ウサギ小屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ウサギ小屋(うさぎごや)は、日本の伝統的な住宅建築様式である。現存する文献では、平安時代末期作の『鳥獣人物戯画』に描かれていることから、その頃までには様式が確立したと言われている。

特徴[編集]

ウサギ小屋建築に共通する様式として異常に狭い空間や低い天井が挙げられる。これは、ガイジンと呼ばれる図体の大きな野蛮人の襲来を防ぐための工夫である。太平洋戦争米軍日本本土上陸作戦を実施しなかったのは、このようなウサギ小屋建築内での戦闘で米軍の死傷者が増大する事を危惧したためとされる。

玄関[編集]

間口は0.5hydeに満たず、傘などが並べてあることが多く大人一人が通るのがやっとである。 図体のでかいガイジンであれば頭をぶつけたり、ドアに挟まる危険があるなど侵入者の進撃を 防ぐために有効な反面、負傷者の搬出に手間取るなどの問題点もある。

居間[編集]

応接室、食事室を兼ねているものが多い、古いタイプのウサギ小屋建築では台所も含め、6から8畳程度のことが多い。 しかし日本人の大型化にともない窮屈になったため、狭い家でも10畳程度は確保するようになっている。

台所[編集]

面積節約のため、居間に併設するタイプが多かったが、客間用途で使用する場合見苦しい光景を 見せる危険があった。そのため最近ではカウンターなどを隔ててわかりにくい位置に設置されることが多い。 細長く3畳程度である。

風呂[編集]

足を抱え体育座りの形で入らなければならない。これはお湯の量を節約するためである。

トイレ[編集]

二階建であっても、一箇所しかないことが多い。通常風呂の近くに設置されている。

階段[編集]

45度以上の非常に急な作りになっている。これは敵が登りにくくするためであり戦国時代から伝わる伝統的な構造である。

収納[編集]

階段の下など、いたるところに物資やゴミを隠しておけるスペースが確保されている。籠城戦時には、このスペースに隠れて敵を不意打ちするケースもあった。

廊下[編集]

非常に短い、もしくは無いことが多い。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連[編集]

この項目「ウサギ小屋」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)