エクストリーム・NRV貼りつけ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。
ExtremeSportsLogo.PNG
このエクストリーム・NRV貼りつけは顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

エクストリーム・NRV貼りつけは、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。

Donation button.png

エクストリーム・NRV貼りつけ(-えぬあーるぶいはりつけ)とは、内容が「どうしようもない」と思われる記事に対し、「どうしようもないこと」の烙印である{{NRV}}を貼り付け、記事の作成者からいかに多くの恨みを買えるかを競うエクストリームスポーツである。アンサイクロペディア日本語版、英語版で盛んに行われている。(※英語版では正確には{{NRV}}ではなく{{ICU}}だが、そんなこと誰も気にしないだろうからここではスルーする。)また、{{ICU}},{{Fix}}も「どうしようもない」の烙印であることから、これを貼り付ける行為もこのスポーツに含まれる。また、「アンサイクロペディアの記事は誰でも編集できるんだろ」とか、「NRVを貼り付けるよりも、自分でその記事を改善する方がずっと生産的だ」とか言うのは、最も悪質なルール違反となる。

概要[編集]

{{NRV}}を貼り付ける行為自体は、アンサイクロペディアから非常に低質な記事を排除し、アンサイクロペディア全体の質を向上させる意味でも重要な行為である。

しかし、記事を作成した利用者からすれば自分の一生懸命書いた記事が「どうしようもない」と言われるのは嫌なものである。また、{{NRV}}を貼り付けられた記事は貼り付けから1週間以内に改善されなければ削除されてしまうわけだから(※{{NRV}}を貼り付けられた記事はかなりの確率で削除される)、自らに非があったとしてもたまったものではない。自らに非があることを理解できない利用者にはもっとたまったものじゃない。

そこで、{{NRV}}を貼られ(またはその後記事を削除されてしまった)利用者はしばしば{{NRV}}を貼った利用者を逆恨みし、心の中で{{NRV}}を貼った相手を恨む。しかし、心の中で恨むだけならまだマシな方で、中には逆恨みの延長線上で{{NRV}}を貼った者にいろいろな「復讐」を行おうとする利用者も出てくる。主に貼った者の利用者ページや会話ページを荒らしたりするのだが、より恨み深い者はさらに厄介なことをしてくる。

当初はこれらの「復讐」に困惑していた{{NRV}}の貼り付けサイドであったが、様々な「復讐」が行われるに従って、いつしか「復讐」されることに慣れていった。もちろん、記事を改善するアイデアがないから、NRVを貼り付けたわけではない。

そうしてこれらの行為は行事化され、やがてエクストリームスポーツ化されていった。それがこの競技「エクストリーム・NRV貼りつけ」である。

ルール[編集]

プレーヤーが記事に{{NRV}}を貼り付けることによって得られる通常ポイント100ptsと、プレーヤーの対応の仕方、{{NRV}}を貼られた記事の作成者から受けた行為によるポイントによって競われる。以下はポイント表である。

得点について[編集]

プレーヤーが{{NRV}}の貼り付け理由を特に示さなかった:50pts
貼り付け理由が書かれていなければ、記事の作成者側はなぜ{{NRV}}を貼り付けられたのかがわからず、逆恨みして行為に及びやすくなるため。いわゆる技術点。これは決して批判のための批判ではない。
{{NRV}}を貼った記事が順調に削除された。:50pts
ここでいう「順調」とは、記事が一度も{{NRV}}を剥がされることもなく、加筆による目だった改善もなくそのままNRVの期限切れ後に削除された場合を指す。
記事を削除するのは、{{NRV}}の貼り付けた者でなくてもいい。{{NRV}}を貼られた記事は貼り付けから1週間後に削除権限を持った独裁者管理者によって削除される。
なお、プレーヤーが管理者であった場合、引導渡し記事の削除を自分で行わないと50pts減点されてしまう。
{{NRV}}を貼り付けた記事の作成者から貼り付けに関して抗議がきた。:250pts
ただし、これに関してはプレーヤーが間違って{{NRV}}を貼り付けるべきでない記事に貼り付けてしまった可能性もあるので注意が必要
というのは、あなたがある記事を読んで「つまらない」「ユーモアがない」と思ったとしても、他の大多数の人から見れば面白く感じられるかもしれないためである。むしろ、改善案があるのなら、改善してやればいいだろう。
プレーヤーが「ユーモアがない」と思っても、その記事にはちゃんとユーモアがあって、プレーヤーがそのユーモアを理解できてない場合もあるかもしれない。もしかしたらその抗議は正当なものかもしれないので、その場合はよく検討する必要がある。ここで失敗して失格処分になるプレーヤーが実に多い。(記事がwiki文法が全然なっていない・文章がおかしい・分量があまりにも短い・架空の設定を含みすぎていて現実と乖離している・・・など、明らかにひどい場合は、間違いなく自分に分があると考えてよい。また、記事の作成者は記事を書き上げた達成感が邪魔するので、記事を客観的に評価できないことが多い。)
プレーヤーが自分のほとんど知らない・詳しくない分野の記事に{{NRV}}を貼り付けた:100pts
これも技術点である。これはアニメ声優鉄道など、マニアックとされる分野の記事に当てはまることが多い。これらの記事は、記事自体がきちんどNRV水準以上のユーモアを含んでいても、その記事に書かれている事を知らない(または興味のない人)にはユーモアや面白さを一切理解されないという特徴がある。限りなくいたずらに近い行為である。
でもそんなことはプレーヤーには関係ない。さっさと{{削除依頼}}を貼り付け、その分野に興味の無い管理者・準管理者達と削除議論し、そして削除意見で可決させ、記事を削除させてしまえ。そして、あなたの嫌いな分野の記事をこのアンサイクロペディアから排除してしまおう。
プレーヤーが『記事は「どうしようもない」状態ではない』とわかっていながら、意図的に{{NRV}}を貼り付けた
ポイント没収と競技参加停止処分。ルール違反につき。
{{NRV}}を貼り付けた記事が初版投稿者の加筆で改善され、どうしようもない状態ではなくなった:100pts
初版投稿者が記事に加筆、自らの手で{{NRV}}を剥がした。しかし記事は相変わらずどうしようもない。:100pts
初版投稿者が加筆も書き換えもしてないのに勝手に{{NRV}}を剥がした:200pts
初版投稿者が{{NRV}}を不当に剥がしたので、もう一度貼り付けてやった。:200pts
{{NRV}}を貼り付けた記事の作成者からの抗議がとてもしつこい:500pts
こうなると厄介である。相手は抗議という正当な手段で攻めてきているため、非常に対応に困る。ここから相手を巧妙に刺激し、「荒らし行為」を行わせてしまうプレーヤーこそ名プレーヤーである
何も特別な侮辱語(「おまんこ野郎」「氏ね」など)を使う必要はない。丁寧な言葉で相手の欠点を正確に指摘してやろう。自分の欠点を正確に指摘された相手は、頭に血を上り、キレて荒らし行為に走りやすくなる。また、「あなたにはアンサイクロペディアは早い」「アンサイクロペディアは幼稚園や保育所ではない」などとキツい言葉を吹っかけたり、相手を刺激できるような「ひとこと画像」[1]を貼り付けてトドメをさしてやるのもいいだろう。なお、ここで「アンサイクロペディアの記事は誰でも編集できる」という大原則を持ち出すのは、あまりにも愚かな行為である。
プレーヤーの過去に書いた記事が、{{NRV}}を貼り付けられた記事の作成者によって{{Fix}}を貼り付けられた
その記事が実際に「どうしようもない」レベルだったら250pts、そうでなかったら300pts
プレーヤーの過去に書いた記事が、{{NRV}}を貼り付けられた作成者によって荒らされた。:200pts
ユアペディアで、{{NRV}}を貼り付けられた作成者と同一人物と思われる人に悪口を書かれた。:200pts
ノートページや利用者ページが、貼り付けた相手によって荒らされた:500pts
こうなればしめたものである。荒らし行為を行えば完全に相手の負けである。行った荒らしは即時に差し戻され、相手は独裁者管理者によって荒らしの罪で投稿ブロックされるであろう。
プレーヤーは(相手が投稿ブロックされているから)「復讐」されることがなくなり、そしていつまでも逆恨みされることになる。これぞ、プレーヤーにとって最良の終わり方である。逆にいえば、抗議者も冷静にふるまって、NRVを貼ったプレーヤーをここまで怒らせられれば大勝利である。

禁じ手[編集]

なお、上記のルールには載っておらず、ポイントも加算されないが、NRV貼り付けの際に恨みを買う方法として以下のようなものがある。

多くの場合、{{NRV}}貼り付け専用のソックパペットが使われる。
  • 普段ログインして編集しているプレーヤーが、あえてログインしないで、IPの状態で{{NRV}}を貼り付ける。
たまに全く投稿実績の無いIPユーザーが{{NRV}}を貼り付けているのはこのためだと思われる。

以上は普通に{{NRV}}を貼り付けるよりもさらに恨みを買うことができる素晴らしい方法[2]で、アンサイクロペディアの有力利用者達が直接恨みを買うことなく安心してアンサイクロペディアの自治にあたるために考え出された方法であるが、プレーヤーが本当はどのユーザーなのか判別できないため禁じ手とされている。

類似物[編集]

「エクストリーム・NRV貼りつけ」とは厳密には異なるものの、性質は同じものも存在する。

エクストリーム・即時削除貼りつけ
アンサイクロペディアには、一行ほどしか内容がなかったり、明らかに地球の言語ではない言語で書かれた記事、使用されることのないリダイレクトなど、NRVすらも値しないような記事が度々投下される。そうしたゴミ記事に対して{{即時削除}}を貼り付け、改善の余地すらも与えずに管理者に削除させるエクストリームスポーツ。改善の余地すら与えない分エクストリーム・NRV貼りつけよりも過激で、またそうした投稿をする利用者は、自らに非があることを理解できないうつけ者が大半を占めるため、復讐される割合が非常に高いのが特徴。その性質上プレイヤーはエクストリーム・NRV貼りつけとほぼ共通である。

その他[編集]

ちなみに、以下が{{NRV}}を貼ったときに表示される警告の例である。

脚注[編集]

  1. ^ 相手を刺激できるような「ひとこと画像」の例
    0721035.jpg バレンタイン監督.jpg そんなことして楽しいかフキダシ版.JPG
  2. ^ {{NRV}}の貼り付け者が、新参者には一見するとただ{{NRV}}を貼るだけのユーザー・もしくは正々堂々としていない姑息なユーザーに思えてしまうため。

関連項目[編集]


ばなな
流行記事大賞 残念で賞受賞記事

この記事は2008年流行記事大賞にて何も受賞していません。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、何か?