エクストリーム・金魚救い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・金魚救い(えくすとりーむ・きんぎょすくい)とは、縁日などの金魚すくいの屋台で行われる、金魚を救出するスポーツである。スローガンは「あなたが助けないと…みんな死にます」。

概要[編集]

始まりはとある金魚すくいの屋台の主人が、金魚すくいをする人がいなかったため突如、「お前らが救わないと、水を抜き取って金魚が全員死ぬぞ!」と大声で叫んだ。

金魚達をすくわないと水槽の水を全部抜き取ると宣言、それにたいして客は「それだと金魚が可哀想だ!」と叫んだが屋台の主人は「だったら救いやがれ!このすっとこどっこい!」と発言した。

客達は一匹でも多く金魚を救おうとするため、屋台の主人は金を儲けるため、両者の利害が一致(?)したことでこのスポーツは誕生した。

さらに主人は水槽にドクウツボ(金魚を襲わないようにしつけてあるが参加者には容赦なく攻撃!!)を入れ、まさに命がけで参加者は金魚を救わねばならない状況になった!!まぁなんだかんだで参加者は勝利して、この憎ったらしい主人は水槽の中でウツボとアーン♥♥してる状況になり本当の意味で逝っちまったという。

基本的なルール[編集]

  • 金魚を救うのが目的。
  • 料金は一回500円という常識的には高額だが、金魚を救うポイは無制限で使える。
  • 素手で金魚を救うのはルール違反だが、一定時間が経過してからは素手を使って助けることはOK(後述参照)。
  • 一定時間が経過すると金魚の命が危険になる、この時から素手で金魚を救うことを許可されている。

採点基準[編集]

  • 金魚を救う(一定時間経過前)+100
  • 金魚を(略)(一定時間経過後)+1000
  • 金魚を素手で救う(一定時間経過前)−1000
  • 金魚を(略)(一定時間経過後)+10000

金魚救いのステージ[編集]

彼女が挑戦するステージは如何に?!
水分排出
金魚達が入っている水槽の栓を外して水を抜き取るというステージ、流れ出た水は下水道に繋がっている。早く救出しないと金魚達は汚物に満ちあふれた下水道行きになってしまう。さぁ、君は何匹救うことができるかな?
加熱水槽
金魚達の水槽を加熱して、沸騰させて熱死させるというステージ。金魚達が死ぬ前に早く助けなければ!助けなければ……………みんな死ぬよ?
電流放電
金魚達の水槽に電気を流して、金魚達を感電死させるステージ。ちなみにこの時、手が水に付いてたら一緒に感電してしまうので注意(ちなみに水は電気をほとんど通さないから、ここで流れる電気は水でも通すほどの高い電圧になっており、雷に匹敵するダメージとなるだろう)。
猛毒投与
金魚達の水槽に毒物を流して、金魚達を毒殺するステージ。ちなみにこのステージで金魚救いをした人はすぐに手に付いた毒を消毒してください。
ピラニア投入
金魚達の水槽にピラニアを入れて、金魚達を食い殺すステージ。自分の指を食われないように注意。キチガイな主人も大喜び!!まさに度胸の試される男のステージ。間違ってもピラニアを救わないように、今まで救出してきた金魚が全滅しちゃうよ?

余談[編集]

救えなかった金魚の佃煮。命を粗末にしてはいけない。

このように様々な状況で金魚達を救うことになるが、このスポーツはグリーンピースなどから抗議を受やすいため、金魚救い実行委員会の人たちはどうやれば抗議を受けなくて済むのかと頭を悩ませている。

そして行うにしても、一度に何十匹もの金魚を殺すことになってしまうため、実行するには相当な数の金魚と水槽が必要である。

関連項目[編集]