エア・ギア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エア・ギア」の項目を執筆しています。
エア・ギア
ゲームジャンル 18禁恋愛アドベンチャー
対応機種 Windows XP / Vista]] / 7
必要環境 CPUPentium 200MHz 以上
メモリ:8GB 以上
HDD空き容量:100TB以上
DirectX 不要
修正パッチ 無し
発売元 講談社
キャラクターデザイン 大暮維人 (大奥へ行こう)
メディア DVD-ROM1枚組
プレイ人数 1人
発売日 2002年11月6日
販売価格 9800円

エア・ギア (えあ・きゃあ)は日本の恋愛アドベンチャーゲーム。コミカライズが行われ、キャラクターデザインの「大奥へ行こう!」によって『週刊少年マガジン』に、2002年11月6日から2012年5月23日まで連載された。また、これを原作とするアニメがテレビ東京系列で2006年に放送された。キャッチコピーは「街の空間を走りたおせ! エア・トレック![1]

概要[編集]

アクション・シーンを愛するあまり、アーン♥♥なシーンを描くことを忘れがちな18禁漫画家「大奥へ行こう![2]をキャラクターデザインに起用した。18禁恋愛アドベンチャーゲームであるにもかかわらず、18禁CGが差分を含めても数枚しかなく、それ以上にヒロインごとのルート分岐がないことで商業的にはまったく成功せず、忘れ去られた。

18禁漫画版は2002年11月6日になぜか『週刊少年マガジン』で連載が開始された。18禁漫画であるため1話では女子中学生が大勢の不良たちに無理やりアーン♥♥されるシーンがあるが、少年誌にはややふさわしくないのではないかという指摘がソレナンテ・エ・ロゲ氏からなされた。一方、『ヤングアニマル』に掲載するべきだったのではないかという意見もあったが、これはほとんどの人に無視された。

大方の予想に反してその後も連載は継続され、18禁少年漫画という前代未聞のジャンルを開拓した。18禁漫画でありながら単行本37巻に及ぶ長期連載となったため、世界で二番目に長いエロ本としてギネス記録を保有している。

ソレナンテ・エ・ロゲ氏をはじめとする多くの評論家に(異能バトル漫画として)高い評価を受けている。影響を受けた作品として、「クンニしろオラアアアッ」で有名な『エデンの檻』がある。

アニメ[編集]

アニメ版はシリーズ構成に小中千昭[3]、監督に亀垣一[4]を起用し、東映アニメーションによって制作された。視聴者は宇宙的恐怖を味あい、黒ずくめの男の正体を推理した。

評価[編集]

漫画版の単行本は累計1600万部を突破。平成18年度(第30回)講談社漫画賞少年部門受賞。

「それなんてエロゲ?」
エア・ギア について、ソレナンテ・エ・ロゲ

あらすじ[編集]

どこにでもいるごく普通の中学生、南イッキは、美人の四姉妹にちやほやされながら日々を送っていた。ある日、調子に乗りすぎた彼の前に、ローラースケートをはいて空を飛ぶ不良たちが現れる。不良にケツの穴を拡張され、同級生の女の子たちを寝取られアーン♥♥されてしまうイッキ。失意の彼に、幼なじみの江戸川コナンがローラースケートを手渡す。

その正体は、阿笠博士の開発したキック力増強ローラースケート、通称エア・トレックだった。エア・トレックをコナンから渡された彼は、その靴の力で空を飛び、不良たちに復讐する(中盤以降は鳥人間コンテストに出場する)。多くのヒロインや仲間、ライバルとの出会いと別れを経験しながら、イッキは成長していく。

なお、道路交通法と航空法に違反しているので良い子は真似してはいけない。

登場人物[編集]

以下は特に断りのないかぎり、漫画版に準拠して記述する。

主人公[編集]

南イッキ
本作の主人公。どこにでもいるごく普通の東中最強のベビーフェース
間垣コージ
髑髏十字軍のリーダー。エクストリームスポーツ・レ○プを推奨する。序盤で大勢の部下とともにイッキの同級生の女の子(とイッキ)をアーン♥♥した。その後も、東中の女子生徒をアーン♥♥したり、チャイナドレスの女の子をアーン♥♥したりする。
頭の形がち○ぽに似ていることで有名。

ヒロイン[編集]

ちゃーこ
本作の真のメインヒロイン。イッキのことが大好きなショートカットの美少女。だが、間垣たちの毒牙にかかり、廃屋に監禁される。ちゃーこが大勢の男達に輪姦されるシーンは、本作で最も有名なシーンの一つである。その後は出番がなくなった。なお、処女だった。
野山野リンゴ江戸川コナン
本作の元・メインヒロイン。イッキの幼なじみで同居人。イッキに好意を寄せているが、なかなか素直に思いを伝えることができない。通称スク水仮面
というメインヒロインの鉄板とも言える設定だったのだが、不人気のため中盤でメインヒロインを諭旨解雇された。だからあれほど眼鏡属性は人気が出ないとうわなにをするやめr 終盤で逆転勝利し、読者を驚喜させた。
シムカ
サブヒロイン。イッキのあこがれの女性。そのバストは実際豊満。
コナンの後任のメインヒロインに就任する予定だったが、風の谷から出張してきた王蟲にぴーアーン♥♥されて退場した。
皇杞クルル軍曹
第二代メインヒロイン。普通に可愛い。名前に反して眼鏡はかけていない。長期にわたってメインヒロインとして作品に貢献したが、最終回の直前にメインヒロインを依願退職した。
安達絵美理
イッキの同級生。序盤の18禁シーンで大勢の男にアーン♥♥された。中盤以降は立派な暴走族になる。
シャーロット
男の娘。それ以上でもそれ以下でもない。
野山野リカ
野山野四姉妹の長女。人質として拉致されたあと、洗脳されてアーン♥♥された。
野山野ミカン
野山野四姉妹の次女。765プロに務めるベテランのアイドルトレーナー。
野山野ウメ
野山野四姉妹の末っ子。
幼女。それ以上でもそれ以下でもない。エア・トレックで交通事故を起こさないか心配されている。
チャイナドレスの女の子
4巻に登場。中華料理店の看板娘。無銭飲食をしていた間垣に代金を請求するが、路上に連れだされ無理やりアーン♥♥された。
オニギリ
おにぎりを擬人化した美少女。それ以上でもそれ以下でもない。

脚注[編集]

  1. ^ 同名のカジュアルシューズ商品のキャッチコピーでもある。糸魚重里が考案した。
  2. ^ 一般誌である『ウルトラジャンプ』に『天上天下』および『唯我独尊』も連載していた。
  3. ^ ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの生まれ変わりである。
  4. ^ ルパン三世と名探偵コナンの能力を比較したことで有名な学者。