エルンスト・ガーデルマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エルンスト・ガーデルマン」の項目を執筆しています。

エルンスト・ガーデルマンDr.Med.Ernst Gadermann1913年12月25日 - 1973年11月26日)はWWII時におけるドイツ空軍(ルフトヴァッフェ)・衛生部勤務の医師(doctor in the Sanitätsdienst)であり、ルーデル閣下四代目の相棒である。

と思われているが、実際は世界一の科学力を持つ第三帝国が作り上げた医療ロボット兼ユンカースJu87スツーカ後部機銃手モデルである。

実際のところ、人間だろうがロボットだろうが史上最強の後部機銃手であることは疑いようがない。ルーデル閣下とともに800回以上、後部座席に座って出撃したにもかかわらず壊れず、ルーデル閣下の操縦のもと、敵のエースパイロットが操縦する戦闘機を返り討ちにしたことが何よりの証拠である。

概要[編集]

一般には無敵の魔王として知られるルーデル閣下であるが、彼にも悩みはあった。彼の不死身に相棒たちがついてこられず、次々と再起不能となってしまったのである。さすがのルーデル閣下もこれには困った。一人でも戦車を破壊できるのはできるが、背後にも気をつけていなければならないとなると、破壊できる戦車の数が減ってしまうのである。

そこでルーデルはロボットの不死性に目をつけ、それを後部機銃手として採用することにした。そして開発されたのがDr.Med.エルンスト・ガーデルマンである。

ルーデルの期待通り、この頑丈なロボットはスツーカが墜落し、地面に激突して粉々になっても決して壊れず、その直後に「休養などはとっていられない。すぐに出撃だ!(原文ママ)」とルーデルが飛び出したときにも平気でついてきた。ただの人間にこのような行動が不可能であることは言うまでもない。

だがこのロボットの最高のウリはそこではなかった。このロボットは何よりもまず、医療用なのである。ガーデルマンはいかなる場合であろうとも「医師として」冷静にふるまうようプログラムされており、ルーデルが負傷した際も「大丈夫ですよ」「そんなことはないでしょう。足が吹っ飛んだら、話なんかしていられるもんですか」とプログラム通りの対処をした。このような反応が人間にでき得るはずがないのである。さらにその頑丈なボディーを生かし、不時着し燃え盛る機体からルーデルを引っ張り出し、応急処置も施すということも可能にしている。

しかし、ロボットならではの欠点も存在した。ルーデルが片足を失って入院した際にルーデルの退院時期をプログラム的に計算してしまったことである。ルーデルの怪我の大きさから病院の医師の説明どおり考え、また退院した際の偽造も見抜くことができなかったため、その時間を加味して別の仕事をしていた。ルーデルはいつの間にか病院を自主的に切り上げ戦場に復帰し、ガーデルマンがいないと悟るとエルンスト・ニールマンを相方として再び戦場に舞っていた。

しばらく姿を消していたガーデルマンであるが、プログラムを変更して戦後も心臓病、またオリンピックの医師として活躍したようである。

ソ連の大切な戦闘機を後部機銃で粉砕する男、ガーデルマッ

関連事項[編集]