イラク戦争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「ハッハッハ!見ろ!人がゴミのようだ!!」
イラク戦争 について、ムスカ
イラク戦争開戦前の2002年7月に撮影

イラク戦争(イラクせんそう)とは、2003年3月に行われたテロオリンピックである。開催者はアメリカ合衆国。金メダルはイラクの石油である。

主な参加国[編集]

中国ロシアフランスドイツボイコットした。

また、アマチュア精神旺盛な選手が自費で中東各地から参加している。その中でもメダル候補は何と言ってもリビアだろう。

ハイライト[編集]

開会式[編集]

3月17日にジョージ・ウォーカー・ブッシュが開会宣言をする。イラクではこの日を体育の日として国民の祝日にしている。また、聖火爆撃機バグダッドに投下され、その様子は各国で報道された(イラクではそれを記念して名物の油田に聖火を点火している)。

ファルージャの戦闘[編集]

アメリカ合衆国対イラク武装勢力の試合。米軍無差別爆撃で地元住民を1000人以上殺ったのに対し、イラク側は米軍兵士を4人殺った。この試合はテレビでの視聴率も高かった。

ザルカウィの敗退[編集]

イラク各地で高得点を決めてきたザルカウィだったが、2006年6月7日、バクバ市で行われたアメリカとのチーム戦に破れイラクの地を去った。

閉会式[編集]

2ヶ月あまりに及んだイラク戦争も、ブッシュによって勝手に終わらされた。これは賞品である甲鱗のワームを本当に取られるのを恐れたためとされる。しかしながら、熱心なテロリストは未だに試合を続けている。甲鱗のワームはもう無いのにね。死者推定65万人。

結果[編集]

ブッシュは危険な主導者としての支持率を劇的に増加させることに成功し支持率75%を達成。これは金正日の支持率(69%)を超えている。[1]

初参加・日本の活躍[編集]

今回、初めての参加となる日本は当初からマスコミなどで盛んに活躍が期待されたが、中途半端な結果しか残さなかった。これは若手の育成不足が主な原因と選手団長の大野功統が述べ、2005年に選手団長を辞任している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イラク戦争」の項目を執筆しています。
この項目「イラク戦争」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)