エクストリーム・炭水化物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「1,2,3,4、ごっはぁんー!!」
エクストリーム・炭水化物 について、平沢唯

エクストリーム・炭水化物とは、1つの主食と別の主食をおかずとして食べるエクストリームスポーツである。多くの人は1度でも経験したことのある競技の1つである。

概要[編集]

たとえば白米を食べようとする。しかし冷蔵庫にはパンしかない。このような場合にパンをおかずにして食べる。この時点で競技として成立である。

しかし、同じエクストリームスポーツであるラーメンライスはこの競技には含まれない。

また、一部ローカルルールがあり、その点にも注意が必要である。

必要なもの[編集]

  • 主食として食べる主食(類、パン類など)
  • おかずとして食べる主食(ラーメン以外の麺類、イモ類など)

また、何個でもおかず用の主食を用意しても問題はない。

ルール[編集]

あくまで炭水化物の多重摂取を目的とした競技のため、主食といえども炭水化物が含まれていないものを2つ摂取すると失格である。

矛盾があるように見えるが、その点を気にしてはいけない。

以下に示すものは日本国内でのルールである。

基本ルール[編集]

  • 普通の食事と同じように、交互に食べたりなどは選手の自由である。
  • 汁物等は減点の対象となるので、注意が必要である。ただ、飲み物はこれには含まれない。
  • 主食のみを食べた後にデザートとして菓子パンなどを食べるのはこの競技には含まれない。
  • 同じ主食(パン類+パン類)という組み合わせは認められていない。
  • 残すことは許されていない。

基本得点[編集]

基本的には食べ合わせによるところが大きいため、その点を忘れてはならない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

特別加点[編集]

基本得点に、以下の得点を加算する。

  • 自分で育てたイモ類を利用する 50点
  • 自分で育てた小麦を使用してパンを作る 100点
  • 自分で育てた米類を利用する 100点
  • 自分で育てた小麦を使用して麺類を作る 150点
  • 炭水化物を多重摂取していることを忘れ、競技を楽しむ 250点
  • 精液調味料として食品にぶっかける 500点
  • 口が渇く組み合わせを選択し、完食する。 1000点
  • むしろ脱水症状を起こすも完食 10000点
  • 白米にカフェ・ラテをかけ、お茶漬けのようにする 15000点
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

減点[編集]

  • 汁物を同時に食べてしまう -25点
  • ラーメンライスと勘違いしてしまう -50点
  • 組み合わせが悪く飽きてしまう -100点
  • 飽きないように調味料を追加してしまう -200点
  • 口が渇く組み合わせをあえて避ける -500点
  • 競技中に戻してしまう -1000点
  • 競技終了後に戻してしまう -2000点
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

失格[編集]

  • 残してしまう。
  • 炭水化物が含まれないものを摂取する。
  • 炭水化物が含まれていない主食を組み合わせに入れてしまう。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ローカルルール[編集]

  • 秋田県
きりたんぽ鍋を組み合わせに入れてはいけない。
  • 関西方面
ご飯+お好み焼き、ご飯+たこ焼きは競技には含まれない。

上記の物はまだまだ一部にすぎない。

関連項目[編集]