しかしポエニ戦役後、ローマの東方への進出に伴い、ギリシアの芸術がローマに大規模に移入され元老院階級のみならず幅広い層に楽しまれるに至った。

ユリウス・カエサルガリア征服によってエロゲは北方にも伝播し、ガリアフランスベルギーオランダ)やブリタニアイギリス)でも楽しまれた。カエサルはローマの防衛線としてライン川を示したが、これによってゲルマニアドイツ)へのエロゲの普及は遅れ、後代蛮族の侵入によるローマ帝国崩壊の遠因となった。

共和制ローマの代表的な哲学者政治家作家オタクであるキケロは親友アッティクスとの2678018通に及ぶ書簡の中で、頻繁にエロゲについて言及している。キケロの死後、これらの書簡はアッティクスによって出版され、後世の研究者にとりまたとない資料となった。

帝政移行後のローマにおいて、初代皇帝アウグストゥスはエロゲを手厚く保護し普及に努め、結果エロゲはローマの覇権下にある地中海世界の広きに渡って普及した。アウグストゥスを継ぎ皇帝となったティベリウスカプリ島の別荘に引き篭もりエロゲ(なお、彼は主にショタ系のエロゲを好んだといわれる)に熱中した。このことはタキトゥスを初めとする後代の歴史家から口を極めて非難された。

五代目の皇帝ネロの家庭教師を務めた哲学者セネカは著作『エロゲについて』(De Erogema)においてエロゲについて詳細な検討を行なっている。

皇帝に就任したネロはあらゆるエロゲをやり尽くし、やがてオタクの権威者と呼ばれたペトロニウスがレビューで高得点を付けたエロゲー以外は行わなくなった。ペトロニウス自身も『サテュリコン』と題した同人エロゲを制作しているが、内容はショタである。後に、ペトロニウスは自殺に追い込まれるが、その際にネロに対してネロが熱中していたエロゲの攻略法を記して、厳重に封印した上で送った事は有名である。

[編集] キリスト教の伸張とエロゲの衰退

当時東方で勢力を伸ばしていたキリスト教はエロゲを頽廃的なものとし、敵視した。

コンスタンティヌス1世によるキリスト教の公認、テオドシウス1世による国教化によって西洋世界におけるエロゲは壊滅的な打撃を受け、エロゲは長い中世の暗黒にまどろむことになった。

[編集] 中世のエロゲ

中世時代のエロゲ

西ローマ帝国の崩壊に伴う混乱によって、古代のエロゲの大多数は永遠に失われた。消滅を逃れた幸運な作品も完全な形で残っているものは少ない。

キリスト教の支配下においても幾つかのエロゲが作られたが、その多くは原画のレベルが著しく低い。その一方で優れたシナリオが幾つか残っており、アーサー王物語とそれに派生する幾つかの物語は今なお名作と讃えられる。2004年にはTYPE-MOONから『Fate/stay night』としてリメイクされた。実に数百年の時を越えてのリメイクである。

東ローマ帝国では古代ギリシア時代のエロゲや、東方ペルシアのエロゲがもてはやされた。しかし独自のエロゲはあまり発達しなかったとの説があるが、そうでもない。肉体的・写実的なエロゲの枠組みから、精神面や理知的なエロゲが主流に変化したのである。また、モザイクという技法が生み出され、猥褻物に厳しい官憲の目をごまかす手段として現代まで使われている。帝国末期と崩壊後には多数の知識人が西欧へと亡命。古代ギリシアや東方ペルシアのエロゲが伝播し、西欧のルネサンスへとつながった。

[編集] ルネサンス期のエロゲ

ルネサンス期のエロゲは、ソレナンテ・エ・ロゲ抜きに語ることは出来ない。エロゲ評論家の大家であったロゲは『妹萌論』『姉萌論』『属性大全』などといった研究書を多く著したが、エロゲのやりすぎによって精神に異常をきたし、晩年は悲惨なものだったという。

ボッカチオラブレーシェークスピアなどといった脚本家は、優れたローマ時代のエロゲを研究することにより名作を生み出した。中世の理知的ではあるが退屈なエロゲに比べ、ルネサンス期に作られたエロゲは快楽や感情が重視されるようになったため、密かにこのようなエロゲを待ち望んでいたプレイヤーからは熱狂的に迎えられた。

また写実主義の基礎が確立されたことにより、原画のレベルも向上した。レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロボッティチェリなどといった有名な原画師が多く登場したのもこの時期であり、彼らのリアルな肉体の描写は高い評価を得た。

[編集] 中国におけるエロゲ 

中国におけるエロゲの歴史は三千年前にもさかのぼるとされ、黄河流域で発祥したエロゲ文化は長江流域や東南アジアのみならず、日本にも大きな影響を与えたが、秦の始皇帝の「焚書」により、エロゲまでも処分されてしまい、一度は危なくなったが、三国時代になって再び盛んになり今に至る。

[編集] 殷、周時代

殷の首都だったといわれる殷墟からは、当時の王の墓に副葬品として亀の甲羅に焼き付けられたエロゲらしきものが発見され、近年学者の間で話題となっている。殷の時代におけるエロゲは大体がヒロインが末喜と呼ばれる女性で、どの作品のストーリーも革命物と呼ばれる展開の読めてしまうものであったため、近代の学者からは「ツマンネ」との評価を受けている。 周の時代になると、太公望などのニートの誕生により、エロゲの質は一気に上昇する。西周の時代には沢山のエロゲが作成されたようだが、それがどのようなものであったのかはわからない。しかし、それらのゲームのOPやEDの曲は「詩経」という書物に収録されていて、今でも聞くことができる。「関雎」は詩経の最初に載っているので、当時人気だったゲームのOPだろうというのが定説である。 東周の時代になると、諸侯が隣国の評価が高いエロゲを手に入れるために戦争を起こし始めた。そのなかで、諸子百家と呼ばれる優れたライターたちは、諸侯に自分のエロゲを売るべく諸国をセールスして回った。孟子の「純愛系」(性善説を採用)はあまり売れず、人気があったのは韓非子の「調教系」であった。韓非子の調教系のエロゲを購入した始皇帝は、統一に成功する。

[編集] 秦の時代

調教系エロゲにより統一を果たした始皇帝だが、惨事の丞相、李斯に惑わされ、二次元禁止令を出し、エロゲ学者を殺し、エロゲを燃やしてしまう。(所謂焚書坑儒)始皇帝に重用され権勢を誇った宦官である趙高は、自分には付いてないおちんちんに憧れを感じて、ショタ物のエロゲに入り浸っていたために政務は適当に行われた。これら行為に怒った人々は反乱を起こし、結局秦は滅んでしまう。 その後、秦を滅ぼした項羽はそのまま全中国を統一しようとするが、結局劉邦に敗れてしまう。これは、項羽が虞美人という三次元の女におぼれて、二次元を見捨てたために、配下が次々と裏切ってしまったからである。

[編集] 漢の時代

の時代にはシルクロードが開通し、西洋の文化が取り入れられたエロゲが多数製作された。韓非子の唱えた調教系に代わり、孟子の唱えた純愛系が主流になったのもこの頃である。しかしエロゲの急速な進化はプレイする皇帝に過度な身体的負荷をかけることになり、その結果3代目皇帝~ラス前の皇帝まで11代連続でテクノブレイクに敗れ、齢40になる前にこの世を去ってしまう事になる。エロゲのやり過ぎには気をつけよう。

また、このころ書かれた後漢書東夷伝には「の王がエロゲを求めてわが国に使者を送ってきた」との記述があり、この頃から中国から日本にエロゲ技術の伝播があったことが伺える。

[編集] 三国、晋時代

この時代、ついに後世にまで残る偉大なエロゲが誕生した。陳寿大先生の「三国志」である。羅貫中によるリメイクを経て現代にも「恋姫無双」として残るこのエロゲは史実を基にしながらもその優れたストーリーでの人々や皇帝の時間を浪費させ、晋の崩壊を招いたほどである。また、この時代の特徴を挙げるとすれば優れたエロゲソングが沢山生まれたことだろう。中でも曹植による「洛神の賦」や陶潜による「述酒」などはその優れた歌詞で人気があったという。ちなみに、三国志にはファンディスクとして「魏志倭人伝」というものがあったが、これは倭の女王を陵辱するという内容だったので、日本には持ち込まれなかったとか。

[編集] 唐時代

この時代に、ついに中国のエロゲを崩壊に追い込む事態が発生する。一つ目は日本の遣唐使の廃止であり、これによって当時はすでに中国より進んでいた日本のエロゲ文化を学べなくなったことと、二つ目に玄宗三次元の女楊貴妃にはまり、エロゲをプレイしなくなったことである。これまでの歴代王朝では、皇帝がエロゲをプレイすることでエロゲ文化が相続してきた。しかし、この玄宗の三次元への逃避により、エロゲ文化が危機に陥ったのだ。結局これ以降は中国のエロゲ文化は廃れてしまい、現代になって日本から輸入されるまでは再興することはなかった。

[編集] 日本におけるエロゲ

日本におけるエロゲの歴史は古く、一説には紀元前660年の神武天皇の建国以前にまで遡る。当時のエロゲは日本独自のものであったが、アレクサンダー大王の東征によって確立された西洋と東洋の交流、シルクロードを経て海外のエロゲが日本にも輸入された。これら日本古来のエロゲと海外のエロゲが融合し、世界に類のないエロゲ文化が形成された。正倉院には当時日本に輸入されたエロゲが保管されている。

[編集] 旧石器~縄文時代

既に、伊勢原の遺跡にて旧石器、あるいは縄文時代のものと思われるエロゲの原型とも言えるものが発掘されている。パッケージは籐製で発掘された当初はかなり当時の状態に近いため、近年まで捏造とされていたが、炭素14による年代測定により紀元前のものと判定されたため、急速に縄文時代以前のエロゲの研究が発展した。発見者が学者でなく学会での発言力が皆無に等しかったことも、この研究が遅れた原因の一つである。

しかし今の観点からみればきわめて素朴でありエロ部分も少なく、どちらかというと恋愛シミュレーションに近いため、この頃はまだエロゲとギャルゲーの区別はあまり明確でなく、はっきりと分かれるようになったのは弥生、もしくは古墳時代からであると考えられている。また、民間伝承によれば、アマノウズメと言われる女性の主人公が、天照と言う名のヒッキー男をたらしこみ、岩屋から引っ張り出す女性向けエロゲが存在したらしい。しかし、あくまで伝説の域を出ない。

[編集] 飛鳥時代

時の天皇、推古天皇の摂政となった聖徳太子は(蘇我蝦夷にフラれて、同性愛にはウンザリしていたという私的な事情もあり)隋の進んだエロゲの文化を取り入れようと、エロゲ通として知られていた腐女子の小野妹子を隋に派遣した。この結果として世界中の珍しいエロゲが日本に輸入され、日本独自のエロゲに取り込まれていった。中大兄皇子は当時最高品質を誇るエロゲコレクションで有力者を買収し、天皇に即位した。日本では平安、鎌倉まではヒトと神、精霊との垣根があまり明確でなかったため、この頃触手といったジャンルが開発、発展したと考えられている。この頃、エロゲをやりすぎてセリフもト書きも全部暗記した老人(性別不明)から聞書きで記録をとることが行われた。その冒頭シナリオは、何も知らない妹を「パズルをやろう」と誘う鬼畜な兄貴の話であり、最後にはヤンデレになった妹に追いかけられる、というものである。「Nice Boat」の原案とされている。

[編集] 平安時代

平安時代には貴族勢力、寺社勢力を背景に豊かなエロゲ文化が花開いた。奈良時代から平安時代初期までのエロゲは大陸の影響を強く受けたもの(中国人ヒロインチャイナドレスが盛んに用いられた)だったが9世紀末の遣唐使の停止に伴い、日本独自のエロゲが発展した。巫女黒髪幼女宇宙人といった古典的なヒロイン属性はこの頃完成された。竹取物語紫式部(作者についてはまだ議論の余地がある)の源氏物語など古典的な名作が誕生したのもこの頃である。現在においても古典派と称される人々はこの頃派生した作品に強い愛着を持っており、先述の竹取物語に基づいた『夜明け前より瑠璃色な』や堤中納言物語から着想を得たとされる『EXTRAVAGANZA~蟲愛でる少女~』などはその思想が具体化した典型である。また、『AIR』『SAKURA 雪月華』『銀色』のように現代のシナリオと当時作られたシナリオ(いわゆるSUMMER編とか平安編とかシナリオ:『銀色』とか)との統合を行うことで、物語全体に更なる奥行きを与えた現古融合型のエロゲも見受けられる。

[編集] 鎌倉時代

武家社会によって、いままで貴族が独占していたエロゲ文化は武士のたしなみとして成熟していった。また、旧仏教のエロゲに欲求不満を覚えモンモンとしていた僧侶達によって新しいエロゲが創り出された。いわゆる鎌倉六エロゲである。その様子はマ○コ・ポーロの「東方見聞録」に詳しく記載されている。マルコポーロ氏は未来から来た東南アジア大学歴史工学部旅行学科4回生の東方見文録氏とモンゴルへ赴き、それを伝え聞いたモンゴルクビライ・ハンは大軍を派遣してこれを買い占めようとしたが、神風に遭い全滅した。しかし、この来襲によって奉公人たちは多くの作品を失い、結果幕府の転覆に繋がる事になった。ちなみに、マルコポーロ氏は雑誌破砕機(クラッシャー)「花田紀凱」と「西原理恵子」によって滅ぼされた。

[編集] 室町時代

応仁の乱や室町幕府の衰退による各地の戦乱、荒廃の結果、無常観の漂うエロゲが多数生まれた。いわゆる「鬱ゲー」の原型はこの頃に誕生したとされる。

一方で豊かな庶民文化が花開き、庶民にもエロゲが広く普及した。

[編集] 戦国時代

室町幕府の崩壊によって日本は諸国の大名が天下を狙う戦国時代に突入した。当時の諸大名には『鬼畜王ランス』を地で行く行動が見受けられるが、それほどまでにエロゲの影響が大きかった証拠である。諸大名は自らの武勇、精力、財力、勃起力を誇るため、競って華美淫猥なエロゲを創り上げていく。また、プロの作品の売り上げ本数が人気同人のそれにトリプルスコアで負けることがざらに起こるなど下克上の時代でもあった。

[編集] 江戸時代

江戸時代のエロゲ
北斎による触手モノのエロゲ

戦国時代は武将達が自らの精力を使い果たしたと同時に終わった。時の征夷大将軍、徳川家康はエロゲ買出しの帰りにふらっと立ち寄ったとある関東の平原(今の秋葉原付近と思われる)で「これからのエロゲは都ではなく、この江戸を拠点にせよ」との声を聴き、エロ、じゃなかった、江戸に幕府を開いた。

海外の文化は幕府の権力に罅を入れると考えた徳川家は鎖国を始め、日本のエロゲは更なる独自の発展を遂げていく。また、戦乱の世が終わり太平の世がやって来たため、かつての戦国時代では有力な武将の占有文化であったエロゲも庶民の手によって更なる発展を遂げることとなる。エロ原画家葛飾北斎は触手モノの大家として有名である。妖怪や幽霊といった存在がまだ信じられていた時代であったため、妖人伝奇絵巻『あやかしびと』の誕生は今昔の怪談に大きな影響をもたらした。

[編集] 幕末

ペリーによってアメリカ産エロゲが輸入されると黒髪一辺倒だった日本の作画人に衝撃がはしる。そのため各地で青髪や緑髪など到底日本人とは思えない女性を主体とした同人エロゲが制作された。しかし幕府権威の失墜を恐れ、これを認めず新撰組を投入し弾圧し始めたので、あっというまに民衆の支持を失いエロゲの売り上げも急減、幕府財政は崩壊したのである。 明治維新の際に最後まで純和製エロゲに固執し、もう昔の秋葉ではないと、江戸を捨てて函館に引きこもった者も多く居た。

[編集] 昭和(戦前)

昭和12年に日中戦争が勃発するとエロゲー界からは中国系が姿を消すようになり、昭和14年にはパーマネントに規制がかかるようになってくる、また、昭和15年からはエロゲーのタイトルや制作会社に英語の使用が禁止された。その影響で『To Heart』は『東鳩』、『key』は『鍵』、『TypeMoon』は『型月』のように名称変更を余儀なくされた。昭和16年に大東亜戦争が勃発するとついにエロゲーの生産に規制がかかり、数多くの会社は生産停止においこまれた、しかしヒロインが全員黒髪で日本人の『夏色小町』は愛国心の表れとして規制がかからず、むしろ励行された。が、思いのほか売れなかった。

[編集] 昭和(戦後)

開戦によりアメリカは、既に当時最高峰のクオリティを誇る日本のエロゲが輸入されず、アメリカ国内では即時停戦し、日本と国交を回復したのちに経済支援を行い、日本製エロゲの復興を願う声があがり始めた。しかし、大国としてのプライドがあったためか、平和的手段(つまりエロゲ欲)ではなくみずからとソビエト社会主義共和国連邦による満州侵攻が15年にわたる戦争に終止符を打った。

1945年8月にソビエト社会主義共和国連邦の満州侵攻と、アメリカによる広島、長崎に相次いで投下された原子爆弾の投下によって、日本は強烈なショック療法を受けた形で降伏した。

エロゲの作画に関してのいがみ合いの末に中国とアメリカが朝鮮半島での衝突をきっかけに始まった朝鮮戦争の時、米軍から大量の軍需物資の製造、修理や米国製エロゲのデバッグなどの注文が殺到し、日本はまず経済が復活し、その後国民が次第に豊かになってゆくと、壊滅的な打撃を受けた日本製エロゲも市民、企業、政府の3者の手によって復活していった。

後に高度経済成長と呼ばれることになるこの経済的成長は、実は戦前に抑圧された日本のエロゲ文化復活を願う全てのエロゲ関係者によって引き起こされたものであるといえる。この頃、日本はエロゲだけでなく工業などが奇跡的な勢いで発達した。日本は敗戦によって1からやり直す事になったが、持ち前の手先の器用さを生かしてエロゲによって経済的にも技術的にも世界最高水準に復活した。なお『GHQ』による占領政策の一環として東京裁判史観を浸透させる一環としてエロゲーが粗製濫造され、憲法の見直しをも阻んでいる。

[編集] 現代

エロゲにはハンマーオーキッドと同じ美しさがある。

日本のエロゲと工業は1960年代までに世界最高水準のクオリティに達し、海外では「メイドイン・ジャパン」が1つのステータスとなるまでになったが、トイレットペーパーの買占めで記憶に新しいオイルショックで大きな打撃を受けた。

1973年に石油危機が発生すると、日本中で省エネ運動が行われ、平日午後11時以降・日曜日のエロゲーのプレイを自粛する動きが起きた。1978年には特定不況産業安定臨時措置法が公布された。これは、黒髪巫女セーラー服(当時:のちに競争力が回復したとして80年に指定解除)、海賊花屋など国際競争力の弱いキャラクターを保護する法令であった。また、1979年にはIEA総会で「石炭利用拡大に関するIEA宣言」が採択された。これは、石油系ローションが登場する作品の新規政策を禁止したものである。

80年代に入ると、PC-98シリーズ等の普及によって、シューティングなどと絡めたエロゲなどの新しいエロゲの形態が現れてきた。現在のここまでの日本のIT社会の発展はエロゲによるものであるといっても過言では無いだろう。

1980年は波乱の一年であった。3月に有名大学の模手原商科大学模手原工科大学の入試問題漏洩が発覚し、受験生職員合わせて69人が処分を受けた。12月には大手商社の原巳忠商事が負債72.1億円を抱えて倒産した。

80年代後半から90年代前半にかけての今までエロゲに費やしていた資金を土地などにバカみたいにつぎ込んでいた、いわゆるバブル経済であるが、見かけ上は景気の回復があったため、エロゲも更なる発展、新ジャンルの開拓に明け暮れていた。

90年代後半では、飛鳥時代に全盛期を迎えた「触手」系エロゲが当時の若者たちによって再興、2000年代後半まで影響を与えることになった。しかし、触手系のエロゲには好き嫌いの好みが激しく別れた。

2000年代前半には「騎乗位」ジャンルのエロゲが全日本エロゲ協会(All Japan Adult game Association - AAA, AIII)発表の年間エロゲランキングで01年~04年まで1位から9位までを独占した。これにより特に騎乗位ジャンルを専門とする海山商事が同業界異例の約490億円の売上を上げた。

2007年にはエロゲ大手のメイド・イン・ジャパンの子会社「エキサイト商事」、やわらか銀行アダルト部門の「(有)白~い家族」、今北産業の傘下の「後行産業」が相次いで倒産した。この倒産の理由はうわなにをするやめr

2011年3月11日発生の東日本大震災によって、福島県いわき市に置かれていたデータセンターに全て保存されていた開発中のエロゲがすべて真っ白になり、過去販売したデータは2012年2月まで公開状態となった。(2012年1月1日時点のダウンロード数は1兆飛んで.50)なお、この出来事を全日本エロゲ協会企画秘密のドッキリ作戦!♡ウッフンPart II~シーズン・オフ~と呼ぶ。

2014年6月、自民党は青少年うんたらかんたらあーしてこーしてでエロゲの開発・販売・プレイを禁止する「全国人民健全法」を無理矢理成立させた。これにより、自民党人民代表大会の許可を受けていない者は須らくうわなn バック・トゥ・ザ・フューチャー!

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アダルトゲーム」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語