エクストリーム・コンピューティング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このエクストリーム・コンピューティングは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

エクストリーム・コンピューティングは、辺境の地や生存の危機的状況でコンピュータを使うエクストリームスポーツである。

概要[編集]

この競技は電子演算器が世界に登場した黎明期には既に始まっていたという説が大半を占めている。年々、参加者は増加の一途をたどっている。その困難さがゆえにやみつきになる参加者が多い。それは主に過度な緊張や興奮による脳内麻薬の作用によるもので、いわゆるヘヴン状態、酩酊状態、夢遊状態になることが一種の快楽になるためと言われている。しかし、このような状態でプログラミングを行う場合、えてして誰も考えつかなかったような演算方法やアルゴリズムを構築することができる場合が見られるため、IT業界ではこのような状態を常に作り出して作業効率を上げることが研究され始めている。

ルール[編集]

ルールは至極簡単でいかに困難な状況においてコンピューターを使うかである。しかしながら、コンピューターの故障のため棄権を断念せざるを得ない例も報告されている。競技の結果は評価員によって数値化される。

評価基準[編集]

  • 場所、時間(s)、状況をそれぞれ数値化する。そして、それらすべての積を求める。それらに各種補正をした物が最終的数値となる。
    • 場所の評価は評価員の競技によって決定される。
    • 状況は10段階評価である。

失格[編集]

以下に該当する場合、無条件で失格となり、競技評価は0点となる。

  • 試技者が死亡した場合
  • 試技終了後に、コンピュータが正常に起動しない場合

補助評価基準[編集]

ボーナス[編集]

  • 全裸: 1点追加。
  • 水中で試技を行った場合: 連続潜水時間に応じて、秒数がそのまま点数として加算される。ただし、道具・乗り物等の使用は認められない。
  • 空中で試技を行った場合: 連続滞空時間に応じて、秒数の10倍の点数が加算される。ただし、道具・乗り物等の使用は認められない。
  • 山頂で試技を行った場合: 標高(m) ÷ 100 が加算される。活火山の場合はさらに50点ボーナス。
  • 試技中にブログを開始し、試技終了までにブログ本を出版した場合: 10点追加。ただし、自費出版の場合は0点。
  • 試技者がネコ: 3000点追加。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

エクストリーム・プログラミングとの関連[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

代表例[編集]

  • ダイビングをしながら、水中でワープロ
  • パラシュートに揺られながら、空中で表計算
  • 高山の山頂でインターネット。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

第1回エクストリーム・コンピューティング世界大会[編集]

日本エクストリーム・コンピューティング協会開設2周年を記念して、2006年12月1日、初音島で行われたが、コンピュータが風で飛ばされるなどで死傷者が続出、わずか1回で終了してしまった。なぜか主催は初音島観光協会である。