イエローカード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、球蹴りのイエローカードについて記しています。黄熱病予防接種証明書については、イエローカード (検疫)をご参照ください。

イエローカードは、サッカー中毒を治療する特効薬である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イエローカード」の項目を執筆しています。
選手を治療する医師。

概要[編集]

サッカー中毒は、サッカーをプレイする選手にとっては常に付きまとう職業病である。初期には自覚症状はほとんど無いが、進行すると、頭突き報復行為などの症状が現れる。そこまで進行するともう手遅れで、残された治療法は一時的にサッカーから強制隔離することのみになる。イエローカードは、そのような悲しい事態を避けることを目的として黄色いハンカチを参考に開発された特効薬である。

処方[編集]

危険なタックルをする故意に試合進行を遅らせる反則を受けたように装うゴールの喜びのあまりにユニフォームを脱ぐなど、サッカー中毒の中期症状が出た選手に黒衣を着た専属の医師が処方する。イエローカードの処方に関しては、高度の専門的な知識が必要とされるため、専属の医師になるには特別な資格が必要となる。また、FIFAワールドカップなどの大きな大会では、サッカー中毒の危険性も大きくなるため、世界中から選抜されたさらに厳しい条件を満たした者のみが治療することを許される。選手に対して黄色い紙が提示されたら、それはすでにイエローカードを処方された証である。なお、イエローカードには、副作用を防ぐため一日一人二回までという用量の制限があり、2回目のイエローカードを処方された患者は、危険防止のため、また大量使用による効果の低下を防ぐために、一時的にサッカーから強制隔離される。

他の病気への応用[編集]

似たような病気は他の競技でも発生しうるものであり、この薬はサッカー以外の競技でも広く応用されている。ラグビーバレーボールアイスホッケーなどの中毒症状の危険性が大きいスポーツや、ハンドボールフットサルなどのサッカーに類似したスポーツにも多く見られる。最近ではスポーツ以外の分野でも応用が検討されており、すでに臨床試験を終え、認可を待っている状況にある。

問題点[編集]

この薬の問題点は、速効性は高いが効果が1試合しか持続しないことである。何度も使用すると効果が薄まってしまうという弱点もある。また、選手もこの薬の処方を逃れようと様々な手段を講じるようになり、サッカー中毒の根本的な治療には使えないのではないかという意見もある。そのため、各国のサッカー協会は、イエローカードの処方に独自のガイドラインを持っており、各選手に処方されたイエローカードの数を記録し、一定の回数処方された選手は一時的にサッカーから強制隔離する措置をとるようになっている。

関連項目[編集]