エクストリーム・靴投げ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「エクストリーム・靴投げ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

エクストリーム・靴投げ(えくすとりーむ・くつなげ)とは、各国のVIPを標的として靴を投げつける市民参加型の個人競技である。

概要[編集]

ファーストプレイヤーのムンタゼル・ザイディ氏
インドネシアで行われたのエクストリーム・靴投げの様子

2008年12月14日、イラク・バグダッドにおいて、ジョージ・W・ブッシュ前米大統領を標的としてイラク人のテレビ記者ムンタゼル・ザイディ氏が靴を投げた事を契機に、2009年1月、エクストリーム公式競技として国際オリンピック委員会に認定された。また、公式競技認定と前後して、国際エクストリーム靴投げ連盟IFES, International Federation of Extream Shoe-Throwing)が設立され(本部・あの国)、国際ルールが策定・公布された。ただ単に飛距離のみを競うだけではなく、表現点や標的による加点がなされるのを特徴とする。 競技者と標的者との1対1の緊迫した対決が世界各地で人気を呼んでおり、Flashゲーム(Bush's Boot Camp)も登場。2009年2月現在、アマチュアを含めた全世界の競技人口は推定2万人(IFES調べ)とされ、エクストリーム・スポーツとしては聖火リレーパイ投げに迫る勢いを見せている。

ルール[編集]

飛距離点
1回の競技につき、左右2投まで認められる。
靴投げ地点から落下点までの飛距離を測定し、以下の公式により「飛距離点」が算出される。
飛距離点=飛距離(センチメートル)X1
標的点
特定の標的に対し、以下の点数表に基づいて「標的点」が加算される。さらに、その標的に命中した場合、「命中点」が加算される。
標的 標的点 基礎命中点
米大統領 100点 300点
中国主席 100点 200点
ローマ教皇 100点 200点
国連事務総長 100点 150点
英国王 80点 100点
日王 80点 100点
露大統領 50点 1000点
英国首相 50点 80点
中国首相 50点 80点
日本首相 50点 80点
政府要人 30点 80点
ともだち 150点 350点
  • その他のVIP標的への標的・命中点、および表現点は、随時、IFES審判委員会の合議により決定される事とする。
命中点
片足の重量が重い靴ほど以下の公式より命中点が加算される。
命中点=基礎命中点X(1+片足の重量)
(但し、重量はキログラム換算とし、小数第2位切り捨てとする)

IFES公式靴を使用することが望ましいが、安全靴や鉄ゲタなどの使用も可とし、使用する靴により表現点が加算される。

例:米大統領に片足2キログラムの鉄ゲタを命中させた場合
300 X (1 + 2.0) = 900点を命中点として加算する。
IFES公式靴
片足の重量が200~400グラムの革靴または運動靴と定める。[1]
留意点
靴の投げ方は、足でも手でも可。ただし、道具を使用した場合には、失格とする。

現在の公式記録[編集]

順位 選手名
(国籍)
日時 競技場
(国)
合計点 飛距離記録 距離点 標的 標的点 命中点 表現点 備考
1位 ムンタゼル・ザイディ選手(イラク) 2008年12月14日 バグダッド競技場(イラク) 650点 5メートル(推定) 500点 ブッシュ前米大統領
(命中せず)
100点 0点 50点 「これが別れのキスだ。犬野郎!」[3][2]
2位 ジャーネイル・シン選手(インド 2009年4月4日 不明(インド) 240点 2メートル(推定) 200点 チダムバラム内相
(命中せず)
30点 0点 10点 インドでは人に靴を投げるのは侮辱行為とされる。[4]
3位 マーティン・ヤンケ選手(ドイツ 2009年2月2日 ケンブリッジ大学競技場(イギリス) 180点 1メートル(推定) 100点 温家宝中国首相
(命中せず)
50点 0点 30点 「独裁者のうそ話を反論せずに聞けるか」[5]
参考記録 名前不詳
(国籍不明)
2009年2月4日 ストックホルム大学競技場
(スウェーデン)
910点 8メートル(推定) 800点 イスラエル大使
(命中)
30点 80点 0点 初めて標的へ命中。ただし、ペア競技のため参考記録とする。[6]
参考記録 イスラム過激派学生60人
インドネシア
2009年2月18日 大統領宮殿前競技場
(インドネシア・ジャカルタ)
2590点 5メートル(推定平均) 500点 米国務長官ヒラリー・クリントンの写真
(複数命中)
30点 2000点 60点 写真であり、而も約50足投げられたため、参考記録。[7]
参考記録 不明(日本 2009年9月16日 警視庁渋谷警察署前 50点 5メートル(推定) 500点 高相祐一被告
(命中せず)
0点 0点 50点 VIPではないため参考記録。ただメッセージ性は上位の記録に劣らない。[8]

脚注[編集]

  1. ^ トルコのバユダン・シューズ社がIFES公式靴を「バイバイ・ブッシュ・シューズ」として商品化し、世界中から注文が殺到している。[1]
  2. ^ 彼の活躍を記念して、イラク・ティクリートに巨大な靴の銅像が建てられた。[2]