ウォーロック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ロックマンシリーズの犯罪者について記述しているばい! 安田均が監修者のゲームブック及びテーブルトークRPG専門誌につ・い・て・は「ウォーロック (雑誌)」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウォーロック」の項目を執筆しています。

ウォーロックは、流星のロックマンシリーズにおける犯罪者の一人である。

概要[編集]

ウォーロックは、流星のロックマンシリーズ一の引きこもりの帝王と言える存在のシューティングスター・ロックマンの元になる電波生命体である。

そのウォーロックは犬のようにおとなしいと思われるが、実はシューティングスター・ロックマンの左手を奪ったものである。

「僕の左手を返せよ!!」
ウォーロック について、シューティングスター・ロックマン

犯罪暦[編集]

シューティングスター・ロックマンのアシスト役でありながら実は数々の犯罪を犯してる。

「デリート判決が下されているぞ。」
ウォーロック について、ドギー・クルーガー
宇宙ステーションの襲撃(220X-3年)
ウォーロックは電波体とブラザーバンドを結ぼうとした人工衛星を数々のFM星人を率いて襲撃した。誰が犯人かはなかなか決められなかったが、ケフェウスの命令によって行ったのだからケフェウスが犯人かもしれない。
だがそれはFM星人を犯罪者にするための作戦であり、それを知らなかったウォーロック以外のFM星人は人工衛星から逃げていった。そしてウォーロックは地球人との交流を絶ち、人工衛星を破壊した。
その人工衛星には、シューティングスター・ロックマンの中の人とも言える星河スバルの父親がいたのである。
ロックマンの左手没収(220X年)
身体の自由に違反する行為である。星河スバルの父親を行方不明にさせた上に星河スバルをシューティングスター・ロックマンにして彼の左手を奪ったのである。その後は彼の左手を引っ張り強制移動させたり、攻撃方法を不自由にしたりと…もう本当にどうしようもなかった。
牛島ゴン太にアッパー(220X年)
スバルのトランサーの中に入って左手を動かし、ゴン太にアッパーを食らわされた。スバルは暴行を加えたものであると濡れ衣を着せられたのである。
その後はゴン太はジャイアンのような存在になった。その後はウォーロックは某猫型ロボットのような扱いを受けるようになった。
「僕をのび太にしたな!!」
ウォーロック について、星河スバル
博物館のパーツ強奪(220X+1/6年)
これは窃盗および器物破損に値する。まずオーパーツの力でパワーアップしようと考えたものたちが博物館を襲撃した。シューティングスター・ロックマンは彼らをソードで追い払おうとしたがオーパーツを奪われてしまった。何とか取り返せたもののウォーロックに飲み込まれてしまった。犯罪者は誰かと争っていたが、持ち主は飲み込んで吐き出せないようにしたウォーロックに決定であった。その後、ロックマンはオーパーツの力で変身した。どのように変身したのだろうか。
「剣が重い、左手さえ使えれば…、僕の左手を返せよ!!」
ウォーロック について、サンダー・ベルセルク
「ふふふ、散々僕をもてあそんだお礼さ、ばしばし攻撃を食らってちょうだい。」
ウォーロック について、グリーン・シノビ
だが、左手のウォーロックが最強になって案外役に立ったケースもある。
「左手がウォーロックになってよかった、ガルルガルル!!」
ウォーロック について、ファイヤー・ダイナソー

日常生活[編集]

トランサーの中のウォーロック
トランサーとは、左手に腕時計のようにつける携帯端末である。ウォーロックはその中に入っていたためにスバルの左手を引っ張り強制移動させる場合がある。
「僕の左手を返せよ!!」
ウォーロック について、星河スバル
武装
スルドイキバや、カイザーナックルなどを装備する場合があるが、それはシューティングスター・ロックマンのロックバスターをパワーアップさせるためだけの道具であった。
「強力な武器使いてえ…。」
シューティングスター・ロックマン について、ウォーロック

シューティングスター・ロックマンの目[編集]

ウォーロックがスバルの父親が乗った宇宙船を襲撃したことはスバル自身も知らなかったようだ。だが、キグナス・ウィングが言うに、ウォーロックは星河スバルの父親を殺した犯人であるという。

必殺技[編集]

ウォーロックアッパー
ウォーロックがスバルのトランサーの中に入り、ゴン太に繰り出した必殺のアッパー。
シューティングスター・ロックマンとの連携攻撃がロックバスターで、星河スバルとの連携技がウォーロックアッパーということになった。
ビーストスイング
前方の敵を切り裂く技。ハンターVGのおかげでシューティングスター・ロックマンは左手が使えるようになった。ウォーロックは彼から解放されて、暴れ放題になった。
「やっとあの武器が使えるようになったか、ってあれはロックバスターのパワーアップさせるための道具だったのかい!!」
ウォーロック について、ハンターVG

流星のR一族から[編集]

流星のR一族の者たちは左手がウォーロックに奪われている。流星のR一族の者たちは全てがシューティングスター・ロックマンであるが、彼らの左手に宿っているウォーロックはいったい何者!?流星のR一族の者たちはウォーロックという未知なる生物が人型へと進化して成り立ったものであると考えられている。


ダークチップ.jpg ウラララ…やっと「ウォーロック」辿り着いたぞ…。…よこせ…加筆を…加筆をよこせぇ…シャイニング・ブラウザ・クラッシャー!!! (Portal:スタブ)