エリック・サティ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
サティの自画像。いやマジで。
「彼の音楽の出現はあまりにも突発的で独創的過ぎた。そのため、当時の人々には僕の作品と同じく理解されなかったが、ラヴェルやドビュッシーから始まる近現代音楽の元祖となったことは現代では否定のしようは無い事だな。」
エリック・サティ について、オスカー・ワイルド

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Satie, Eric Alfred Leslie Satie, 1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、19世紀末から20世紀初頭のフランス実在した変態のこと。主に音楽をもって人々を混乱させることを好む、ある種のトリックスターである。

本名が同じことから、あのオペラ座の怪人のエリックと同一人物なのでは?という説もまことしやかにパリっ子の間で囁かれている。

人物像[編集]

サティはとにかく変態であったが、偶然にも音楽才能があったため、この分野で変態ぶりを発揮することとなった。

フランス系の作家として有名な彼であるが、実は生まれはイギリスで、洗礼英国国教会で受けているが、4歳の時にフランスに渡っているのであまり関係ない。彼の変態ぶりはまず、フランスのカフェーでピカソらと交流したことから始まるが、実際に音楽活動を始める前に教会に入り浸って古くさい合唱曲を聞きまくり、その結果、既に一般的であったバッハモーツァルトベートーヴェンといった「要素を分解し、それぞれを緻密化し、かつその組み合わせを理論的に研究して高度な楽曲を作り上げる」といった当時としては最先端の音楽が頭からすっぽり抜け落ちてしまったことで、「全く新しい音楽」を生み出すこととなった。

こうして作曲家として活動を始めた彼であったが、自らを作曲家ではなく「音響測定家」と名乗り、次々と奇妙な(タイトルの)音楽を作り上げ、その変態ぶりで世に名を馳せていったのであった。

もっとも当のサティは若いときにパリ音楽院を退学しており、アカデミックな作曲技法に通じていないことにやっぱり劣等感を感じたのか、40歳を目前にして思い立ち、音楽学校として定評のあったスコラ・カントルムに入学した。これはスコラ・カントルムの教授陣にしてみれば、ほとんど嫌がらせである。とはいえ、予想に反して問題も起こさずまじめに勉強したようで、今回はちゃんと卒業させてもらったのだが。

彼はまたオカルト集団「薔薇十字教団」のメンバーとしても知られ、教団おかかえ作曲家の肩書きを言われる。後に薔薇十字教団と決裂すると、自分を教祖とする信者のいない教団を次々と作っては解散する、という謎の行動を続けた。

エピソード[編集]

  • バレエの合間に上演された短い超Z級馬鹿映画に大喜びで出演し、それを見ていた知人があきれ果てて彼を支持するのをやめてしまった。
  • 「この曲は聴きいらないで下さい、みなさん、そのままお喋りを続けて下さい」と前置いて演奏を始めた。良い曲だったので人々がお喋りをやめて曲に集中すると、それに気づいたサティはブチ切れ、「お喋りを続けろ!」と叫き散らしながら部屋中を駆け回った。これがBGMの誕生であるとか、ないとか。
  • 友人でもあるドビュッシーから「もっと様式(フォルム)を持つべきだ」と忠告され、それに答えて「梨の形(フォルム)をした3つの小品」という名前の曲を作り、「これで私にフォルムが無いなどと誰にも言わせない」と胸を張った。(ちなみにフランス語の俗語では、その形から来るものか、梨には「間抜け」という意味もある)。3つの小品という割には、7つの小品からなっている。やはりフランス語は数を数えるのに不自由な言語なのだろう。
  • 作曲の依頼を受けたとき、依頼料が高すぎると怒り出し、金額を下げるまで首を縦に振らなかった。
  • サティが亡くなったとき、部屋から100本以上のコウモリ傘が出てきた。
  • サティは常に黒いスーツを着ていた。彼の死後、部屋から同じ服が何着も発見された。

代表曲[編集]

楽譜には、作者独特の演奏に関する指示が書かれている場合が多く、その場合はこれに従うべきである。

  • 3つのジムノペディ
有名な第一番は、一度ピアノの蓋で思いきり手を挟んでから演奏するのが望ましい。
  • 6つのグノシェンヌ
第一番は「端末を使え」とあることから、DTMなどの機械による演奏を求めていると考えられる。
サティにしては珍しく、聴衆に大人しく聴くよう求めている。
  • 梨の形をした3つの小品
1. はじめ方 2. ついでにもう一曲 3. 第1曲-ゆっくりと 4. 第2曲-いきいきと 5. 第3曲-荒々しく 6. おまけ 7. あと一曲だけ
1. 内なる声 2. 犬儒派の牧歌 3. 犬の歌 4. 仲間と一緒
  • (犬のための)ぶよぶよした本当の前奏曲
1. 厳しいおしおき 2. 一匹でお留守番 3. 遊びましょ
サティは「ぶよぶよした前奏曲」を音楽専門出版社に持ち込んだが、出版を拒絶されたため、さらなる改善のためにぶよぶよさを増量(当社比、サティ調べ)したのが「本当の前奏曲」である。幸いにして現在では、ぶよぶよしたほうも、もっとぶよぶよしたほうも、ぶよぶよしていない紙に印刷されて出版されている。
  • 冷たい小品(逃げ出したくなるアリア)
  • 冷たい小品(ふらふらした舞曲)
  • 愛撫
  • 干からびた胎児
1. ナマコの胎児 2. 無柄眼類の胎児 3. 柄眼類の胎児
第二番が「シューベルトの有名なマズルカからの引用」とされているが、これは当時の編集者がサティを気取っていたずらしただけであり、実際はサティ自身の「最後から二番目の思想」からの引用である。また第三番のラストがカッコ書きになっていることから、演奏者によって引き伸ばされることを想定していると考えられる。
  • あらゆる意味にでっちあげられた数章
  • はた迷惑な微罪
  • 5つのしかめっ面
  • 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
  • 官僚的なソナチネ
  • 天国の英雄的な門の前奏曲
  • 不愉快な概要
  • シャツ
  • いいともショショット
  • おーい! おーい!
  • 野蛮な歌
  • 再発見された像の娯楽
  • 貧者のミサ
上述した自分一人しか信者がいない教団のためのミサ曲。ちなみに私の持っているこの曲のCDは、"Les inspirations insolites d'Erik Satie"(エリック・サティの突飛な思いつき)というアルバムに収められている。Eric Satieではない。Erik Satieである。彼は薔薇十字教団からの脱退という人生の転機においてEric(ふつうのフランス語のスペルはこっち)からErikに改名し、以後はその名前で押し通した。もちろん発音は同じだ。
  • 空気の幽霊
  • 歌詞のない3つの歌曲
  • バレエ「本日休演」
  • でぶっちょ木製人形へのスケッチとからかい
  • 右や左に見えるもの~眼鏡無しで
1. 偽善者のコラール 2. 手探りのフーガ 3. 筋肉的な幻想曲
  • いつも片目を開けて眠るよく肥った猿の王様を目覚めさせる為のファンファーレ
日本語では通常このような題がつけられているが、フランス語の慣用表現に従えば、「ファンファーレ、毎晩熟睡できずにいるうすらでかい猿の王様をたたき起す目覚ましの音」といったところだ。まあ、直訳のほうがアヴァンギャルドな変態性が高いかもしれないが。

(以上、全て実在する曲の正式題名であるので念のため)

凝りに凝った題名といえないこともないが、やはり変態的なまでに奇をてらったというほうが正確であろう。

影響、評価[編集]

サティの曲は全体に、古典的な技法を残しながらも従来の形に捕らわれず、無駄な音を徹底的に省きながら音響の持つ効果を最大に引き出すという、古き佳き音楽とニューミュージックの巧みな融合を特徴とするが、たまにやりすぎて、小節や拍という最低限のルールすら無視することがあったため、やはり変態であった。

このように、本人の変態ぶりを遺憾なく発揮しまくったため、サティは一部の人たちに大人気であった。これまで作り上げられた複雑怪奇な音楽をすっぽり忘れ、かんたん作曲に走ったのも、ピアニスト気取りたちに「こんな曲なら俺にも演奏できるぢゃん!」と思わせるものであったので、ますます人気が出た。

意外なことにサティは、後に印象派と呼ばれる音楽を生み出す最大のきっかけとなり、ラヴェルドビュッシーといった印象派の大家はサティ無しには生まれなかったとまで言われる。

このように印象派の創始と見られるサティであるが、一方でヴェクサシオンのような馬鹿な明らかに奇をてらいすぎている曲も平然と作曲した。全ての人が、彼を「時代の斜め上を平然と突っ走っている」と評価し、あまりに時代を先走りしすぎて同時代の人の評価は今ひとつであった。

どれほど先走っていたかと言うと、サティを知らない人にサティの曲を聴かせると「坂本龍一?」と言われるほどであり(逆に、坂本龍一を聞くと「サティ?」と聞かれることもある)、つまりは最低でも半世紀は突き抜けているのである(坂本龍一が半世紀ほど古い、という意見もあるが)。

ある意味では癒し系音楽(ニューエイジ)の始祖とも言える。逆に言うと、ニューエイジが流行っていた時期に連れてくれば超大人気であったろう。あ、つれてきちゃったらニューエイジ自体も生まれてなかった可能性があるのか。難しい……。

また、変態ぶりがたたり、テレビやラジオなどでもしばしば(BGMなどとして)サティの曲が使われるにもかかわらず、特に日本人の間ではサティ? 誰それ?というのが一般的な評価である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エリック・サティ」の項目を執筆しています。