エクストリーム・二次元化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このエクストリーム・二次元化は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
二次元化したプレイヤー(蛙)
競技者人口の推移

エクストリーム・二次元化(えくすとりーむ・にじげんか)とは、エクストリームスポーツの一種であり、相当の危険を伴う競技である。プレイヤーは人間に限らず、など小動物の参加も多く、事実、最も著名なエクストリーム・二次元プレイヤーの一匹にがいる。

経歴[編集]

エクストリーム・二次元化自体の歴史はきわめて古く、有史以前から土砂崩れなどを利用して行われていたと考えられている。また、その競技が行われた跡には始祖鳥のプレイヤーや三葉虫のプレイヤーたちの記録が残されている。それらの記録はまた、当時の競技の様子を知る貴重な手がかりでもある。

近年、情報技術の進歩、とりわけ画像メディアの発展に伴って、エクストリーム・二次元化の潜在的競技者は急増したといわれる。しかし、二次元化に成功した生物は間違いなく三次元での生活が不可能になることなどといった危険が多く存在する競技であるため、実際の競技者の数はそれほど伸びていない。

競技形態[編集]

エクストリーム・二次元化の競技形態には幅があるが、基本的には高運動量の物体の前方に適切なタイミングで飛び出すことで行われる。タイミングが遅ければ側面に弾かれて半端な二次元化として失敗に終わるほか、早すぎる場合は物体が急制動によって減速し、これまた半端な二次元化によって失敗するか、そもそもまったくの無接触に終わるかする場合が多い。また、タイミングが適正であったとしても、二次元化後に溌剌と活動できる「良好な二次元化」とはならない例が多く、そもそも「良好な二次元化」自体が理念化された空想であるとしてその実在を疑う説もある。

日本での普及[編集]

日本では戦後、自動車用道路の整備が進むとともに競技者は増え、とりわけ1960年代後半からはマイカー普及の本格化(モータリゼーション)と、その際の自動車運用における低水準な環境・技術状況によって競技人口が激増、いわゆる二次元化戦争が起こった。また、これによって三次元上での多くの命が失われて以来、これ以上の命が失われることを防ぐためにエクストリーム・二次元化の撲滅を訴える主張も根強い。

レプリカの作成[編集]

このように、様々な危険を伴う競技であるが、二次元に憧れるものはとても多い。古くから、そうした人々の間からはエクストリーム・二次元化に成功したプレイヤーのレプリカを作って欲しい、という要望が多かった。これに応えて作られたレプリカの中には、例えば鳥獣戯画のように古い歴史を持つものが多い。

江戸時代になるとこうしたレプリカ制作者の間に新たな要望が寄せられた。よく知られるように江戸の街には独身男性が多く、彼らは女っ気のない寂しい生活をしながら、夜な夜なオぴーにいそしんでいたのである。そんな中、「どうせなら女性が欲しい」と言い出した変態……失礼、消費者が現れた。彼らの声は大きく、やがてそれは大きな市場を成立させることになる。葛飾北斎は、三次元から二次元化させるにはかなりの難易度を持つとされる獣姦などの二次元化を描くことによってブームに乗り、大きな人気を呼んでいた。

この流れはとどまることを知らず、近代から現代になっても続く。そして20世紀末になって、新たなブームが到来する。「おにゃのこも良いけど、現実のおにゃのこはちょっと……」というさらなる変態……じゃなかった、消費者たちが新たな商品を求めたのである。所謂「萌え絵」と呼ばれる新たなブームは世界を席巻し、それがエクストリーム・二次元化の知名度をさらに上げることとなった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

一般にエクストリーム・二次元化は運動エネルギーを用いる場合が大半だが、まれに位置エネルギーを用いる形態もある。この場合、エクストリーム・飛行失敗との区別が競技後からは判断しづらいケースが多い。これについて、インフルエンザ治療薬の服用や"アイキャンフライ"発言が伴う場合には冷静を欠いた跳躍行為によって飛行に失敗したとしてエクストリーム・飛行失敗とされる。そして、現場に脱いだ靴が揃えてあった場合は意図的に二次元化を行おうとした痕跡がここに認められるため、エクストリーム・二次元化として分別する。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]