エマニエル夫人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

これが有名なエマニエル夫人

エマニエル夫人(-ふじん)とは、かの「O嬢の秘密」と共に世界のポルノ史に多大な影響を与えたポルノ映画。その独特な甘美な世界観に人々は虜になった。

概要[編集]

新婚ホヤホヤのエマニエルが亭主の仕事先のタイでさまざまなアヴァンチュールやレズビアンプレイなど重ね、子供のような幼い少女から大人にビッチな娼婦へと生まれ変わる姿はまるでサナギから美しいアゲハチョウへ変身するかの如くセンセーショナルに映し出されている。その映像美に当時の男性はおろか女性まで見に行き、興奮した男女がモーテルにかけ込みアッハン♥ウッフン♥な事をする現象が多発し、またセックス依存症になった女性も増えた。

しかし当時としてはあまりの猥褻な内容に本場フランスでは発禁、いやファッ禁処分を受けた。その後初代エマニエル夫人のシルヴィア・クリステルの官能な演技に感銘を受けた3名の女優によりさまざまな形でシリーズや劇場版が制作され大ヒットした。なの日本では五月みどりがインスパイヤして「五月みどりのかまきり夫人の告白」として上映された。

歴代エマニエル夫人[編集]

  • 初代:シルヴィア・クリステル
  • 2代目:ホリーサンプソン
  • 3代目:アンソニー・スコルディ
  • 4代目:ナタージャー・ヴァーミアー
  • 番外:五月みどり

シリーズ[編集]

初代3部作[編集]

エマニエル夫人の娼婦に変身していく姿を描いく・・・
  • 「エマニエル夫人」
  • 「続・エマニエル夫人」
  • 「さようならエマニエル夫人」

エマニエル夫人のスクール・ラヴ・セックスシリーズ[編集]

教師免許を取得したエマニエル夫人が赴任先の学校で甘美な性教育を生徒に教える・・・
  • 「3年β組 エマニエル先生」
  • 「エマニエル夫人の教室」
  • 「GTE(グレート・ティーチャー・エマニエル)」

エマニエル夫人のホーム・ラヴ・セックスシリーズ[編集]

家政婦になったエマニエル夫人が冷えた家庭へ訪問し夫婦と家族の絆を再生させる為奮闘する・・・
  • 「エマニエル夫人は見た!!」
  • 「エマニエル夫人の渡る世間は鬼ばかり」
  • 「エマニエル夫人のひとつ屋根の下」

エマニエル夫人のホスピタル・ラヴ・セックスシリーズ[編集]

病院の受付嬢になったエマニエル夫人の退屈な入院生活に不満を抱く患者と看護婦と医者の欲求を満たす為奮闘する・・・
  • 「エマニエル夫人のブラック・ジャックによろしく♥」
  • 「エマニエル夫人とナースのお仕事♥」
  • 「エマニエル夫人の白い巨頭♥」

番外編[編集]

  • 「五月みどりのかまきり夫人の告白」

劇場版[編集]

  • 「映画エマニエル夫人 夫人の日本淫行」
初の劇場版、初めて日本に旅行しにきた夫人の甘美で淫らな日々を描く・・・
  • 「プラダを着たエマニエル夫人」
劇場版第2弾、プラダの新作のスーツ欲しさにプラダの社員に夫人が近づく・・・
  • 「ロード・オブ・ザ・エマニエル/夜の仲間」
  • 「ロード・オブ・ザ・エマニエル/二つのマラ
  • 「ロード・オブ・ザ・エマニエル/夫人の帰還」
念願のプラダのスーツが手に入れた夫人の珍道中を描いた3部作。
  • 「エマニエル夫人のマトリックス」
  • 「エマニエル夫人のマトリックス・リローデッド」
  • 「エマニエル夫人のマトリックス・レボリューション」
パソコン会社社長愛人とお茶汲み社員として就職した夫人。
自我を持ち会社と工場を乗っ取ったパソコンMacintoshに対し社員と共に戦うアクション風味の作品。
配線を触手に見立てて夫人が陵辱されたり、最新のSFXを使ったヴァーチャルセックスが描かれている。

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 エマニエル夫人 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)