インカ帝国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

インカ帝国(-ていこく)は、世界に知られる南アメリカの帝国。首都はクスコ

成立[編集]

マンコ・カパックが南米で宇宙人の知恵を得て、建設した王国であると言われている。ナスカの地上絵のように、気球という当時最新鋭の物を有していなければ、書く事が出来なかった物を多くつくり、現在でも歴史マニアの語り草となっている。

1492年、ジェノバ人コロンブスによって端っこの辺りが発見される。 当時のスペイン人たちはアラブ人との抗争で何度も頭をぶん殴られるうちに正体不明の「白馬に乗ったおじさま」が見えるようになっていた。 ある日「白馬に乗ったおじさま」がスペイン人たちにコロンブスの発見が伝え、ついでにインカ帝国にある財宝の存在も伝えた。 金に飢えていたフランシスコ・ピサロなる男がこの話を聞き、スペイン王に以下の約束をさせた。 すなわち、もし万が一奇跡が起きて海の向こうのインカ帝国を征服できたりした場合、その地の支配者にピサロを任命するように、と。 (これは後の世に「トラヌス・タヌキーノス制」あるいは「カワザンヨダ制」と呼ばれ、修道士ラス・カサスの批判する所となる)

ピサロごときが宇宙文明とやり合って勝てるわけ無いとインカ・スペイン両国の誰もが思っていたが、 ちょうどインカ帝国では史上最大の兄弟喧嘩によって国内が混乱していたのであっけなく滅ぼされた。 それが帝国の悲劇であって、スペインに滅ぼされたあと、スペイン人が持ち込んだ伝染病により、国民の8~9割が死亡したと言われている。

マチュピチュの遺跡や地球儀など、明らかに宇宙との交信を狙っていなければつくる必要のないものが多く見つかっており、帝国の本性がどれほどのものであったかは、スペインの破壊工作が影響していて未だに分からない。現在でもこの偉大な国の研究は続けられている。

関連項目[編集]