ウルトラマン80

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウルトラマン80」の項目を執筆しています。

ウルトラマン80( - えいてぃ)は、ウルトラ戦士の一人。残酷非道な異次元超人軍団 PTA(Part-timer Terrile Attackers)[1]の魔の手から子供たちを守った。

概要[編集]

ウルトラマン80は1980(昭和55)年4月2日から1981(昭和56)年3月25日までの毎週水曜日に50回に渡りTBS系放送局で、好評放映されたテレビ番組「そこだ、それゆけ!ウルトラマン」の主人公としてのデビューが初出である。しかし、ウルトラ系番組は「新・マン」の「帰ってきたウルトラマン」などを除けば、主人公の名前をそのまま冠する事が多かった。

ウルトラマン80の801980年に由来するが、1981年になっても放送されたりした。当時の「80年代ブーム」にあやかっている。

1974(昭和49)年のウルトラマンレオ以降、日本では「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」といった70年代のアニメブームの最中にあり、ウルトラ力士もこれに便乗、1979(昭和54年)「ザ☆ウルトラマン」は高い評価を得た。一方、「実写ではないプロレスはプロレスではない」「アニメのウルトラマンとは何事であるか!」といった叱咤の言葉が多かったの事実であった。そこで、いわゆる原点復帰の意気込みも込めて実写で撮影、さらに「時流に流される人気番組」をモットーとするウルトラ精神から、当時日本でも放映され人気を博していた北朝鮮の人情主義学園番組「3年B組キム八先生」(主演:将軍様)の学園生活テイストも盛り込んで制作されたのが「そこだ、それゆけ!ウルトラマン」である。80の従前のウルトラ戦士とは大きくイメージチェンジされたルックスは評判となり、あまりもの先進的なデザインに後世のウルトラマンと勘違いされないよう、放映当時の年号を掛け声とした事でも有名であった。

しかしその後、そんな彼に不遇の時期が訪れる。その要因は1981(昭和56)年から1996(平成8)年にかけ断続的にウルトラ力士を襲ったウルトラ氷河期である。この苦境の最中にある1996(平成8)年、とある新人がデビューする。その新人こそが現在はウルトラマンティガの名で知られている「ウルトラマン95」である。当初は95の名で1995(平成7)年にデビューする予定だったが、零細ソフト会社との諸般事情により実現に至らず、1年後にティガと改名しデビューした。

このティガが「ウルトラのカルロス・ゴーン氏」と称えられるほどのウルトラシリーズの劇的回復を達成、ウルトラマンダイナウルトラマンガイア…と続く平成のウルトラシリーズを構築するに及び、80の立場は微妙となる。1966年~1974年のウルトラ7兄弟と呼ばれる昭和組と、1996年のティガ以降の平成組間にある世代格差間に属していた80は、上司である昭和組とも後輩の平成組とも希薄な関係が災いし、興行に出場させてもらえなくなり知名度が低下、一時期は「第二のセブン上司」と呼ばれるような低知名度状態にまで落ちこぼれていた。

そんな不遇の80を救ったのは、かつての教え子である桜ヶ丘中学同窓生による恩師報恩であった。彼らは大手ゲームソフト会社バンダムに80を題材としたソフト制作を陳情、その結果、単独登場作品は無理であったものの、他の戦士との共同出演が実現した。その甲斐もあり80の知名度は徐々に回復、2006(平成18)年には昔のことはなかったかのようにウルトラ7兄弟とウルトラマンメビウスとウルトラシリーズ番組に競演するまでになり、現在に至っている。

変身後はウルトラ戦士一のブサメンであり、ネタにされがち。顔に似合わずウルトラマンベリアル以外は常勝無敗の類い稀なる強豪である。常勝無敗のためユリアンの助けも借りているが・・・・・宇宙警備隊・ウルトラ兄弟と壮絶な喧嘩別れしていた時期であり何があっても助けに来ない厳命されていたので仕方ないが。母(マリー)もキングも救援に来てくれなかったが父(ケン)だけは助けに来てくれたとか。

経歴[編集]

もともとは子供たちに愛と勇気を教えにやってきた中学理科教師矢的猛だったが、就任当日に町で暴漢を撃退したのを機に格闘家としても活躍するように。しかし格闘家生活が楽しくなってしまい、教師を辞職してしまう。その後、シリーズを通して残虐非道の異次元超人軍団PTAの繰り出す超獣(モンスターペアレンツ)との死闘を繰り広げ、最終回ではPTA最強の怪鳥ババァードとその連れのマンモス[2]を倒して、地球とこどもたちの平和を取り戻したのであった。

主な技[編集]

  • サクシウム光線
片手を上に、もう片手を横に伸ばして長崎の巨大銅像のポーズを取り、チャージした原爆エネルギーを腕から発射する光線。効かない敵がちょくちょく登場する。危険なので絶対に真似しないで下さい。
  • バックルビーム
長崎銅像のポーズまでは一緒だが、その後腕ではなくヘソから発射する光線。ヘソという狭い発射口で凝縮されてから飛んでいくため、サクシウム光線よりも強力。・・・サクシウム光線の立場は・・・。
  • ウルトラレイランス
原爆エネルギーを含ませた竹槍で相手を串刺しにする技。
  • ウルトラアイスポット
目から発射する超視姦光線。これで見つめられた相手は恥ずかしさのあまり倒れてしまう。
  • ダイナマイトボール
体育座りの姿勢のまま空中で高速回転し、敵に体当たりする技。回っている最中は周りが見えないため命中率は低そうだが、その変な構えに驚いて、一瞬動きが止まってしまうので意外と当たるとか当たらないとか。
  • その他の光線
他にもものすごい数の光線技を持っているが、多すぎるので省略する。

ユリアン[編集]

1回だけ80を助けに来た女戦士(自称王女)。剛田武みたいに顔がキモく、男に人気の無い嫌われ者。ガルタン大王には惚れられていてストーカー被害に遭ったが、80に助けられ彼に惚れた。性格は正義者だが、田村直人様の交通事故の怨念でウルトラセブンが街を大量破壊するので、80が怒鳴るが、ユリアンは直人様を見守った。2匹の怪獣の合体攻撃で死に掛けた80の前に現れ、初めての合体作業(通称ダブルパワー)で華麗に怪獣を倒した。人間体星涼子は「科学戦隊ダイナマン」のダイナピンクを模している。。その三年後メスに雇われフラッシュマンと戦った。

UGM[編集]

二次元の「ザ☆ウルトラマン」科学警備隊(SDA)同様、80とユリアン以外は隊員はカタカナ漢字交じりの変な名前が揃っている。宇宙ミイラか宇宙母(空母?)(スペースマミー)なる戦闘兵器まである。教育委員会ではないので80の助けを借りてもPTAには相当大苦戦。最後は最強のモンスターペアレンツ・マーマドン相手に巨大鉄球(ジャイアントボール)まで持ち出した。基地はPTAに破壊されたためか作り直した時は上空からでもUGMの文字が目立つ恥ずかしい物となった。イトウ順吉副隊長はギマイラによって怪獣化、ラプラスとなってしまうが恋人がエイリアンというご都合主義で生還した。

PTA(Part-timer Terrile Attackers)(マイナスエネルギー)[編集]

ヤプールやブラックスターと違いウルトラマンの歴史から葬られたレギュラー悪役。80(矢的猛)はこの異次元超人軍団モンスターペアレンツの学校への暴力・暴言・電話攻撃などの嫌がらせが原因で怪獣が増殖していると言った。学校への被害は破壊されなくても甚大であったが失恋少年のホーとか捨てたグローブが変身したグロブスク、暴走族嫌いの少年の妄想ウルトラセブン、病気少年のガゼラ、クワガタの怨念グワガンタ、のび太もどきのテツオン、壺の精マアジンが呼び出した3代目レッドキング、相撲マニアジヒビキラン、マラソンランナーイダテンランとかで怪獣災害はどのくらい影響しているか不明であった。

教師としてのその後[編集]

80(矢的猛)が教師として働いていたのはごく短い間であったが、真摯な接し方で生徒の心をしっかり掴んでいた。27年後に、中学が廃校になる事を知った生徒達は、取り壊しの前になんとか先生(80)を呼んで同窓会を開こうとするが、彼の消息は不明のままであった。どこで取り壊しを知ったのかは知らないが、怪獣2匹が80を呼び出す役を(独断で)買って出た。片方はあちこちを飛び回って80を探し出し、もう片方はすぐわかるよう中学の前で待っていた(何も知らない生徒達は当然ビビった)が、悪い怪獣だと誤解され両方とも80に殺られてしまった。その後生徒達と80の同窓会は無事にとり行われ、近況報告や昔話に花咲かせて楽しく過ごしたという・・・いずれにせよ泣ける話ではある。感動の再開を果たした生徒はもちろん、怪獣の受けた仕打ちに対しても。ちなみに80は現在高校で校長を務めていて、おせっかいな生徒達に頭を悩ませる日々を送っている。

ウルトラマンとしてのその後[編集]

1981年3月、M78星雲に帰る途中にタマタマ星の超人に出会う。よりによって人気児童誌において地球ではモテモテだったことを堂々公表。ハンマーでぶっとばされる[3]。これによりヒーローの座を彼らパクリ超人の軍団に譲り、以来長期にわたるウルトラ氷河期を引き起こした。一方、下品な下ネタをヒットさせたパクリ超人たちは約7年にもおよび児童誌の人気者となった。

80にとって最大の敵[編集]

80を最も悩ませていた敵がいた。バルタン星人?そんな生やさしい者ではない。それはに潜んでいたロボット少年ボクサー少年20年前に貝になったはずの人である。この3人に対しては、怪獣以上に苦戦を強いられていたことはあまり知られていない。もし放送がカラオケボックスやソープランドの如く延長とかになっていれば、ロボット少女とスケベ博士にとどめを刺されていたことは確実で、80自体がこんなことこんなことにもなっていたかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ なお、彼らにも80同様活動時間に制限があり、地球上では週30時間以上活動する事ができない。
  2. ^ 冷凍野菜を吐き出す癖を持ち、母親たちに重宝されている。
  3. ^ 超人キンタマン第1話(無料) - 画像直リンク

関連項目[編集]

ティガさん.jpg ボクはウルトラマンティガ。この項目「ウルトラマン80」はウルトラシリーズに関連した書きかけ項目だ。
人は…いつだって光になれる。そうだ、君だってティガなんだよ。
さあ、「ウルトラマン80」に君の光を分けてくれ! (Portal:スタブ)