嫌み(いやみ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
イヤミから転送)
移動先: 案内検索

嫌み(いやみ)精神疾患(せいしんしっかん)の一種(いっしゅ)である。[1]

Wikipedia
ユーモア欠落症(けつらくしょう)患者(かんじゃ)のために、ウィキペディア専門家(せんもんか)気取り(きどり)たちが「嫌み(いやみ)」の項目(こうもく)を執筆(しっぴつ)していますが、難(むずか)しい漢字(かんじ)が多(おお)いので気(き)をつけてください。
Bouncypotato.gif
この記事(きじ)「嫌み(いやみ)」は何故(なぜ)か「皮肉(ひにく)」とネタや題材(だいざい)がダブっています。どちらが真実(しんじつ)なのかは神(かみ)のみぞ知(し)りますが、考(かんが)えすぎると頭(あたま)が痛(いた)くなりますよ。

症状(しょうじょう)[2][編集]

嫌み(いやみ)に罹患(りかん)[3]すると、他人(たにん)の親切(しんせつ)[4]が素直(すなお)に受(う)け入(い)れられなくなり、相手(あいて)が自分(じぶん)を馬鹿(ばか)にしている[5]ように感(かん)じてしまう。

感染原因(かんせんげんいん)[6][編集]

自分(じぶん)に対(たい)する自信(じしん)のなさや、相手(あいて)に対(たい)する劣等感(れっとうかん)[7]が主(おも)な原因(げんいん)。[8]

また、京都出身(きょうとしゅっしん)[9]の人(ひと)は話(はな)している相手(あいて)に嫌み(いやみ)を発症(はっしょう)させやすい。

検査方法(けんさほうほう)[10][編集]

相手(あいて)に馬鹿(ばか)にされた[11]、嫌(いや)がらせをされた、と感(かん)じた時(とき)、相手(あいて)の表情(ひょうじょう)や態度(たいど)で判断(はんだん)する。

ただし、精神疾患(せいしんしっかん)の一種(いっしゅ)であるため、自己診断(じこしんだん)[12]は推奨(すいしょう)されない。[13]

治療方法(ちりょうほうほう)[14][編集]

気(き)にしない事(こと)が大事(だいじ)。

相手(あいて)は自分(じぶん)[15]に対(たい)して良(よ)くしようと思(おも)っているので、それを素直(すなお)に受(う)け入(い)れることが重要(じゅうよう)である。

脚注(きゃくちゅう)[16][編集]

  1. ^ 精神疾患(せいしんしっかん)というのは、心(こころ)が普通(ふつう)の状態(じょうたい)ではないということ。
  2. ^ この病気(びょうき)にかかるとどうなってしまうか。
  3. ^ 罹患(りかん)というのは、病気(びょうき)にかかること。
  4. ^ あなたのためにしてくれたこと。
  5. ^ あなたの頭(あたま)を悪(わる)く変(か)えようとしている、という意味(いみ)ではなく、あなたを馬鹿(ばか)のように扱(あつか)うことで嫌(いや)がらせをする、という意味(いみ)。
  6. ^ どうしてこの病気(びょうき)にかかるのか、ということ。
  7. ^ 相手(あいて)と比(くら)べて自分(じぶん)が負(ま)けているように感(かん)じること。
  8. ^ 主(おも)な原因(げんいん)というのは、そういう人(ひと)が多(おお)いという意味(いみ)。
  9. ^ 東京都(とうきょうと)ではなく、日本(にほん)の西側(にしがわ)にある場所(ばしょ)。地図(ちず)で西(にし)は左(ひだり)の方向(ほうこう)。
  10. ^ この病気(びょうき)にかかっているかどうか、調(しら)べる方法(ほうほう)。
  11. ^ 頭(あたま)を悪(わる)く変(か)えられた、という意味(いみ)ではなく、馬鹿(ばか)のように扱(あつか)われた、という意味(いみ)。
  12. ^ 自分(じぶん)で自分(じぶん)が病気(びょうき)にかかっているか調(しら)べること。
  13. ^ よくないということ。自分(じぶん)が嫌み(いやみ)にかかったかも、と思(おも)ったら、近(ちか)くの人(ひと)に聞(き)いてみよう!
  14. ^ この病気(びょうき)を治(なお)す方法(ほうほう)。
  15. ^ あなたのこと。
  16. ^ わかりやすくするための説明(せつめい)のこと。