アーリア民族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

アーリア民族( - みんぞく)とは、インド・ヨーロッパ語族の諸言語を使う全ての民族の共通の祖先となった民族である。また、現在ヨーロッパに住む人々(当然の事ではあるが、ユダヤ人等の劣等人種は除く)の事を指して使われる場合もあり、現在ではそちらの方が一般的である。

概要[編集]

アーリア民族は、人種学的に見て全ての人種の中で最も優れた民族であり、この事は進化論などによって強固な裏づけがなされている。また、「アーリア」という語はサンスクリット語で「高貴な」という意味であり、この事からもアーリア民族が非常に優れた民族であることが伺える。

なお、現在ヨーロッパ広域に存在するアーリア民族であるが、その中でも特にドイツ人の純血は硬く守られていることで有名である。これは彼らが世界を支配するに相応しい民族であるとする主張の根拠の一つである。

起源と広がり[編集]

インド・ヨーロッパ語族の起源となった、サンスクリット語を話していた人々がアーリア民族の起源である。

彼らの多くはヨーロッパにおいて繁栄したが、その一部はインド極東地域にまで至った。いずれにせよ、彼らは他人種とは比べ物にならない能力を生かしてその土地における文化の基礎を作り、また多くの場合階級として君臨した。その例としては、インドにおけるヒンドゥー教の支配階級がアーリア民族、またはその混血であったことが挙げられる。(蛇足ではあるが、この事からイギリスによるインドの植民地化は正当なものであったと言う事が出来る。なぜならば、イスラム教徒に支配される以前のインドの支配者はアーリア民族であった訳であり、アーリア民族であるイギリス人がその地位を回復したとしても何ら問題は無いからである。またさらなる蛇足であるが、偉大なる総統閣下カースト制度を「南部の劣等人種から純血を守る方法」として高く評価していた。)

なお、日本人もアーリア人であったとする学説がある。それによると、「日本人はアイヌ人を祖先としており、アイヌ人はアーリア民族なのであるから、日本人は『東方アーリア人』とでも呼ぶべきアジア人の中でも特別な存在である」とされている。この説が第二次世界大戦時に第三帝国(全人類中最も優れたドイツ人の国家である)の公式見解として示されたこと、また、偉大なる総統閣下が日本人を「真実と正義の歴史を持つ誇り高き民族」と賞賛したことを考えると、この学説が疑いようの無い真実であることが分かる。

また、一定以上の麻雀力と、おだやかで純粋な心を兼ね備えた者が強い怒りや悲しみにあふれるとアーリア人としての真の力が芽生え、スーパーアーリア人に変身できると言われているが、過去の文献においてそれが確認できるのは偉大なる総統閣下ただ一人である。

民族音楽[編集]

アーリア人の伝統的な民族音楽は周辺民族の音楽と融合し、2000年前のものとは大分異なったものとなってしまっている。 ネギま!(火葬では無い方)のEDで使われている音楽「阿々利耶」は古代に天竺から中国を通じて伝わったアーリヤ人の伝統音楽を雅楽の楽器で弾ける様にした天竺楽の一つであり、 南アジア的な音階で「あゝりやいざ行けやあゝりや~」と歌われる部分は当時の旋律をほぼそのまま残している。

関連項目[編集]