エクストリーム・偽乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・偽乳(-にせちち)とは、女の子がおっぱいをどれだけ本来のサイズより自然に大きく見せるかを競うエクストリームスポーツ。「矯正の部」と「注入の部」の2部門がある。

矯正の部[編集]

矯正下着もしくはそれに準ずる器具を使った状態での、おっぱいの見た目サイズと実サイズの差を競う。

注入の部[編集]

生理食塩水やシリコンなどを胸に詰めて豊胸を行った状態で、どれだけ「入れ乳」でないかと人々に思わせられるかを競う。

エントリー資格・方法[編集]

  • 本競技は矯正強制エントリー制度を採用している。
  • 矯正下着の着用や豊胸手術など、本競技のいずれかの部門に参加可能になった時点で、エクストリームスポーツ実行委員会によって強制的にエントリーされる。
  • エントリー漏れを防ぐために、アンサイクロペディア内の各国にある矯正下着ショップや美容整形外科などとエクストリーム実行委員会が業務提携し、いつ誰がエントリー可能状態になったかを24時間365日体制で監視できるようになっている。
  • 2010年時点では、おっぱいの実サイズがCカップ以下でなければエントリー資格が無い。(しかし昨今の日本人総巨乳化により、Dカップまで拡大すべきという議論が行われている)
  • 「元・男の子」は参加不可。

採点ルール[編集]

矯正の部アンケート一例。3人のうち1人は矯正の部のプレイヤーである
  • 採点は、エクストリームスポーツ実行委員会により無作為抽出されたおっぱい星人10000人に写真付きアンケートを行い、その集計結果を元に採点される。
  • アンケートに必要となる写真は、実行委員会の特殊部隊が盗撮撮影している。
  • 最終ポイントがマイナスとなった場合は、後述の罰ゲームを行わないといけない。
  • いずれのアンケートにおいても、質問をする事自体が「ターゲットが偽乳であること」を半ば示唆していると受け取られかねないため、他のダミーアンケート題目(hydeの身長やひよこ陛下の支持率調査など)99題の中に混じえて出題されている。過去には大学入試センター試験の問題としても出題されたことがある。

矯正の部[編集]

アンケートの題目は「この人は何カップだと思いますか?」という単純なアンケートである。回答者1人あたり、以下のルールでポイントが採点される。

  • 回答されたカップ数>実カップ数:カップ数の差×2点
  • 回答されたカップ数≦実カップ数:-3点

注入の部[編集]

アンケートの題目は「この人の乳は本物?偽物?どちら?」というこれまた単純なものであり、「本物と回答した人数」から「偽物と回答した人数」を引いた人数を基礎点とし、それに注入したサイズ(嵩上げしたカップ数。小数点以下は四捨五入)を掛けた得点が獲得ポイントとなる。
例えば2サイズ(3.8~6.2cm)の注入を行った偽乳に対して、本物と回答したおっぱい星人が6000人、偽物と回答したおっぱい星人が4000人の場合は、2000ポイント×2=4000ポイントが獲得ポイントとなる。

競技テクニック[編集]

矯正の部[編集]

ドント・エスケープ
胸の周辺の肉を0.000000000000000001ミリたりとも逃がさずに胸に寄せるテクニック。わきの下、腹、背中の肉を胸に寄せるのは当たり前で、挙句の果てに足のつま先の肉までも胸に寄せてしまう達人も居る。
バスト・ハイヤー
おっぱいをブラジャーなどの力で思いっきり上に持ち上げて大きく見せるテクニック。達人になると乳首の位置が首の高さまで来るということもある。
スモール・ブラジャー
本来のサイズより1サイズ小さいブラジャーをつけ、ブラジャーから肉をはみ出させることで谷間メイクをし、おっぱいのサイズを大きく見せるテクニック。
腕ひしぎ胸V字
腕を下にハの字型に伸ばして胸をより中央に寄せ、谷間を深くするポーズ。「グラビアポーズ」とも呼ばれる。
前屈み
これらの矯正テクニックを一通り行った後の最後の仕上げとして、おっぱい星人の前でわざと前に屈む姿勢を取り、重力によって谷間をより深く見せ付けるテクニック。これに騙されてしまうおっぱい星人も多い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

注入の部[編集]

寿命と引き換えにバストアップを成し遂げた一例
サプリメント・マジック
バストアップに効くというサプリメントを摂取しまくって豊胸を図る技術。一定の効果がある上に、豊胸手術にありがちな仕上がりの不自然さや時間経過に伴う型崩れの恐れがないため、偽乳であることがまずバレないという大きな利点がある。しかしその実態は寿命と引き換えにバストアップという暗黒魔術である。また飲み続けないと元のサイズに戻ってしまうため、いったん飲み始めたら死ぬまで飲み続けないといけない。
オペレーション
所謂「豊胸手術」。詳細はこことかここを参照。スムーズに本競技にエントリーするための道筋が示されている。

罰ゲーム[編集]

最終ポイントがマイナスポイントとなった場合、プレイヤーの罰ゲームが与えられる。

共通[編集]

エクストリームスポーツ実行委員会の定例記者会見により、該当者がエクストリーム・偽乳プレイヤーであることが大々的に発表される。さらにこの事が翌日の全国紙の一面・社会面・政治面・芸能面・スポーツ面・読者投稿欄のトップを飾られ、4コママンガのネタにもされる事になる。

矯正の部[編集]

該当プレイヤーはヒンニュー教の教徒100人(無作為抽出)と1週間を共にしないといけない。

注入の部[編集]

該当プレイヤーは1年間の注入活動禁止が命じられる。違反した場合はエクストリームスポーツ実行委員会によってレ禁則事項です。サプリメント・マジックを行っていたプレイヤーはみるみるうちにおっぱいがしぼみ、オペレーションを行っていたプレイヤーは2ヶ月もすると胸の形がお察し下さい

名プレイヤーと言われている人達[編集]

お察し下さいにより一部伏字でお伝えする。wikiリンクもつけられないのもお察し下さい

矯正の部[編集]

安○ ひ■こ
公称サイズはEカップだが、実際はBカップしかなく、水着グラビアを行う際は脇の下を中心にガムテープを何重にも巻いて、おっぱいを限界以上に体の中心に寄せてから撮影に臨んでいたと言われている。

注入の部[編集]

ほし○ あ■
昔は微乳アイドルの1人に過ぎなかったが、三十路前になって急に巨乳年増グラドルとして一世を風靡するようになり、最近では競馬騎手に騎乗するようにまで出世。その出世を目指すために、何らかのオペレーションが行われていたと噂されているが、偽乳ではなく本物の乳だと主張するおっぱい星人もまだまだ多い。
後藤理沙
腹の脂肪を胸に移植するオペレーションを行っていた事を自白。他の「元・美少女アイドル達」にエクストリーム・偽乳への積極的な参加を呼びかけた。と言ってもこの競技は強制エントリーシステムなんだけど。
■坂 南
某童貞関取との熱愛発覚騒動の中で、過去に27cm、つまりカップ数11個分の注入を行っていたエクストリーム・偽乳プレイヤーであることが発覚。注入後のカップ数は「L」であるため、注入前のカップ数はAかBであり、本競技への参加資格も十分満たしている。

関連項目[編集]


Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・偽乳」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)