イソギンチャク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

イソギンチャク(磯巾着)とはマリーンレジャー専用の大人の玩具である。

概要[編集]

男女共用だが、女性が使用するためには特殊なプログラムをインストールする必要がある。と同じく形状記憶型特殊合金製で使用感は非常によいと素潜り漁業者の間では人気だが、もれなく金属アレルギーをプレゼントされて大事なところが使えないのに3倍になってしまうという悲劇を防ぐためにも専用のコテカの装備を心がけたい。

本体底部の吸盤で壁や机に固定して使う事ができるが、一度貼ると剥がすのは非常に困難。

改良型[編集]

イソギンチャクの通販カタログ。
  • ヌメリイソギンチャク
自走式のイソギンチャクである。触手モンスターの通称で呼ばれる。特に独身女性に人気が高い。カモフラージュのためにひよこ型に偽装されていることが多い。最新型は3種類の薬物注入機能(通称刺胞)を備える。
  • イソツビ
陸上で使用でき、使用時にコテカを使用しなくてもアレルギー反応を起こす事がないよう改良された。いわゆるオナホールである。
  • コシギンチャク
河童もしくはキツネのようなフォルムが特徴。もはやイソギンチャクとは別物に見えるが、吸盤の威力だけは未だ健在。

付属品[編集]

一部のイソギンチャクにはオマケが付いていることがある。

  • クマノミ
忘れ物ファインディングしてくれたりするので一時期初心者が飛びついた。だがイソギンチャクの触手とファイティングして、その影響で触手が故障する事がよくあるので現在はあまり使われていない。
  • カニ
剥がすのが困難なイソギンチャクを簡単に剥がしてくれる上、別の場所に運んでくれる優れもの。間違って自分のナニを鋏まないようにしよう。

著名な愛用者[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イソギンチャク」の項目を執筆しています。
Nodasori.jpg この項目「イソギンチャク」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)