イカ臭い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

イカ臭い(いかくさい)は、誤伝により生じたとされる新語。 イッカクサイ(一角犀)が誤り伝えられたとする説がある。イッカクサイは、1本の角を持つインドサイの事である。この語が早口で発音されたため、聞き手が促音(小さいツで示される音素)を認識できず「イカクサイ」と誤認したと考えられる。

ニカクサイ(二角犀)の誤伝とも言う。ニカクサイは文字通り2本角のサイで、アフリカ産のシロサイ・クロサイなどが該当する。イッカクサイ説に対し、ニカクサイ説を主張する研究者は、イッカクサイが6拍(かな文字6字で表現される日本語の単語を意味する)であってイカクサイは5拍であり、拍の数の違いが明白で、誤認は起こりにくいとして、ニカクサイを調音不充分のまま発音すれば語頭の子音nが聞き手に認識されず、イカクサイとなる旨説明する。

歴史学上の分析[編集]

どちらが正しいかについては、国立国語研究所の音韻分析調査も行なわれたが、決定的な要素は見出せず、いまだに結論が出ていない。

なお、サイは自分の糞をあたりに撒き散らす習性があり、このことから、明治初期に近代的な動物学が日本に導入された時には、ウンコクサイという学術名(学名ではない。学名はラテン語又はギリシャ語により命名される)が提唱されたが、文部科学省が、食肉目をネコ目、霊長目をサル目などと、何の合意もなしに勝手に改めたタワケな時代とは異なり、まだアカデミズムが幅を利かせていた明治期にはこうした名称は到底受け入れられず、数年を出ずして消え去った。しかし当時出版された極めて少ない動物圖鑑をたまたま目にした「クレヨンしんちゃん」の制作スタッフがこれに注目し、「雲黒斎の野望」(1995年)の完成に至った事は全く知られていない。

また、神聖ローマ皇帝カール5世(ハプスブルク家出身のスペイン国王)がイカ臭い修道僧JunkBasaraを処刑した時は歌劇にもなったことも知られていない。

上記のような、イカにも嘘臭い話をさす馬鹿者、いや若者言葉でもある。

関連項目[編集]


この項目「イカ臭い」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)