エクストリーム・ばら撒き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・ばら撒きとは、基本的に貨幣を投げるまたはばら撒くことによって、いかに多くの人間にヒットさせられるかを競うエクストリームスポーツである。『多くの人間にヒットさせる』と言うと語弊があるかもしれないが、これはいわばドッジボールの貨幣版みたいなものだと思えてもらえたらよい。

部門[編集]

ばら撒きには部門が二つ存在する。詳しいルールは後に述べる。

硬貨部門[編集]

通称、投げ銭。これは硬貨を投げてヒットさせた人の人数で点数を競い合う。一般人でも比較的簡単にできる部門ではあるが、昔は相手を気絶させないと点にならなかった。

「一アース貨というのは皿一枚ほどもある銅貨であった。この小銭をバラまきなどしようものなら、頭にぶつかって死人が出た」
古代におけるエクストリーム・ばら撒き について、ヨハン・ゲオルク・アウグスト・ガレッティ

紙幣・手形部門[編集]

紙幣をばら撒くのだが、点数が入るのはヒットさせた人数ではなく、破綻させた人の人数となる。紙幣・手形には当然、直接的な殺傷力はないのだが、こちらは硬貨と違って一気に多くの点数を稼ぐことができる。定額給付金子供手当て等もこれに該当する。故にこの部門でやる場合は大抵、国・政府レベルで行われる。

最近は日本でのブームが目立つが、少し前ならアメリカでも大流行りしていた。

ルール[編集]

硬貨部門[編集]

硬貨の種類

  • 1円玉…1点
  • 10円玉…10点
  • 50円玉…50点
  • 100円玉…100点
  • 500円玉…500点
  • 小判…800点 - クラシックルールのみ。
  • 大判…1000点 - クラシックルールのみ。

当てる部位

  • 背中から尻…+10点
  • 足・腕・手…+20点
  • 腹…+50点
  • 胸…+100点
  • 後頭部…+150点
  • 顔…+0点(顔面セーフ) - クラシックルールでは+200点とされていた。

紙幣・手形部門[編集]

  • 破綻者一人につき…10点
  • 財政債務不履行(デフォルト)になった。…(債務不履行の金額/1000万)×20点
  • インフレーションを起こす。…インフレーションが続いた月数×50点
  • 外国人がばら撒かれたお金目的で移住してきた。…移住してきた人数×30点
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

歴代名選手[編集]

彼らはこのエクストリームスポーツの栄光に見事輝いたすばらしい選手達である。これからも称えられるであろう。

硬貨部門[編集]

紙幣・手形部門[編集]

荻原重秀徳川吉宗といった人物もばら撒きを行っているが、破綻者がほとんどでていないので(それどころか経済はいい方向に)、この中には含まれない。

関連項目[編集]


Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・ばら撒き」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)