ウコンの力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ウコンの力」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

ウコンの力(うこんのちから)とは江戸時代より伝わる酔い覚ましの薬の名前である。

概要[編集]

それは江戸城における出来事から始まった。外様大大名が詰める場で加賀藩前田家の当主と薩摩藩島津家の当主は、どちらがより優れた家臣を抱えているか、自慢話に興じていた。島津家の当主は「我が家臣にはを一斗飲み干す者がおる」と自慢した。それを聞いた前田側は「そのような大酒飲みがいるとは面白い、是非ともその大酒飲みを見せてくれないか」と迫った。八十万石の大名たる者「実はホラ話でございました」と引き下がれば面子が潰れる。「前田殿が見たいと仰るならば、その大酒飲みの飲みを見せて差し上げよう」と言ってしまった。

島津家の当主は屋敷に戻ると、江戸家老に泣きついた。「とんでもないホラ話をしてしまった。これでは我が家の面目が立たぬ。いずれ諸大名の、いや江戸中の笑い者とされるであろう」江戸家老はしばし目を閉じた後に、大酒飲みの特技で知られる右近将監を呼び出した。そして「そなたは、酒を一斗飲み干すことが出来るか?」と尋ねた。右近将監は「尋常の方法では無理だが、琉球から取り寄せた秘薬を持参しているので、一斗の酒を飲み干す事も可能かもしれない」と答えた。

数日後、諸大名列席の中で、酒一斗飲みの座興が行われた。右近将監はなみなみと注がれた一斗の酒を容易く飲み干し、諸大名を驚かせた。この話は江戸中に伝わり「島津の者恐るべし」と島津家の名声を大いに上げる結果となった。島津家家中では御家の面目を保つことが出来たのは、右近の力によるものであると噂された。島津家当主も「我が面目を保つことが出来たのは誠に右近の力によるものである」と称え、右近将監に褒美を与えた。

その後、江戸市中でこの逸話にあやかり、二日酔いなどの酔い覚ましの薬である「右近の力」と名付けられた商品が売り出された。この薬は琉球の産物である植物が混ぜ合わされた物であったという。江戸市中の酒飲みが買い求めたためにこれが大いに売れて、薩摩藩の財政を潤す結果になった。

関連項目[編集]

この項目「ウコンの力」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)