イタコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

イタコとは、日本に生息するシャーマン的な機能を持つUMAの一種。大抵人間の老婆に似た姿と流暢な東北弁を話す。ちなみに茨城県イタコ市出身である。

概要[編集]

イタコとは、日本産のシャーマン型UMAの一種であり、死者のと交信もしくは自らの体に憑依させる能力を持つ。決してスタンド使いではない。人間の老婆に似た姿をしているものが多いが、稀に若い女性の姿をしたものや男性の姿をしたものも出現する。

生態[編集]

あの世との交信を行う。
あの世と交信を行うことで、死んだ人からのメッセージを受け取ることができる。
降霊を行う。
あの世に行ってしまった人のを自分の体に入らせることで自分で喋らせたりメッセージを大事な人に残させる。外国人の霊でも日本語で喋るのは、イタコの体内にある英語嚢(えいごのう)等に代表されるイタコ翻訳袋と呼ばれる臓器によるものである。
好んで楽器を演奏する。
楽器を演奏するともノリノリになるので、イタコは好んで楽器を演奏する。

その他の生態については人間きわめて近い。イタコは人間の女性が突然変異を起こして生まれるのが主だった増え方であるが、稀に男性で突然変異を起こすものも居る。

主な生息地[編集]

東北地方の山中に好んで生息する。中でも多くのイタコが生息するのは恐山と呼ばれる場所である。

関連項目[編集]


この項目「イタコ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)