エレン・ベーカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

エレン・ベーカー (Ellen

Yeager

Baker)とは、日本の緑中学校に赴任した女性外国語指導助手(ALT)のことである。東京書籍の中学英語教科書「NEW HORIZON」の監修にも関わっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エレン・ベーカー」の項目を執筆しています。

人物[編集]

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身。緑中学校勤務のALTである。本来なら他のALTとなんら変わらない外国人教師であったが、その教え方の巧みさ、というより先生の可愛さが緑中学校の男子生徒の心を鷲掴みにし、緑中学校の男子生徒の英語の成績はうなぎ上りとなった。この噂を東京書籍の「NEW HORIZON」編集部が聞きつけ、エレンに英語教材の監修に協力してくれないかと頼んだ。エレンはこれを快諾、本人もNEW HORIZONのキャラクターとしても登場している。

エレンが監修に関わった平成28年度版のNEW HORIZONは、エレン先生がめちゃくちゃ可愛い英語が分かりやすいとネットで大評判に。「エレン先生に英語習ってたらTOEIC800点いってたのに」「エレン先生の授業なら絶対にサボらない」「結婚したい」などの声がTwitterに相次いだ。

少なくとも次回教科書が改訂される平成31年まで、緑中学校のALTとして勤務することが決まっている。その時まで、緑中学校に入学を希望する男子の新入生は絶えないとみられている。

ちなみに、NEW HORIZONでは2年の教科書でメインキャラクターはアメリカにホームステイしに行ってしまうため、一応メインキャラクターでないエレンは、残念ながら2年生の時には会えない。3年になるとちょこっと出てくるので、そこまで辛抱である。

エレン先生採用の経緯[編集]

エレンは分かりやすい英語を教えられる教師としてNEW HORIZONの監修に関わり、教科書にもキャラクターとして登場している。しかし、なぜ教科書で異常に可愛く描かれているのか。それは、東京書籍が中学生以外にも教科書を売ろうと目論んだからに他ならない。

東京書籍は英語教科書のシェアではトップを誇っている。しかしそれでは飽き足らず、大人向けにNEW HORIZONを編集し直した英語参考書も刊行した。この大人向けNEW HORIZON「ミライ系NEW HORIZON」[1]が萌え絵調であったため、これをがっつり本家にも採用したのが今回のNEW HORIZONである。

こうして萌え絵調かつ、PTAから苦情がこないギリギリの線の絵を採用すれば、今までの教科書にはなかった中学生以外のオタク市場も開拓できるのである。教科書販売の新たな形として、根付いていく可能性も否めない。

二次創作[編集]

Oh...I was amazed...

エレンの可愛さゆえ二次創作も多く描かれた。しかし、エレンはあくまでも教科書のキャラクターである。東京書籍はイラストを描いてもらうのは結構という見解を出しているが、中学生的に不適切なものは避けて欲しいともコメントしている。例えば性的なものや立体機動装置をつけて超大型巨人に立ち向かうような軍事的なものはPTAから苦情が来て、オタクへの販売戦略に影響が出るため、場合によっては対応に当たるとコメントしている。

脚注[編集]

  1. ^ かつてのNEW HORIZONのキャラクターのドロッドロの三角関係が描かれている。

関連項目[編集]