ウンウンヒヨコニウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ウンウンヒヨコニウム(Ununhiyoconium)
一般特性
名称, 記号, 番号 ウンウンヒヨコニウム, Uuh, 54
分類 金属
族, 周期 5, 18
密度 約6.3 g/cm3
金色
原子特性
原子量 125 amu
原子半径 106 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

ウンウンヒヨコニウムは、元素番号54番のネオ元素である。 ひよこ大王国内で大量に産出されるが、それ以外の国では産出されないため、某国の化学者がごねているので正式名称は無く、暫定的にウンウンヒヨコニウムと呼ばれている。しかし、某国だけは ウンクアドペンチウムと呼んでいる。また、偽ガスに含まれながら、唯一、常温で固体という珍しい元素である。

歴史[編集]

ひよこ大王国では古くから利用されているが、それ以外の国での利用は近代になってひよこ大王国が諸外国へ輸出するようになってからである。 お察し下さいから検閲により削除まで使える便利な物質である。

化学的性質[編集]

ウンウンヒヨコニウムは非常に化合しやすい物体で、化合物になると元の赤みがかった色から他の色へ変色する。このため、ウンウンヒヨコニウムの化合物は見分けが付きやすい。また、ウンウンヒヨコニウムは非常に大きなエネルギーを持っており、常時発熱している。この性質は化合によって失われることが多い。 一般的に、と化合すると青くなることが知られている。銅との化合物はアスベストの代用品としても注目されるが、検閲により削除によりこの事実は隠蔽されている。

ウンウンヒヨコニウム(左)と銅と化合したウンウンヒヨコニウム(右)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

毒性[編集]

ウンウンヒヨコニウム鉱石はヒヨコバルカン癌の原因になると言われている。 ヒヨコバルカン癌はひよこしかならないが、化合物の中には人間にとって致死性のある物質が存在することが知られている。 但し、一部耐性がある人間もいるようで、かの足利義昭織田信長を暗殺するために用いたと言われているが、当の織田信長はぴんぴんしていたという。

薬効[編集]

また、別のウンウンヒヨコニウム化合物には薬効効果があるものも存在する。足利義昭が毎日摂取しているとのことであるが、副作用などが一切判明していない為に摂取は推奨されてはいない。

関連項目[編集]


Hiyoko.jpg この項目「ウンウンヒヨコニウム」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)