エクストリーム・金印探し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム金印探し(-きんいんさがし)とは、西暦60年頃に行われた金印「漢委奴国王印」を探し当てるエクストリーム・スポーツ

概要[編集]

倭国王に対する不満を持った住民が金印を隠すという嫌がらせを行ったことに起源をもつ。「見つけた者が次に隠す」というルールが構築され、当初は屋敷内、敷地内といった範囲で行われ、倭国王はじめあっちへこっちへ走り回っていたが、次第に悪ノリがエスカレート。「エクストリーム」という冠詞が競技名に付き、ついには遠く志賀島に隠す者までが現れる始末。おまけにこの者は老齢で隠した場所を忘れてしまった。遺言は「わし、やりすぎてもうた」であの世にエスケープ。

天明4年(1784年)に甚兵衛という地元の百姓が掘り起こし、1700年越しに優勝。もっと凄いところに隠そうとする甚兵衛を周りが必死に制止して大会は終了。

研究室にて[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「漢委奴国王印」の項目を執筆しています。

歴史学者「・・・というのが金印が志賀島で見つかった謎に対する私の学説だ」
学生「病院行け」