ウィロー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ウィロー(原題:Willow)とは、1980年代に製作されたアメリカファンタジー映画。指輪物語のようなもの。日本外郎(ういろう)との関連は現在調査中ブックオフの中古DVDコーナーでたまに見かける。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィロー」の項目を執筆しています。

ストーリー[編集]

ある日女の子を拾った小人族のウィローは、無実の罪を着せられ、凄腕の刑事ジェラードに追われ旅に出る。だがそれは、神の一手を極めるための長い長い旅の始まりでしかなかった…。

その旅の途中で徐々にジェダイとしての力を目覚めさせることも無く、多くの仲間達と知り合う。ちなみに彼等は最終決戦時に小沢真珠様の呪いによってになったりした。これは後に、「あんたなんか牡丹じゃなくて豚よ!」という口癖を生むことになるが、この時はまだそれを知る由も無かった…。

評価[編集]

ストーリー自体はハリウッド化された指輪物語のようなもので、違いと言えば宅配物が指輪から幼女に代わった程度である。ただ、主人公の小人族を映像化するに当たり、遠近法で適当にやっつけた指輪物語と違い、小人族の村を撮影するためにマジで小人症の小さい人を百人以上集めたのだけはガチ。メイキング映像で、撮影スタッフが小さい人達に囲まれて立っている姿はまさに現代のガリバー旅行記、味のIT革命である。

登場人物[編集]

  • ウィロー …主人公、さえない中年小人族。
  • マッドマーティガン …スターウォーズで言うところのハン・ソロみたいなポジション。
  • ソーシャ …お色気担当。
  • バブモルダ …ラスボス。

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 本当は指輪物語そのものを作りたかったが、版権管理者側から許可が下りなくてパチもんを作った、というもっぱらの噂である。そのためか準備された小道具には滅茶苦茶にリキが入っていて、マッドマーティガンのチェーンメイルや敵の投げるチャクラムなど落涙ものの小道具はファンタジー世界の好きな人には一見の価値がある。
  • 1989年にカプコンから同名のファミリーコンピューター用のゲームが出たのは余りにも有名。ゴッドスレイヤーのようなゲームシステムである。レベルが1違うだけで大分強さが違い、レベルMAXでないとラスボスの戦いが厳しくなる。そもそもファミコン時代初期のゲームは難易度が高すぎると思う。
  • CMは鳥山明によって全国に広められた。この映画を知らずとも、「ぽぽいの・ぽい」「白黒抹茶小豆コーヒーゆず桜」という言葉だけを知っているものも多いだろう。