イージス艦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イージス艦」の項目を執筆しています。

イージス艦(いーじすかん)とは、女神アテナが開発し、ロッキードマーチン社がライセンス生産している魔法の盾であるイージスシステムを搭載した軍艦のことである。 恐ろしく高価なためそこらの国家には高嶺の花であり、これを保有出来ることはセレブ海軍の証である。ただし本当の上流海軍は航空母艦を所有してイージス艦をその護衛用に使うので、飽くまでもそこまでは至らない小金持ちのレベルの話である。 さらに最近では韓国までもがイージス艦を建造してしまったため、そのプレステージ性は著しく低下した。

イージスシステム[編集]

イージスシステムとは、アメリカが「同時に多数の目標に対処する」為に研究され開発した艦隊防空システム。最新のイージスシステムでは同時に120以上捕捉が可能で、12の目標を同時攻撃が可能とされている。ニュータイプも真っ青だ。とにかく世界中に敵を作るのが好きなアメリカならではの戦闘システムである。 イージスはギリシャ神話と言う古いお話の中で最高神ゼウスが娘アテナに与えたという、あらゆる邪悪を払う盾(胸当)アイギス(イージス)が語源である。2007年恋する乙女と守護の楯に登場する組織「アイギス」との関連が示唆され、エロゲ学の研究者たちによってさらなる調査が行われている。

フェーズドアレイレーダー[編集]

フェーズドアレイレーダーとは、多数の目によって敵を探知・捕捉するレーダーである。この技術においては日本がもっとも高いレベルであり、特に第二次世界大戦中に開発された夜目はいまだに世界で唯一の夜間目視システムである。 また、純国産のFCS-3には夜目に加えて千里眼が標準搭載されているため、最大1000光年にも及ぶ探知範囲を誇る。

主な兵装[編集]

多くの艦艇は垂直発射システム(VLS)を備えている。日本のイージス艦にはこれに加えて全方位対応白い液体発射装置が搭載され、他の国の艦艇と比べて対空攻撃能力が格段に向上している。 現在アメリカと日本のイージス艦には順次弾道ミサイル防衛に対応するための兵装、SM-3長距離対空竹槍の装備が検討されているが、日本はともかくアメリカの対空能力は劣悪で、どうしようもないほど射程が短く(平均200m)、また命中率も日本のそれと比べて恐ろしく低く、一説には98%の確率で外れるので、現在アメリカ国防総省は日本からの技術移転を防衛省に依頼している。 実は日本のイージス艦には艦首に衝角が装備されており、対艦戦ではこれを使った突撃戦法「カミカゼ」が最強の破壊力を誇る。一説には爆薬も搭載。 その訓練が、房総半島沖で実施され、漁船に偽装した北朝鮮の特殊工作船に対して非常に有効であることが証明された。あたご型護衛艦を参照のこと。

各国のイージス艦[編集]

これまでに、アメリカ合衆国をはじめとして、日本スペインノルウェーの各国が、すでにイージス艦を配備している。

さらに最近大韓民国がイージス・システムに独自の劣化処理を施したキムチージス・システム搭載艦を就役させ、オーストラリアもザトウクジラ護衛のためにイージス艦の建造を計画している。

イージス・アショア[編集]

その昔、20世紀初期の日本では、ワシントン軍縮条約により戦艦の保有数を制限されたことから、廃艦となった戦艦の主砲塔等を駆動機構もろとも陸上に移設し、海岸砲台とした。また太平洋戦争末期の日本海軍は、燃料不足で行動できなくなった艦艇を港湾・海岸等に係留して防空砲台等とし、「特殊警備艦」と称した。

この歴史が21世紀に至って繰り返したものか、イージスシステムを陸上に設置して対弾道ミサイル防衛サイトとする「イージス・アショア」なるシステムがアメリカで考案された。外観はまさにイージス艦の上部構造そのものである。イランのミサイルから欧州を防衛するためとしてルーマニアポーランドにアメリカが設置を進めているが、北朝鮮のミサイルの脅威が強まる中、日本にも導入される方針という。候補地には、その昔廃艦の主砲転用で設置されていた砲台の跡地近隣も含まれている。何とも皮肉なものである。

関連項目[編集]

軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ このイージス艦は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)