イサキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

「はっ!はぁぁぁあんっ!イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??」
イサキ について、出会い系で知り合った10歳以上年上のオジサン
「私はフィシングがとても好きです。

それにしてもこの電子掲示板を見るかきり日本のあお方はホモセクシャルばかりなのですか?

温かうはるになったのでつくし摂りに六尺のアニキのマラでオッス!オッス!オッス!オッス!オッス!オッス!オッス!オッス!ソイヤーッ!!」
イサキ について、日本文化に詳しい外国人


イサキ(伊佐木、Parapristipoma Trilineatum)は、スズキ目・イサキ科に分類されるの一種。東アジア沿岸の岩礁域に生息する魚で、食用や釣りの対象として人気が高い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イサキ」の項目を執筆しています。

神饌として[編集]

煮てよし焼いてよしで食材としても評価の高い魚であるが、日本人にとっては神代の昔から神話や伝説で親しまれてきた魚でもある。「古事記」の神代の段では、山幸彦海幸彦の釣り針を失い、わだつみのいろこの宮を訪ねる挿話がある。海の主である海神は魚どもを召しだして、それぞれ調べてみると、イサキの肛門にその釣り針が刺さっているのを発見。以来、神社の祭礼ではイサキは特別な魚とされ霊験あらたかな魚と見なされ、神社神棚神饌として奉納されることとなったのである。(例外的にを神饌として供えることもあるが、これはあくまでもイサキの代用品として、取り扱われる)。伊勢神宮出雲大社といった古式ゆかしい神社のみならず「ただの神社」でも行われていることに、この魚に対する日本民族の特別な感情を見ることができる。

イサキを囲んでの直会[編集]

神に奉納されたイサキもやがて祭事が一段落すると、神棚から下ろされ、神主氏子らのもとで饗される直会(なおらい)でめいめい食されることになる。酒が入り、祭りの気分が高揚したしたところで、アッーアッーアッーと高揚した祝いの声を響き渡らせることが、神の意にかなうこととされ、神を讃える重要な儀式となっている。地域によってその規模はさまざまであるが、六尺ふんどし一丁になった男性が肉体をぶつけ合うといった、激しいスタイルの祭儀も存在している。

仕事歌に反映するイサキ[編集]

特にイサキの取れる漁村では、この魚に対する強い思いが込められており、漁労の仕事の際にも、仕事歌として

♪お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??

と、問われると豊漁を予祝する歌を返すことが常道となっている。

♪…鯛とか、、、ヒラメがいっぱい捕れたよ

そしてさらに最も神聖な魚であるイサキの名が歌で呼び交わされる。

♪はっ!はぁぁぁあんっ!(掛け声)イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??

♪ああ。でかいイサキが取れたよ。今年一番の大漁だ。

♪大漁っ!!イサキぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!!(掛け声)」

ちなみにイサキは東北地方以南の日本沿岸、黄海、東シナ海、南シナ海に分布するが、南西諸島沿岸には分布しない。

結語[編集]

日本民俗信仰神道にとってイサキは欠かすことの出来ない魚である。神に仕える神主や禰宜の中にも、過疎化や都市化に伴う伝統的な地域共同体の崩壊とともに「イサキ信仰」が消滅することを憂える人々も少なくない。こうした人々の間で「イサキ講」を新たに結成し、その維持と普及を努めようとする人々を「イサキ男」と呼ぶ。従来の神主の格好ではなく、ゴム長ハチマキといったスタイルを選び取ったところに、漁村文化に対する敬愛の情を見て取ることができるだろう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]