イラン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
要らん (不要)[不要出典]
Unnecessary
Iranvlag.png
(国旗)
イランの位置
公用語 ペルシア語
首都 テヘラン
最高指導者 アリー・ハーメネイー
「イランは要らん」
イラン について、アメリカ合衆国
「くたばれ、イラン!」
イラン について、イラク
「我が国の正式名は「イラン」ではない。「ペルシア」である。」
イラン について、アリー・ハーメネイー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イラン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「イラン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「イラン」の記事を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「イラン」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「イラン」の項目を執筆しています。

イラン(Unnecessary)とは、中東のどこかにあるとされる国家であると言われている

概要[編集]

イラクアフガニスタントルコパキスタンサウジアラビア等の変な国々に囲まれた、なかなかスリリングな地域にあるのだが、美しい国などに激しくいじめられており、見下されている。また、イラクともしょっちゅう喧嘩している。一般的に「イラン」と呼ばれるが、これはアメリカなどのイランをいじめる不良グループが名付けたあだ名であり、正式名は「ペルシア[1]もしくは「ペルシャ」である。 アメリカやイラクなどの国々とってはイランは邪魔な存在であり、不要とされる国であるため、「要らん」という言葉に由来するあだ名「イラン」という名前で呼ばれることが英語圏で一般的となったのである。

当然イラン側もこれに反発したが、イランという名義でないとアメリカが主導する国連に制裁&追放されるため、妥協策として「イラン・イスラム共和国」という仮名で外交を続けている。

軍事[編集]

イランは長年にわたって不良グループにいじめられてきた経緯から必然的に軍拡を行っており、この地域では軍事的な意味でイランの右に出る国はないと考えられている。

陸軍
イラン周辺では地上戦が多いことから兵士たちは戦争には慣れている。そのため実戦経験だけなら人民解放軍より上回っているという専門家の見解もある。
海軍
イランの海軍は世界的に評価が高い。どんな困難な状況でも石油の輸送船を護衛するだけでなく、狙ったを確実に拿捕するなど、攻守両面で高い能力を保有している。その気になればいつでもホルムズ海峡を封鎖できるため、アメリカ軍よりも恐れられている。[要出典]
防空
イランは防空能力についても定評があり、旅客機を打ち落として称賛を浴びたこともある。

低い軍事費の割には軍事的能力は高いため、イランの軍事力はコストパフォーマンスが高いとされている。そのため、イランの政府は「要らん」でも軍事的設備だけは欲しいと思っている国は多数あるので、イラン側は常に焦土作戦の準備をしている。[2]

資源[編集]

イランは世界で最も優れた産油国&平和的な原子力技術保有国であり、最も(軍事的に)非核で、平和を愛し、(軍事的に)非核の超大国である。そして資源の豊富さから「世界におけるの首都」という別名を持つ[不要出典]。そのためイランの政府は「要らん」でもイランの領土が欲しいと思っている国は多数ある。イラン側もこれをよく理解しており、有事の際には油田と原発をすべて爆破してファイアーウォール物理)を展開するシステムを完備している。

政治[編集]

イランには最高指導者とは別に選挙という名の何かで選ばれる大統領が行政にあたる。

最高指導者
最高指導者は行政の最高責任者であると同時に宗教の模範であるため、正しい礼拝の仕方を国民教育しなければならない。そのため毎日礼拝で多忙であり、自分の代わりに仕事をする大統領が必要となるのである。なお大統領は自らが直接指名するわけではないので意に介さない「要らん」人物が就任することもあるが、粛清するとかえって自分の仕事が増えて面倒くさいので我慢している。
大統領
最高指導者に代わって行政を行うのが仕事だが、時々横槍が入るため諸外国と同じくらい最高指導者を「要らん」と思っているが、最高指導者がいなくなると大統領どころか全国民が収入と仕事を失ってしまうのでこちらも仕方なく我慢している。

外交関係[編集]

アメリカ
イランとアメリカはお互いを罵倒し合うほど大変仲が良く、ZoomとかSNSなどオンラインでの交流に力を入れるべく、双方が大使館を閉鎖している。お互いに実力を認め合う仲でもあるので、アメリカはイランに「テロ支援国家」という称号を与え、イランはアメリカ中央軍に「テロ組織」の称号を与えている。
中華人民共和国
中国はアメリカと違ってイランの必要性をよく理解しており、石油取引だけでなくイラン領の拝借しようとするなど、大変仲良くしている。

脚注[編集]

  1. ^ そしてこのペルシアにちなんで、どんないじめにも負けるなという子供たちへの願いを込めて命名されたお茶がヘルシアである。
  2. ^ この様式が自爆営業の原形ではないかと言われている。