エステ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エステ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「エステ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「エステ」の記事を執筆しています。

エステとは、マッサージやフェイシャルケアなどを含めた総合美容術である。

概要[編集]

エステは英語で「美学」や「美意識」を意味する「エスセティック」を語源に持ち、全身のリラクゼーションを中心とし脱毛や痩身なども行う全身美容術。アロマオイルやパウダーなどを使用するリフレクソロジー的な面も強い。日本では古くから行われていた美顔術がエステの元祖と言える。日本女性の美への意識は古の時代からあったが、国民所得が増大し生活に余裕ができた1970年代から広く全身エステが普及し、また男性向けエステも盛んになった。男性向けの場合は射精を含めたリラクゼーションを提供するのがほとんどで、そこから転じた女性向けセックスエステも存在する[要出典]

リラクゼーションのイメージとして「のどかなアジア」がイメージされることが多く、「台湾エステ」「チャイニーズエステ」などの看板を掲げる店舗が多い。また00年代以降はセレブ向けの派遣エステが盛んになったことで、無店舗エステが主流になりつつある。

施術にマッサージを含む場合は整体師の資格が必要だが、鑑査を抜けるためには店舗に一人いればそれで足りるため無資格のエステティシャンも数多い。ただしエステは本格的なマッサージよりもリラクゼーションを目的とするものなので、それで問題が起こることはまず無い。とは言え特定商取引法の特定継続的役務提供指定義務に基づいて、無資格エステティシャンに対して料金のクーリングオフを請求することも可能である。

サービス内容の例[編集]

洗体中の様子。
フェイシャルケア
リンパの流れを整えたり表情筋をほぐすなどして顔をリラックスさせるもの。
凝りがちな顔の筋肉を揉みほぐし肌のキメを整える、美観が分かりやすいエステである。
ハンドケア
掌を中心にし、ツボ押しも含めてケアしていく。
手は常に使い続けまた周囲に見られるものなので、ここを上手くリラックスさせると全身にその快感を波及させることが可能である。
洗体
読んで字の如く、身体をもみ洗いするもの。
細かい泡がウリの高品質ソープを使って丁寧に全身を揉みほぐす。自分では洗い残りができがちな鼠径部なども丹念に洗い、リラックスへと導く。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

料金システム[編集]

料金自体はピンキリだが、施術内容に応じ「オプション」として追加されていく事が多い。基本料金はコース制で明記されているが、オプションは有料か無料か明記されていない場合もある。またエステティシャンの変更も別料金であることが多く、施術中のチェンジは禁止されていることも。

関連項目[編集]