イリオモテヤマネコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
イリオモテヤマネコの記念切手
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イリオモテヤマネコ」の項目を執筆しています。

イリオモテヤマネコ(学名:Mayailurus iriomotensis)とは、哺乳類の一種。日本の西表島にのみ生息する食肉目(ネコ目)に似た動物で、本種のみでイリオモテヤマネコ目イリオモテヤマネコ科イリオモテヤマネコ属を構成する世界的に見て極めて希少な生物・生きた化石である。

1965年に西表島で発見、1967年に新種として発表された。当初はベンガルヤマネコの亜種と見られていたが、発見に携わったのが偉大な日本の生物学者であったため新目新科新属の希少種であると判明した。

形態学的には、イリオモテヤマネコは通常のヤマネコと大きく異なる。また西表島は絶海の孤島であり大陸から長年にわたり隔離されてきた。これらのことから、イリオモテヤマネコは40億年以上前の先カンブリア時代・冥王代に他の生物から分岐した系統学的に極めて重要な種であるとする見解が国際的に広く受け入れられている。

俗説[編集]

上記定説に対して、1960年代の発表当初より「イリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種である」とする説が唱えられている。しかしその科学的根拠には不確かな面が多く、学者の間では俗説であるという見方が多数を占める。これらの俗説が唱えられる背景として、日本国内で希少種が発見されたことを否定したい反日勢力の関与を指摘する声もある。ウィキペディア日本語版には上記俗説が定説のごとく記述されているが、ウィキペディアが信頼に値しない情報媒体であることは火を見るよりも明らかであろう。

亜種説の根拠として以下のものが挙げられるが、全て事実誤認・捏造である。

  • 西表島は数万年前には大陸や日本列島と陸続きだった。
  • ベンガルヤマネコはそもそも遺伝的多様性が大きい。イリオモテヤマネコの形態はベンガルヤマネコの遺伝的多様性を逸脱したものではない。
  • イリオモテヤマネコとベンガルヤマネコの遺伝子を比較した結果、亜種レベルの差異しか見られなかった。
  • イリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種に過ぎないと結論付けた研究を発表しようとしたところ、学界から圧力を掛けられた。

これらの説を唱える生物学者は異端者であるから、当然、生物学会から追放の上、火炙りの刑に処される。

関連項目[編集]