エクストリーム・自殺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
エクストリーム自殺から転送)
移動: 案内, 検索
ExtremeSportsLogo.PNG
このエクストリーム・自殺は顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

エクストリーム・自殺は、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。

Donation button.png
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「自殺」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「完全犯罪」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「自殺の方法」の項目を執筆しています。

エクストリーム・自殺(-じさつ、Extreme-suicide)とは、およそ生身の人間には不可能と思われる自殺をし、得点を競うスポーツである。

目次

[編集] 概要

エクストリーム・自殺は、国家警察という概念が出現した頃から、概念的には存在したといわれる。 主に国家や国家に関わる重要団体、に対して敵対行動をとるものが行うスポーツといわれ、第一次大戦以後、近代的な諜報活動が行われるようになると特に広く行われるようになった。

後述のように、競技が行われるにあたっては、自殺そのものの難易度を競うテクニック部門と出来るだけ公衆の面前で自殺し、自らの主張を訴えるパフォーマンス部門があり、選手はどちらかの部門において競技を行う。

[編集] 国際大会

約2日に一度開催される自殺の祭典ポリプロピレンピックでは、日本は最も多くのメダル保有国である。

近世以前の国際大会では腐敗が横行し社会問題となっていた。「健全な精神は健全な肉体に宿る」というスポーツ界の用語は誤訳であることはあんがい知られていない。実際の原文は「健全な精神は健全な肉体に宿れかし」であり、その意味は「宿っているはずなのになぁ」「宿っていてくれ」という願望のあらわれである。間違っても脳味噌にビフィズス菌が詰まっている体育教師どもがほざく断言形式ではない。

現在では一部の人治国家や失敗国家を除き法治国家としての体制が整っているため、競技人口は減少していると思われているが、「早い!安い!うまい!」と叫びながら牛丼を食べた後、町内を裸で走り回る「裸の牛丼競技」の普及により、競技人口はむしろ増加している模様である。

[編集] テクニック部門

技術的に難易度の高い自殺を敢行することによってその技を競う。競技の性質上パフォーマンスとしては地味になることが多く、テクニック部門とパフォーマンス部門の両方の競技に参加した選手はこれまでいなかったが、2009年に中国四川省のチベット仏教僧侶が両方の部門に参加した。これにより、両部門に大きな影響が与えられ、変化していくことが予想される。

[編集] 海外での事例

今日もどこかでスポーツが行われている
  • パキスタンスペランカー元首相 - 自爆テロを見物中に、間違ってジャンプボタンを押しリムジンの天井に頭をぶつけ死亡。
  • 中国貴州省の非行少女 - 全身をひっかき傷だらけにし、公道の橋で腕立て伏せをしていた市幹部家族の体液を股間につけて道頓堀ダイブを決行。市庁舎周囲は終日お祭りムードの炎に包まれた。
  • 中国雲南省で受刑者が目隠しをした鬼ごっこ中壁に激突、重度の頭部損傷により死亡
  • 中国湖北省のごっすん調理人 - 自分の頭に7本の釘を打って、自らぴーを握りつぶしたあと、現場に血の一滴も残さず公営阿片窟の3階から飛び降り自殺。心臓や血管の中はなぜか空っぽ。お祭り会場の片付けには人民解放軍一個師団を要した。
  • 中国広東省の宙吊りモデル - 韓国人4人(うち1人は女で、当人の友人)とバーで酒を飲み、一人で歩けないほど泥酔した状態になった後、韓国人の1人(男)の自宅マンションのトイレの窓から下着姿で投身、壁に宙吊り状態となった。
  • 中国河南省の女子大生 - 午前7時頃、大学内の教職員宿舎において、足5か所・首8か所の計13か所を自らメッタ刺しにして自殺。
  • 東トルキスタンの反国主義達数万人‐80人の仲間が漢族に殴り殺されたのを口実として、7月3日に一斉にウルムチの街に出て泣き叫びながら公衆トイレをぶち壊しまわったあと、人民解放軍の優しい呼びかけにも応じずにその日の夜に突然起きた停電の後、全員自分たちを殴り合い、全滅した。多くの自殺者の体から銃弾が見つかるなどかなりエクストリームな自殺だった模様だが、勿論肝心の銃は見つかっていない。しかも、多くの反国主義達は死んだあとに自分たちの死体を近くの山に隠すなどして中国公安当局の調査を遅れさせた。事態を治めるのに人民解放軍数重師団と特殊部隊、対テロ部隊、そして機動隊などが使われた。
  • テキサスのばくだんいわ副社長 - 重役会議に行く途中、かやくごはんを飛行機の中で食べて爆発。
  • テキサスヒット副社長 - 電気の大切さを訴えるため議会に乗り込むべく車で移動中、車内から外に狙撃銃を放り投げて自分の頭を撃つ。
  • テキサスのタイムトラベルコンサルタント - 11月13日に愛車のデロリアンで帰宅途中、間違って公道で140キロのスピードを出してしまい、製造が50年前に打ち切られた古いタイプの弾が頭にめりこんだ状態で12月1日にタイムスリップし発見される。当然、銃は現場に落ちていなかった。
  • ロスのエースストライカー社長 - 留置場でリフティングをやりすぎて背中をあざだらけにしたあと、うつぶせでTシャツを首に巻いて首吊り。さらに、縦向きの普通の首吊りに移行。首についた痕は縦向きではなく横向き。
  • チベットのアナーキープリースト - 宗教弾圧に抗議するあまり、禁断の呪術で人体発火し、なぜか頭に3つ穴があいて死亡。
  • バージニアのガンマニア副社長 - 銃を愛するあまり(バージニアは著名なガンロビーであるNRAGOAの本部がある)首を吊ってから銃で自らの体を撃ち抜く。
  • 韓国の先の副将軍様 - 北の将軍様を補佐し数々の成果をあげ、引退後は検閲により削除から持ち出したデータを持って全国漫遊の旅に出たが自宅の裏山で崖から滑って転落、なぜか直筆でない遺書が発見される。
  • ケニアのマラソン選手 - 自宅で浮気現場を妻に目撃されて、2階バルコニーから天国へ向けてのマラソンに出場。

[編集] 日本での事例

[編集] 近年の競技開催例

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「完全犯罪」の項目を執筆しています。

日本で最近あった例を示す。

  • 名古屋のトリプルコンボグモリスト - 生身の体で新幹線二編成、新快速一編成を破壊。
  • 静岡の石頭グモリスト - 非常コックを開け、新幹線から飛び降りて頭突きでATCを破壊。その後ドアを閉め非常コックをちゃんと閉め直す。
  • 福岡の怪力高校生 - 43kgの土管を腰に結び付け、両手足をロープで縛って海に飛び込む。
  • 東京のスーパーファーマー - 日本の農政の代表として議員会館の室内を耕作(マグロの養殖という説もあり)するパフォーマンスで知られたが、DHMOの大量服用によって、頭に穴があく不思議な方法で首吊り。
  • 東京のスペランカーシンガー - 歌謡界復帰を目指し、滑り台の手すりで体操の練習中に1m下へ落下した衝撃で死亡。
  • 千葉のゾンビネイリスト - 首吊りをしてからわざわざ飛び降り自殺。死因は飛び降りではなく窒息。
  • 名古屋の首なしドライバー - 車で首吊りをしようとして首を切断。しかしカーマゲドンすることなく、首がないまま駐車、車庫入れをこなす。
  • 大阪のゴッドマザー - 歩道橋から飛び降り自殺するも、なぜか歩道橋から45メートル離れた路上で発見される。
  • 東京のロードローラーアナ - 事務所の車をGTAして、裸足で無免許運転し、わざわざ助手席に座ってレンたん自殺。おまけに車の鍵は外に落っことし、ドアは開いたままで、目張りは運転席側のみだった。そして遺書は自分で書かず印刷していた。また、愛犬家だったが愛犬は放置プレイ
  • 京都の法律家 - 日本一の湖で友人達と船遊びしていたときに、マリーナに着くまで誰にも気づかれずに一人水泳を始め翌日発見される。
  • 名古屋のファイヤータイガー - 取調室で人体発火。本人に渡したはずのライターは見付かっておらず、本人が体内に吸収したと考えられる。
  • 伊那のロケットブースター県議 - どんなに引っ張ってもワニ口が開かない特殊なブースターケーブルを首にかけ、電柱のそばで垂直上昇し足台なしで首吊り。
  • 東京のフーディン記者 - ソックパペットを生で食べガムテープで口を塞ぎ、両手に手錠をかけてから手錠の鍵を手に持ち玄関までわざわざ歩いてゆき微動だにせず窒息死。
  • 長野のピーチ姫 - わざわざ利き手と逆の手で包丁を持ち、全身をめった刺しにして車の中で彼氏と仲良く人体発火。もちろん煙を吸い込むなどといった、はしたない行為など存在していようはずもない。また、車にかけた灯油の容器はご丁寧にどこかに廃棄した。
  • 東京のネクロファンタジア女王 - 死因不明。死後一週間たって発見されたが、死後数日は霊界からブログを更新し友達と電話し2ちゃんねるに書き込みをしていた。
  • 愛媛のイサキ釣り師 - 明日の歯医者を予約し、釣りをしばらく楽しんだのち、他人の船の碇を足に結びつけて、自分で自分の後頭部と背中を殴り水死。
  • 栃木のサイコキネシス即身仏 - 墓地の石室にひきこもって中から蓋を閉めたのち、墓掃除をしてちゃんと道具を片付けてからミイラ化。
  • 大阪のクララじじい - 車いすが必要な半身不随がなぜか突然治って首吊り。
  • 福岡のボンバーマン - 人力では脱出不可能な独房をなぜか脱獄し、ブーメランに乗ってマンションの駐車場の真ん中に落下し自爆。
  • ○見沢の時報カメラマン - 木材を振り回し、全然当たんなかったが、相手の前で首を掻き毟った。
  • 長野の浮上式秘書 - 長野の先っぽにできる磁気浮上式鉄道を補完する実験として、秘書が空中浮揚し電柱にひっかかった。予算1000万円。
  • 福岡のトランク住人 - 首を吊った後、自分で自分の車のトランクに入り永眠。
  • 東京のホステス3G - 次世代通信規格であるMDMA2000 x1(えむでぃーえむえーにせん ばついち)のテスト中に、貴重な証拠実験データが詰まった携帯で自爆、肋骨が全部折れ、泡を吹いて倒れる。が誰も気にしない
  • 北海道のドザエモン会計士 - 風呂で突然死して、たった数時間で、いい具合に腐って膨らんだのち自室のベッドで仰向けに寝ているところを発見される。
  • 対馬島のチャンピオンシップドロランナー - 留置場内で顔に湿布を貼ってそのまま窒息死。
  • 愛知のゾンビ少女 - 風呂場で溺死してから睡眠薬を飲んで自室で永眠。
  • 名古屋のファイヤーダンス中学生 - バスも既に走っていない夜中、自宅から遠く離れた路上において、頭からではなく下半身に灯油をかぶり、1個でも十分なのに足りないと思ったのか大量のマッチやライターで火をつけ、(灯油をかぶった後、あるいは火をつけた後)一切地面に焦げ跡や灯油がこぼれた跡のような移動の痕跡を残さず約100m移動し、わずか1.5リットルの灯油で20分も燃え続けながら焼死。
  • 大阪の連鎖若者5人衆 - 1ヶ月間の間に、男4人が首吊り、女1人がナイフで自らを刺して自殺。3人目の男は手を後ろ手に縛って首を吊り、4人目の男はわざわざ高い樹を登って地上からは手の届かない枝にシャツをかけて首を吊った。女は人通りのある夜8時過ぎの住宅地の道端で首と胸を刺し、側溝にはまって死亡。また、この5人の自殺の数日前と1ヶ月前には、1人目・2人目の男と親交のあった2人も事故死している。偶然だと言えば誰も気にしない
  • 埼玉の秘書兼運転手 - 帰宅中にトラックに道を塞がれたためそのまま帰宅せず、ビニールホースを途中で買い、埼玉の林道まで車を走らせた後、わざわざ後部座席に座って、助手席の窓から30cmほど垂れ下げた状態のホースで排気ガスを入れて死亡。うっかり運転席の鍵を閉め忘れた上、助手席には地図が広げっぱなしだった。
  • 大阪の超軽量化銀行頭取 - ホテルの部屋で、隣室からフロントにクレームがつけられるほど騒いだ後、カーテンレールを歪ませることなくそれに紐をかけて首を吊る。
  • 大阪のヘッドバッド廃人 - 虫ポケモンゲットのため、ずつきをした衝撃で腸が破裂して死亡。
  • 兵庫のサラリーマン - 会社に言われもない罪でクビにされ、会社の屋上からきりもみ3回転で飛び降りながら首と頸動脈を切断、そのまま落下して死亡。
  • 山形の感電男 - 夜、誰かに電話で呼び出された後、12m上空の高圧線にて感電死。下の道路は交通量の多い場所であったが、丸1日の間誰にも気付かれなかった。実は最近ではなく1971年の出来事なのだが、まあ気にするな
  • 広島の神隠し一家 - パジャマ姿・サンダル履きで車に乗り家族4人(+犬1匹)失踪、約1年3ヵ月後にダムの底で発見。車の運転席側の窓は開いていた。自宅は玄関は施錠されていたが勝手口は開いており、携帯電話・免許証・預金通帳はそのまま残されており、朝食の支度もしてあった。なお、その家の奥さんは失踪日の翌日から社員旅行に出かける予定であり、また娘は普段別居していてたまたまその日に実家に立ち寄っただけだった。
  • 東京のミイラ爺 - 81歳になって「即身成仏したい」と家族に競技参加を発表。それから家の中で安否不明となったが30年後にミイラとなって発見。家族によると、「10年前に見たときは遺体すらなかった。旅してるのではないか」との事。近所も「異臭すらしなかった」とのこと。
  • 鳥取県境港のくノ一 - 廃ガソリンスタンドの屋根(地上3m)に梯子なしで登る。靴で歩きまわり、タバコを吸ったのち、靴とタバコの箱を完全に消滅させる。空中にナイロン製のロープをかけ、首吊り自殺。
  • 福島のスカトロマニア - 誰もが認める好青年で変態性からは遠い人物だったが、ある日、人生に疑問を持ち、家を出る。その後、狭い村内で誰にも会わず2日間瞑想を続けた結果、スカトロに開眼し、知人の女性宅に駆け寄る。当時は真冬だったが上半身裸になり、靴を脱ぎ、片方の靴を土手に捨てたあと、もう片方の靴を持って汲み取り口に侵入。便槽内は直径36cmとあまりにも狭いため、いったん中に入れば外に出ることは不可能な上、数時間で死ぬほどの圧迫を受ける体勢になってしまったが、悟りを開いた彼に迷いはなく、本懐を遂げた。余談だが、このエピソードは映画化されている。
  • 新宿の行者 - 俗世への未練を断ち切るため財布、靴と靴下を捨てたあと、排水溝に侵入して、修行を邪魔されぬように中から蓋を閉める。排水溝の底にたまった真冬の水に裸足でつかるという苦行を続け、即身仏となった。
  • 大阪府曳野市の病弱怪力婆さん - 健康に不安を抱えていた71歳女性、突然身体能力が回復し、漬物石を入れたリュックを背負って両手両足を自分で紐で縛ったあと、池にダイブ。
  • 民主党の女性議員-自宅マンションのベランダから転落。ケイタイを拾おうとしたら、酔っていてバランスを崩したなどと話す。競技自体は、生き残ってしまったため棄権扱いとなった。芸術点が高いだけに惜しまれる結果だった。
  • 東京都の25歳のニート - 映画「ファンタスティック4 ~安部晋三の危機~」に出てくる体から炎をだすキャラクターにあこがれ、全身タイツで建設中のビルから燃えながら急降下爆撃。87階から飛び降りたにも関わらず足の打撲ですんだが2時間後に看板の端に足をぶつけて即死した。
  • 某県の中二病末期患者が、電車の橋とレールの隙間に寝てたが、死ななかったため、失格になった。その後、近くの奴が撮り鉄マニアに中指を立て「Fxxk You!!」と叫んだ。(実話のため、県名をお察し下さいさせて頂きました。)
  • 兵庫の裁判長 - 住基ネット違憲判決の3日後、梁にロープをかけて…ではなく、パソコンラックにショルダーバッグのビニール製のヒモをかけるという、なんか失敗しそうな気がする方法で首吊り。
  • 大阪の几帳面女医 - 自宅のテレビの裏・本棚の天板・ドアの敷居から本の1冊1冊に至るまで埃や指紋が検出されないほど綺麗に拭き掃除をし、更に郵便ポストを破壊した後、玄関の鍵をかけずに職場に出掛けた。勤務終了後に診療所の警報を鳴らし、雨が降っているのに商店街のアーケードを通らずに自転車を走らせ、知人にメールや絵葉書を出した後、自宅から遠く離れた団地の駐車場に自転車を止め、やはり自転車も指紋が残らないように入念に拭き掃除をして放置し、そこから2.5km歩き、鉄条網のついた船着き場の入り口の門を登って乗り越え、首に圧迫痕、頭頂部にこぶ、右顔面や右手に傷を負った後、海に飛び込み(泳ぎが得意だったが)溺死。なお、ポケットには超高性能の防水携帯電話を入れていたらしく、警察による死亡推定時刻から丸1日以上の間壊れずに家族からの電話への呼び出し音が鳴っていた。
  • 大阪の悪魔超人ヤクザ - 大阪城で、人体が千切れるほどの大口径リボルバーを2発頭に撃って自殺。胴体から上はベンチの上に横向きに置いてあった。
  • 東京都昭島市の自宅アパートで死亡していたタクシー運転手 - シャブを注射して錯乱、チンコを切り取ってベッド下に投げ、自分で自分をメッタ刺しして自殺。全てを全裸で行ったので高ポイント。
  • 尼崎市連続変死事件の女容疑者 − 兵庫県尼崎市連続変死事件で殺人などの容疑で逮捕され、留置所で、他の留置者のすぐ隣で、布団の中に寝た状態で自殺。64歳の高齢だった。稀に見る残虐事件であり真相解明を困難にする嫌がらせ、さらに、自殺方法が自分の首をTシャツで絞めるという文字通り自殺だったことが評価された。
  • 福島の寒がり作業員 - 福島県郡山市の除染作業員(41)。寒かったのでショッピングモール内にあるゴミ箱(紙くず満載)の中に入り、周りに油を撒いたのちタバコを吸って焼死。ゴミ箱のトビラに外側から留め金をかけるという超能力も披露。
  • スーパー宗教家議員 - 議員としての仕事をしている途中で突然自殺したくなり、事務所の照明とエアコンを付けたまま、財布もバッグも持たず裸足で外出(厳密にはストッキング着用)。ビルに登り、遺書を書く時間も惜しんで即座に飛び降りようとしたが、その前に手すりにハッキリと指紋をつけ、飛びおり自殺。落ちた後「救急車を呼びましょうか」と言われたが断りそのまま死んだ。生前は熱心に某宗教活動をしていた。
  • 大阪の手錠男 - 後ろ手に手錠をかけた上で、公園の木製遊具に結びつけたロープで首を吊った。手錠の鍵は、手錠の間のチェーンに挟んであった。

[編集] 認定を剥奪された例

  • 神奈川県横浜市の几帳面な男性 - 簡易宿泊所の一室で、自らの首を刃物で斬りつける。いったん外に出て刃物を巧妙に隠し(結局発見されず)、部屋に戻ったのち、壁にもたれかかって胸まで布団をかけ死亡。完璧なエクストリーム・自殺であり、神奈川県警によって公式に認定されたが、翌年、犯人を名乗る男が自首したせいで、偉業を台無しにされる。
  • 長野県の会社員男性 - 誰かの車に乗せられた後、生坂ダムの湖底にて、自らの体をビニールひもで縛った状態で発見され、自殺であるとして、捜査は打ち切られた。しかし、事件発生から20年後に、犯人だとする人物が名乗り出たため、認定を剥奪された。
  • 福岡県久留米市の会社員男性 - 自らベランダから飛び降りたと警察は結論を出すも、不審に思った遺族や友人が捜査を行い、事件発生から6年後に犯人を特定し、警察が逮捕したため、認定剥奪。

[編集] 採点

小林薫容疑者はサイバ・ンチョにむかって「自分を死刑にしてくれ」連発攻撃で自らを死刑に誘導し、遺族らの感情を激昂させ、さらに裁判関係者の感情を爆発させ死刑決定、見事に小林氏の思う壺になり、審査員は1500点の基礎点と挑発ボーナス3000点を与えた。2013年2月21日にめでたくエクストリーム自殺が完了し、点数集計が法務省から発表された。

[編集] パフォーマンス部門

衆人環視の中において自殺を遂行することによって自らの主張を訴える行動は、日本においては古くから行われていた。とはいってもそれは切腹によって謝罪するという目的であり、むしろ趣旨としてはエクストリーム・謝罪に近いものであった。こうした元々の目的で自殺したのが畠山勇子や山本昌二であり、近現代に入ってからのパフォーマンス部門の参加者としては数少ない例として挙げられる。また、変り種としては自分の小説(「人間失格」「グッド・バイ」)のプロモーションのために心中した太宰治がいる。

こうしたパフォーマンス的手法を取り入れ、ベトナムの僧侶ティック・クアン・ドック師は仏教弾圧に抗うことを考案した。こういった抗議の手段としての自殺は当時あまり例がなく、この試みは非常に革新的なものであった。結果として成功を収め、以降この競技は広く行われるようになった。主催側でもこれを以って第1回大会としている。

この競技においては、もちろん社会に対して与えた影響が大きければ大きいほど高得点が加算される。そのため、自らの死によって政府転覆に追い込んだドック師が、2010年まで最高得点のレコード保持者であった。

だが、同年モハメド・ブアジジがチュニジアで焼身自殺したことがきっかけで、チュニジア、エジプト、リビアなど様々な国で暴動、革命が起こっている。シリアなどその帰趨が決していないところもあり、彼の得点は今なおとどまるところを知らず伸び続けている。

ベトナム戦争やソ連による他国への侵攻、抑圧があった際には多くのアスリートたちがこの競技に参加した。ざっとあげるだけでも、

  • 反ベトナム戦争 - ハーズ、モリソン、ラポート、ジャンコウスキー、コッピング、ビューモント、由比、白川、ルコント、ウィン
  • 反ソ連 - シヴィエツ、パラフ、ザイーツ、プロツェク、カランタ、エスコフィエ、Hirnyk

てな具合である。

社会的な影響を与えることを目的とする関係上、インパクトの強い焼身自殺による競技への参加が多くを占めている。しかし、この競技のルーツとなる日本を中心として、こういった傾向を懸念する向きもあり、切腹や拳銃自殺によるパフォーマンスを行うものもいる。

プロ市民たちに人気の競技であり、焼身自殺が特に好まれる傾向にある。だが、最近は彼らも腰抜けになってきているらしく、イラク戦争の時にはベトナム反戦と比べるとほとんど自殺者が出なかった。まったく、死ねばいいのに

[編集] 過去の名選手たち

日時 プレイヤー 所属国 参加動機・パフォーマンス内容
1602年7月17日 日根野弘就 日本 内通がバレそうになり御家存続の為に切腹。直後に証拠を処分していない事に気が付き内臓を打ち捨て書類探し焼き捨てる。全ての書類を処分しても「まだ死にそうにない」とぼやきながら普通に生活を続けたものの晩になって苦しみだし自ら首を撥ねて自殺。
1891年5月20日 畠山勇子 日本 大津事件発生後、ロシアに自らの命をもって謝るために、京都府庁の前で咽喉と胸を剃刀で切って自殺。
(参考記録)1913年6月4日 エミリー・デヴィソン イギリス 女性参政権を求め、英国王室所有の競走馬の前に身を投げ出して自殺。
1948年6月13日 太宰治 日本 人間失格を完結した後、玉川上水に入水。4度目の参加で悲願の初優勝。
1963年6月11日 ティック・クアン・ドック ベトナム 仏教徒を弾圧する南ベトナム政府に対して抗議し、焼身自殺。これが遠因となり、当時のゴ・ディン・ジエム政権は転覆。
1965年
(各3月16日11月2日11月9日11月12日
アリス・ハーズノーマン・モリソンロジャー・アレン・ラポートセレーン・ジャンコウスキー アメリカ合衆国 ベトナム戦争に対して抗議し、それぞれデトロイトの自宅の庭、ペンタゴンの前、国連ビルの前、自宅の前で焼身自殺。
1967年
(各8月18日10月15日
ジョン・コッピングフローレンス・ビューモント アメリカ合衆国 同じくベトナム戦争に抗議しての焼身自殺。
1967年11月11日 由比忠之進 日本 これまた同じくベトナム戦争に抗議し、佐藤首相の訪米に反対して首相官邸前で焼身自殺。
1968年4月2日 白川一男 日本 日本人二人目。こちらもベトナム戦争に反対しての焼身自殺。
1968年9月12日 リシャルト・シヴィエツ ポーランド ソ連のチェコスロバキア侵攻に抗議して焼身自殺。
1969年
(各1月16日2月25日4月9日
ヤン・パラフヤン・ザイーツエヴジェン・プロツェク チェコスロバキア 同じくソ連のチェコスロバキア侵攻に抗議して焼身自殺。
1969年3月30日 フランシーヌ・ルコント フランス ベトナム戦争とビアフラ内戦に抗議して焼身自殺。日本では新谷のり子の「フランシーヌの場合」で有名になった。
1970年5月10日 ジョージ・ウィン・ジュニア アメリカ合衆国 またまた同じくベトナム戦争に抗議して焼身自殺。
1970年9月19日 コスタス・ゲオルガキス ギリシャ 当時のギリシャの独裁者ゲオルギオス・パパドプロスの体制に抗議してイタリアジェノバで焼身自殺。
1970年11月13日 全泰壱 大韓民国 自国の過酷な労働環境と労働争議弾圧に抗議して焼身自殺。
1970年11月25日 三島由紀夫森田必勝 日本 憲法改正を訴え自衛隊市ヶ谷駐屯地に乱入し切腹
1972年5月14日 ロマス・カランタ ソ連(現リトアニア ソ連のリトアニアに対する抑圧に抗議して焼身自殺。
1973年7月10日 張玉勤 中国 英語のテストが解けずに白紙提出、何で中国人なのに英語を学ぶ必要があるのかと屁理屈をこねて入水。
1974年7月15日 クリスティーン・チュバック アメリカ合衆国 テレビで生放送されている朝の報道番組で拳銃自殺。
1976年3月13日 前野光保 日本 ロッキード事件に憤慨し、大物右翼の自宅にセスナ機で特攻。
1977年2月10日 アラン・エスコフィエ フランス ソ連に抗議してシャンゼリゼアエロフロートのオフィス前にて焼身自殺。
1978年1月21日 Oleksa Hirnyk ソ連(現ウクライナ ソ連のウクライナに対する抑圧に抗議して焼身自殺。
1985年8月7日 山本昌二 日本 滋賀県警本部長だった前年の1984年にグリコ・森永事件の犯人を取り逃がし、責任を押しつけられた末、退任直後に官舎で焼身自殺。この結果、エクストリーム・謝罪での警察連合チームは同年大会で失格となったばかりでなく、前年大会の準優勝も剥奪。
1987年1月22日 バド・ドワイヤー アメリカ合衆国 収賄事件で有罪判決を受けた後、自らの無実を訴え、生中継されている記者会見において拳銃自殺。
1987年5月1日 神戸四郎 日本 NHKの報道姿勢に抗議し、城ヶ崎海岸の崖から観光客の目の前で投身自殺。
1989年(各4月7日5月19日 鄭南榕詹益樺 台湾 台湾独立を求めて焼身自殺。
1993年10月20日 野村秋介 日本 朝日新聞の報道に抗議して朝日新聞社東京本社社内において拳銃自殺。
1994年2月21日 Homa Darabi イラン イランのイスラム教に基づく女性に対する抑圧的な政治に対して抗議し、焼身自殺。
1998年1月13日 アルフレード・オルマンド イタリア カトリック教会ホモに対するスタンスに抗議してサン・ピエトロ広場で焼身自殺。
2000年2月5日 てるくはのる 日本 殺人を犯し、警察逮捕されそうになったため、逃げ込んだマンションのベランダから飛び降り自殺。
2006年3月28日 Eleftheriya Fortulaki ギリシャ トルコ国内におけるクルド人の扱いの不当性を訴えるため焼身自殺。
2006年11月3日 マラカイ・リッチャー アメリカ合衆国 イラク戦争に抗議して焼身自殺。
2007年3月21日 ケビン・ウィトリック イギリス PalTalkウェブカメラで首吊り自殺を生中継。
2007年4月1日 許世旭 韓国 米韓FTAの締結に反対して焼身自殺。
2009年2月27日 タペー 中国 中共政府のチベット弾圧に抗議して焼身自殺。その際頭部に穴を開けたことから、史上初めてパフォーマンス部門とテクニック部門のダブル参加を果たした。
2010年12月17日 モハメド・ブアジジ チュニジア 街頭販売を警察に邪魔されアジジと焼身自殺。その結果チュニジアエジプトリビアなどで暴動が起き革命が実現した。

[編集] 採点

この部門においては社会的影響が得点の基準となるが、パフォーマンスから実際に死亡するまでに時間を要した場合、日数に応じて減点される。

[編集] 国際分類

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ICD-10」の項目を執筆しています。

国際基準では、エクストリーム・自殺をX85-Y09の24種類に分けて分類している。

お察し下さいにより競技の全容がネタバレしなかった場合など、競技中のエクストリーム・自殺にはX60-X84のコードが割り当てられるが、進行中の競技と終了した競技の項目名は必ずしも一致しない。例えば、ティック・クアン・ドックによる僧侶のバーベキューにはX76「エクストリーム・BBQ」が、人体発火現象を起こした岐阜県の某村職員や東京の某審査委員長、長野の某AV女優などにはX97「エクストリーム・人体発火」が割り当てられており、ほぼ内容が一致する。しかし、なぜか首つりをしたら頭に穴があいて血だらけで病院に運ばれた某農相はX9検閲により削除など、名称が競技前後で異なる例がいくつか存在する。

[編集] 脚注


[編集] エクストリーム・自殺の名人

[編集] 有力候補


Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・自殺」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス