イオン共和国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
青:イオン共和国

イオン共和国(いおんきょうわこく)とは、大豊田連邦の構成国の一つで、旧三重県の北の外れに当たる。

イオングループの総帥である岡田克也の地盤である事から、「イオン王国」や「岡田王国」と呼ばれる事もある。又、エクストリーム・謝罪の本場である四日市を擁する事から、「異恩共和国」と揶揄される事もある。

概要[編集]

かつて石腹産業は硫酸生産量もトップだった。[1]

岡田京都(おかだきょうと。旧四日市市)が、長良共和国稲葉京都と並ぶ近江侵攻の拠点となる。紀伊半島侵攻の拠点でもあるが、東海併合の際に、鈴鹿市亀山市が、東牟婁郡民や奈良県民や滋賀県民からの「名古屋の横暴を懲らしめろ!!」「紀伊半島の分断を止めさせろ!!」という苦情を聞き入れた為に、実際に侵略するかはトヨタ様ホンダ買収気分次第である。尚、名古屋の横暴に対する東牟婁郡民からの苦情については「新宮市#論争・対立」を参照すること。

三重県に対する前線に当たるが、イオン共和国になった後も三重県と名古屋共和国とは親密な関係を持っており、言わば中立的、カメレオン的な立場である。実際に、方言は養老山地の端っこである木曽三川でがらっと変わっており、養老山地以西に位置するイオン共和国は畿内辯の地域である。

日本列島各地に進駐軍を設けるイオングループの発祥地で、明治時代の長州藩出身者の様に支配している。

又、エクストリーム・謝罪の常連でもある石腹産業の主力工場があり、温室効果ガス六価クロムの生産量は日本列島でトップシェアを誇る。

小泉自民党による、規制緩和の代表格の一つである、大店法撤廃によってさらに発展、今や日本一の勢力と規模を誇る帝国となる。

市町村[編集]

桑名市[編集]

洪水多発地帯である木曽三川のすぐ西に位置する。日本海側で言えば今庄、内陸側で言えば関ヶ原、東日本で言えば箱根峠碓氷峠みたいな所で、多発する洪水の影響で交流の壁となって来た。現在でも、桑名を境に東側が濃尾方言で、西側が畿内辯となっている。これは、織田信長豊臣秀吉上洛する際に、桑名ではなく関ヶ原を経由した事からも窺える。

東海併合の「なばな会議」の地である。市内にはナガシマ特殊機動隊が設けられ、高速攻撃車両「鉄龍2000」/木製攻撃車両「白嵐」などを製造している。しかし、長島は木曽三川の輪中に位置しているため、弥富市民からは「早く長島を弥富市に返しなさい!」って苦情が来ている。

いなべ市[編集]

名古屋共和国のトヨ車進駐部隊デンソー進駐部隊は大豊田連邦設立前から存在し、いなべ市への影響力が非常に大きい。近江侵攻の際の拠点の一つとも考えられ、両部隊は防衛を担当すると見られる。

他は……何かあったっけ?

川越町[編集]

名古屋共和国とイオン共和国へ電気を提供する川越火力発電所がある。

あと強いて言うなら……伊勢湾岸自動車道で名古屋共和国方面から岡田京都市街地に入る際、山奥にある「四日市東インターチェンジ」(東名阪自動車道)よりも、川越町の「みえ川越インターチェンジ」で下りてから名四アウトバーンで向かう人が多い。

悲しい町[編集]

地図を見た限りでは名古屋共和国である

木曽岬町は、名古屋共和国に陸続きしている干拓地であるが、イオン共和国に属する植民地である。1960年代に「陸続きの旧愛知県」と「木曽川を挟んだ旧三重県」との間で領地争いが始まり、名古屋共和国/イオン共和国となった現在も解決していない。

住民の大半が陸続きの名古屋共和国弥富市への合併を要望している事から、名古屋共和国軍は住民を救出すべく、弥富逓信部隊津島電々部隊・弥富分隊を派兵している。

それに対して領地を手放したくないイオン共和国軍は、桑名特殊警察JA桑名部隊などで応戦。

更にはイオン共和国軍とは別に、ナガシマ特殊機動隊が吸収合併させようと攻撃している。

この三つ巴の内戦による被害は甚大なもので、農地は荒れ、伊勢湾岸自動車道のインターチェンジは崩壊の危機に直面している。

寂しい町[編集]

  • 朝日町 - 駅前に位置する東芝による軍事産業が盛ん。
  • 東員町 - 共和国が管理する最高権力機関がある。東海環状アウトバーン(←トウカイって何?)
  • 菰野町 - かつての独立戦争の勝利により現在はイオン共和国の一部でなく、菰野公国となった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

四日市奪還作戦[編集]

養老山地から四日市までを名古屋共和国に侵略された三重県は、当然のこと默っちゃいない。あの手この手で奪還しようと躍起になっている。

三重軍の赤福師団(本拠地:伊勢)は、2006年10月に滋賀軍の屋台ラーメン師団(本拠地:敦賀)と小浜で会談。小浜の師団兵は、「鯖街道」で小浜と京都の交流が深かった歴史と、小浜が伊勢志摩淡路島と同じく奈良の都に海産物を贈った「御食国」だった歴史を紹介した。

この歴史を聞いて感銘を受けた赤福師団は、「三重県を畿内から切り離そうとしてる奴らは、霞ヶ関に騙されているんだ!!」「明治維新以後の畿内の歴史は、地域分断だけの黒歴史だ!!」って憤激し、名古屋との縁切りも辞さない事を宣言した。そして:(1)北勢から山城までの地域が緑茶の産地であり、(2)北勢と山城に挟まれた地域(伊賀甲賀)では「緑茶・忍者・焼物」が三大名物になっている事、(3)四日市が蚊取り豚に代表される陶器の街である事:の3点を挙げて、京都から鈴鹿と四日市までの道を「緑茶街道」として整備する構想を掲げた。

もう一つは、交通で京都志向と南北連絡の強化である。敦賀には京都大阪からの新快速が乗り入れを始めたが、北勢には奈良・京都・大阪からの新快速が乗り入れしておらず、三重県と滋賀県を結ぶ連絡高速道路も未開通であった。この現状を打破する第一歩として、2008年2月には新名神高速道路を開通させ、伊勢(紀伊半島東岸)から敦賀(若狭湾岸)までを高速一本で行けるようにした。

関連項目[編集]