インターナショナル・スクール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「インターナショナル・スクール」の項目を執筆しています。

インターナショナル・スクール(International School)とは、エリート中のエリートが通うとされる、エリートな学校である。また、芸能界に入った際、この学校を卒業するだけで、インテリ芸能人と言われる。

概要[編集]

その数は全国に100を超える。主に海外の特殊なビジネスマン子供たちや、出稼ぎの割に結構稼いでいる韓国人の子供や、外国帰りのお嬢様や、英才教育を受けさせたいというスイーツ(笑)な考えを持つ金持ちマザーたちの子供が通う。そう、英才教育を手っ取り早く受けたいならまずはここへ入学。バイリンガルになれるという利点以外は何もないが、卒業しただけで、(場合によっては、入学しただけで)インテリ扱いされる。

特徴[編集]

  • 年間150万から200万の授業料を払わせる。(一部の学校では、年々不況のあおりで授業料が上がっている)特に、私立のような教育をしているわけでもないのに。
  • とにかく、建物が御洒落。(その代わり、維持費は莫大。)
  • 授業料が高い割に、まともな英語を話す奴は少なく、どちらかといえば、ルー語を話す奴が大半。
  • 生徒たちが、「Inter National」の意味を分かっていない。(Schoolは分かる模様)
  • 先生も「Inte(ry」の意味を分かっていない。
  • 保護者は、「School」の意味すら分かっていない。

生徒[編集]

生徒は裕福な家庭の子に限る。インターナショナル・スクールなくせに大半が日本人と韓国人。アジアンスクールと言うのは、禁則事項です

生徒は、プライドが高く、無駄に上から目線。「我々は、バイリンガルだから、下界の奴らとは大違い」というプライドがある。その割には、学力は変わらない。中には、英語しかしゃべれない奴もいる。

多くのインター(ryではこのことから、いじめも多い。

金持ちではないと通えないため、裏の仕事をする親をもつ子供も相当いる。なので、ヤンキーの子供やクラブの親の子供、やくざの親をもつ子供……きりがないのである。学校もガラが悪い生徒を入れたくはないが、金を持ってるので仕方がない

教師[編集]

教師は、インターナショナル・スクールが契約した先生たち。優秀な先生も多いが、格下レベルの教師免許しかもっていないなんちゃって教師も多く存在する。

ろくな、生徒指導もできない先生はいるが、そこはエリート学校の教師としてのイメージでカバー。生徒の非はひどく非難するが、自分の非がは絶対に認めない、かなり低脳な教師もいる。


関連項目[編集]

Black sleep.jpg 私はこの項目「インターナショナル・スクール」を完全には書いていません
私は文字を書く力がないので誰かdrawしてください。
私はこの項目が良いものであることを望みます。 
誰かこの項目を書くことが出来るでしょうか? (Portal:スタブ)