ウィキペディアの立体ジグソーパズル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ウィキペディアの立体ジグソーパズル(うぃきぺでぃあのりったいじぐそーぱずる)とは、完成すると、ウィキペディアのロゴの形になるジグソーパズルのことである。ジグソーパズルには跳ねているものと跳ねていないものがあるという。

↑これ 実に素晴らしい。

どういうパズルか[編集]

ウィキメディア財団が開発したジグソーパズルであるのだが、子供のおもちゃにしては危険である。なぜなら、そのジグソーには恐ろしい魔力が秘められているからだ。アメリカ中国では既に販売され、実際に購入して完成させた人たちが大勢いるということだが、そのような人たちは一人残らずウィキペディア中毒になってしまったという報告がある。欠陥商品である。

日本では東京のどこか一つ、百円ショップで販売されているが、恐ろしいものであることが分かったので、政府が関係企業に輸入・販売しないように呼びかけている。なお、ウィキぺたんはウィキメディア財団よりそのジグソーを進呈されている。

症状[編集]

ウィキペディア中毒になる。つまり、ウィキペディアから永遠に離れられなくなるのだ。治療するにはジグソーを壊せばいいのだが、そのジグソーを完成させた人、作った人は壊せないように洗脳電波が放出されている。したがって、ウィキペディアを知らない人や興味のない人に壊してもらわないといけない。しかし現在は、このジグソーを壊した人は誰もいないようである。いざ壊すとなっても、刃物のようなものバールのようなものでも用いない限り、硬すぎて傷もつかないと言われている。ちなみに、症状はジグソーが跳ねているときに起こる。

注意[編集]

外国人が日本に持ち込んだ後、捨ててしまった可能性があるかもしれないので、拾わないように。どうしても手に入れたい場合、個人輸入という方法もあるが、飼いきれなくなったからといって捨てたりしてはならない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

売っている場所[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィキペディアの立体ジグソーパズル」の項目を執筆しています。


Wiki-globe.png この項目「ウィキペディアの立体ジグソーパズル」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)