ウーキー族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ウーキー族を怒らせるんじゃない。」
ウーキー族 について、ハン・ソロ
「うるさい。歩くカーペット。」
ウーキー族 について、レイア・オーガナー
「ウーキー族にも権利を!!」
ウーキー族 について、ハーマイオニー・グレンジャー

ウーキー族 ( - ぞく) とはアメリカの戦争ドキュメンタリー映画スター・ウォーズ』に登場する人種ではない。いや、『スター・ウォーズ』に登場するの部分まではあっているがではない。この場合クリーチャーと称するのが最も適切。

なお『スター・ウォーズ』における彼らの代表人物は…いや人物ではない。でも人物って人と物って事か!?ならいい。続けよう。代表人物はチューバッカである。この項では彼についても、というより、主に彼についてを明記する。

概要[編集]

彼らは、スター・ウォーズにおける二足歩行型生物である。高等生物ではあるがやや原始的なために受ける不当な差別に悩んでいる。厳密には、原始的な高等生物のため悩んでいるかどうかは不明であるが不当な差別を受けているのには間違え無い。彼らは、スター・ウォーズの世界がいかに人種差別、いや、クリーチャー差別が酷いかを物語っているのだ。

主に受けた差別[編集]

彼らが差別を受けていることを象徴する出来事を以下に列挙する。

不当な徴兵[編集]

極悪非道のジェダイのヨーダの術により、彼らは強制的に兵隊とさせられ強制的にブリキ軍団と戦わされたのだ。これらのヨーダの行為は、ウーキー族の人権を著しく侵害しており、また、共和国のルールの下でも越権行為と見られる、非人道的行為である。非クリーチャー道的行為である。よって、銀河帝国皇帝は軍事裁判においてヨーダに対して以下のような宣告を下した。

被告
ヨーダ(姓名が不正確と見られるため、偽名とされている。)
主文
被告ジェダイ騎士団幹部のヨーダはクローン大戦において人道に外れるべく強制的な徴兵を行い大量な死傷者を生んだ。よって、被告人はA級戦犯とし死刑とする。また、彼の属するジェダイ騎士団はカルト組織と認定し解散を命じ、厳密な捜査の上成すべき者に成すべき処遇を取る。当危険組織の解散命令に従わなかったものは刑法に従い死刑とする。

結果、アナキン・スカイウォーカーを除く全てのジェダイ行議会のメンバーが死刑判決を受け、オビ=ワン・ケノービとヨーダを除く残りの者は死刑が執行された。 死刑執行人を殺害し逃亡したヨーダと、死刑執行から逃れ更にはアナキン・スカイウォーカー殺人未遂まで犯したオビ=ワン・ケノービは、以後エクストリーム・かくれんぼを余儀なくさせられたのは有名な話である。猟奇殺人犯を野放しにしたことが後に銀河帝国の運命を左右させたことは言うまでもない

ここまでに記した、ウーキー族に対する不当な人権問題によって浮き彫りになり生じた、一連のジェダイ騎士団大死刑裁判のことを俗にフォースの暗黒面に落ちた”と称される。

また、この際ウーキー族に攻撃をした通商連合軍もC級戦犯として死刑判決を下され、アナキン・スカイウォーカーだかダース・ベイダーだかに粛清されました。このときダース・ベイダーは襲名していたけど、姿,形はアナキン・スカイウォーカーだったし割とアナキン扱いだし…。彼は一体どっちなんだったのだろうか??

以上、ウーキー族に対する不当な徴兵問題であった。

差別発言問題[編集]

一国の元老院議員のレイア・オーガナーがウーキー族に対して「歩くカーペット」という蔑視発言をしたものである。このせいかどうかは不明だが、以後レイア・オーガナーは反乱同盟軍幹部となった。この際、この発言を直接された青年チューバッカーはレイアの双子の兄ルーク・スカイウォーカー(年齢不詳,独身)により、強制的あるいは半強制的に反乱同盟軍への仲間入りを強要された。

表彰問題[編集]

差別発言問題に対してかどうかは定かではないが帝国軍は危険組織反乱同盟軍への討伐にデス・スターを投入した。 皮肉にもこのデス・スターが破壊されたのは、ハン・ソロと強制的に同乗させられたチューバッカーの乗るミレニアム・ファルコン号の擁護による、ルーク・スカイウォーカー操るXウィングによるものであった。ここでは、ハン・ソロとチューバッカーによる擁護があったからルーク・スカイウォーカーは成し遂げられたのであるので、ルーク・スカイウォーカーとハン・ソロは反乱同盟軍に表彰された。しかし、チューバッカーは花道を歩けたものの受賞されなかった。これは、功績は認められたがウーキー差別によるものだと推測され、やはりウーキー族に対する重大な人権侵害、いや、クリーチャー権侵害である。

自称相棒ハン・ソロ問題[編集]

上記にもあるウーキー族の青年チューバッカーを相棒と称する、これまた上記にもあるハン・ソロに関する問題である。ハン・ソロはチューバッカーを相棒と称しているが、いつも命令してばかりでチューバッカーに対して怒鳴り散らしている。これは明らかに主従関係と化しており、やはりこの主従関係は不当な物である。よって、これらはウーキー族差別と認められハン・ソロは国により犯罪者となっている。また、この行為が妖怪ジャバ・ザ・ハットの目に止まったせいか、マフィアのジャバ・ザ・ハットにまで懸賞金をかけられる始末にある。やはり、ハン・ソロは重大な人権侵害者である。

制作上の都合によって受けた差別[編集]

彼の唇は動かないとかその手の理由で、台詞を「うぉぉぉ」などしか与えないという。ジョージも酷なもんだ。

関連項目[編集]