アンチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

アンチ(暗知、暗痴)は、評論家気取りの厨房と大して変わらぬ存在で、インターネット類アンチ目の人種のこと。その多くは暇人で構成されている。


概要 [編集]

アンチは常に見えない敵と戦っている。アンチは他者の意見を常にマイナスに捉えるため、彼らの敵は無限と言っていいほどに多い。それでも大抵の場合アンチは勝利するが(理由はこの段落末尾)、時には圧倒され、ボロボロに負けることもある。がしかし、アンチにとって自分の戦いは常に正義の戦いであり、自分の主張にとって不都合な意見を言う者・自分に反論する者は絶対悪―なぜならそれは批判されている当人かその信者しか居ないはず―なので、どれだけ敗北を重ねようとも決して戦いをやめることはない。なぜなら自分が正しいはずなのだから。そのため多くの場合、相手はうんざりして無視することにする。するとアンチはこれを勝利と思い込み「論破」を宣言する。このためアンチの勝率は非常に高い。

勝ったからといってアンチの戦いは終わらない。なぜならまだ悪が残っているのだから。悪は全て倒さねばならないのだから。いや、もし仮にすべての悪を倒したとしても、また新たな悪がどこかで生まれるかもしれないのだから・・・そんなわけで、彼らアンチの戦いは永遠に終わらない。今あなたがこの文章を読んでいる間も、彼らはどこかで戦いを続けているはずである。まるで正義のヒーローか、あるいは悪夢にうなされる夢遊病患者のように。

また、アンチが見えない敵と戦っているのに便乗し、一緒になって見えない敵と戦う便乗アンチというものも存在する。執着度こそ普通のアンチに劣るが、よく知りもしないものの事を他人につられて悪口を言う、いじめの原型と言ってもいい悪質な存在である。便乗アンチは芸能人のスキャンダルなどで度々発生する。例えばプロ野球選手の二岡智宏モナカアイスアナウンサー味を食べている所をスクープされた時には多くの便乗アンチが沸いた。


アンチの実態[編集]

厨房の中でも他人に積極的に関わろうとする悪質な種類のものが名を連ねている。彼らは何かを批判する事でしかアイデンティティーを保てない。現実では何の才能もない凡カスの場合が多く、何かに優れている人物を間近で見ると嫉妬心を起こすが、自分には何の特技も無いため社会的に評価されるような正当な方法で真っ向から立ち向かうことができない。そのため劣等感のはけ口をインターネットにぶつけ、日頃の鬱憤を晴らしている。彼らは悪質だが自己犠牲の精神が強く、自分が作品を楽しむ心を犠牲にして批評をするボランティア精神に溢れる種類の人間なのだ。

また特定のジャンルでインターネットでの人数がアンチの方が勝っているからという理由で、日本全国でもアンチが多いのではと勘違いして喜ぶ消防も発生している。はっきり言う必要もないが学業や仕事で疲れているファンは、わざわざ掲示板には書き込まずに、暇があったら好きな特定のジャンルに関する趣味や睡眠に時間を費やしている。放置しておくことで文化の発展や社会の質の向上に専念しているのだ。


アンチの効果[編集]

アンチは気質が気質の為、ネットで度々信者と激突する。無論、アンチは基本根暗なので現実では何も言う事ができない。激突の回数が多ければ多いほど戦場は広がり(2ちゃんねるのスレ速度が上がり)、兵士は次々と戦場へ送られていく。しかし戦場が広がれば得をする者達がいる。そう、批判されている作品を作った人達だ。

戦場が広がれば戦場を見る人が多くなる。その戦場で争われている作品の事を知らなかった人が興味を持ち、ニヤニヤしながら事の成り行きを見守っていたが、気になり始めて本屋に出向き原作を手に取る。その原作が気に入らなければ買わない。その原作が嫌いなら買わない。その原作がまあまあ気に入れば買う。その原作がすごく気に入ればアニメのDVDまで買うかもしれない。

しかしこれはアンチと信者がチャリティー・ディベート大会をしなければ生まれない可能性なので、アンチは漫画アニメ業界には必要不可欠な実質的協力工作員である。本当に恵まれていない作品はアンチが出現しない作品で、アンチが現れなければ注目度の低さを否めない。

アンチは鬱病[編集]

ある記事から引用 心理学では「<<感情一致効果>>」 というものがあります この法則、要するに「人間は無意識に自分の感情と一致した情報ばかり集めようとする」というもの。 プラスな気持ちでいればプラスな情報ばかり。マイナスな気持ちなら、やはりマイナスな情報ばかり記憶に残ってしまう、という心理のことです 頭がとても残念な「アンチ」と呼ばれる方達は 感情一致効果でマイナスの部分ばかりを見たり探したりしていますよね?

それは病気の<<双極性障害>>の可能性が高いですまじでございます 簡単に言えばうつ病なんだよ~ん 双極性障害の特徴として 1.<<自尊心の肥大>>:自分は何でもできるなどと気が大きくなる。しかし当の本人は極端に謙虚な事も多い。 2.睡眠欲求の減少:眠らなくてもいつも元気なまま過ごせる。(身体の疲労を自覚出来ず、過労死した例が過去にある) 3.多弁:一日中喋りまくったり、手当たり次第に色々な人に電話をかけまくる(メールのやりとりをするケースもある) 4.観念奔逸:次から次へ、アイデア(思考)が浮かんでくる。具体的には、文章の途中で、次々と話が飛ぶことなども含まれる。 5.注意散漫:気が散って一つのことに集中できない。落ち着きがなくなり、心拍数が増加する。 6.活動の増加:仕事などの活動が増加し、よく動く。これは破壊的な逸脱行動にも発展しうる。 7.快楽的活動に熱中:クレジットカードやお金を使いまくって買物をする、性的逸脱行動に出るケースもある             (wiki出典) くわしく言うと

無意識的にマイナス思考になると脳へ情報を送る時

セロトニンなどの神経伝達物質に対する過敏性があり、

そのために、神経伝達が不安定になるそうです

これが双極性障害につながるそうです



「アンチちゃんまじアンチ」   (信者


簡単に説明してやろう

感情一致効果ってやつがあって マイナス面を見たり考えると無意識的に日常でもでちまう。わかるだろ?

そしたら神経不安定になっちまって

鬱病の完成ってわけだ

ざまあねえな

アンチの主な攻撃対象[編集]

特定の国家・政治家など[編集]

現在の日本でもっとも分かりやすいのが韓国に対するアンチだろう。いわゆるネトウヨなどがそうである。在日北朝鮮中国のことも一緒くたにしたり、時には別にみたり、自由自在である。上記の国によって日本が不利益を被っていることは事実だが、アンチたちにはそれを取り戻そうとか、これから先起こることが予想される不利益を防ごうといった考えは全くない。ただアンチ活動をするだけである。まさしく病気といえよう。


フリーター・無職・ニートなど[編集]

これも現代日本の病理である。ここに分類されるアンチはだいたいの場合「正社員であること」「労働していること」「所得税[1]を払っていること」を是とし、その逆のことに対してアンチ活動を行う。彼らアンチにとってフリーターやニートといったそれぞれの単語の意味などはどうでもよく、その時々で何をどう叩くかは気分次第である。


萌え[編集]

萌え絵やオタクに対してのアンチも存在する、最近では硬派厨と言われることも。

オタク的な人間は大半が「自分は違いの分かる凄い奴だ」と思いこむ傾向があり、結局方向性が違うだけでアンチである自分もマニアックな領域にどっぷりなのだがそれに気付いていないのがほとんどである。

自分の価値感に合わないからと言って叩くと思われがちだが、実はそういった人達は萌えに興味深々なのだ。エロを嫌がる中学生が実はものすごくエロいことが多いのと同じである。萌えを自分の中で認めるか認めないか頭を抱えて悩んでいる。ただ自分の萌えに対する拒絶をネットでもいいから示す事で、自らのアイデンティティーを確立している。だがむっつりスケベよりオープンスケベの方がまだ清々しいので、どちらが潔いかは明白だ。どうせなら萌え尽きろ!!

特定の作品[編集]

作品の信者との争いを起こす、信者と並んで最も迷惑な人種である。多くが「自分の好きな作品」を持ち、その作品に関しては痛い信者である。無意味科、壊古科、作画科、硬派科、などが属している。 場を荒らしたとしても周囲の矛先がその作品・ジャンル自体に向くことが多いため、アンチ活動の効果が高いとして非常に発生頻度の高い人種でもある。

『特定の作品に対するアンチ』となる理由は大よそ以下の項目に分けられる。

  • その作品の信者がウザイor攻撃された
全般的に被害者面をする。そのくせ、自分の好きな作品の信者の同行為は理由を付けて擁護する。
自分の好きなキャラクターが批判された場合、そのキャラクターが如何に人間的に優れているか・倫理的に素晴らしいかをクドクドと説きつつ、他の嫌いなキャラクターを侮辱するというスタンスをとって見下すのがアンチの定石。(そのキャラクターが悪役だった場合、そのキャラがいかに自分にとって理想的な悪役で、作品に必要不可欠な存在かを強調して批判されないように擁護する傾向にある。)そういった行為を行うアンチの二次創作にはキャラクターのメアリー・スー化現象が頻繁に起こっている。にも拘らず、自分の嫌いなキャラのファン&嫌いな作者にはメアリー疑惑を吹聴して叩きあげている。
信者兼アンチは、「客観性云々」と言っておきながら、大抵の場合自分のことを棚に上げる。そのため、純粋なアンチよりも面倒くさい存在である。
別のコミュニティで似たような主張を繰り返して第三者に迷惑をかける。
所詮糞餓鬼。
  • 妬みor僻み
「自分は好きじゃないのに人気があってウザイ」といったパターン。多くが「自分の好きな作品」との対抗意識を燃やしている、ただの糞餓鬼である。
いわゆる便乗厨。他のアンチの発言を真に受けて、便乗して同じ考えを抱いてしまう。自分の意見が希薄で、まともな発言は出来ない。例えば視聴率の低いアニメを中身も見ずに叩くなどと言った行為が見られる。
所詮糞餓鬼。
  • 失望
元信者だったが、「原作が自分に合わない方向に向かった」等の理由でアンチになるパターン。ただの我が侭である。アニメでこの手のアンチが発生した場合、視聴率が伸びる傾向がある。

また、彼らの行動も大よそ以下の項目に分けられる。

古今東西の過去の作品から『特定の作品』にわずかでも似ている部分を探し出す。
あくまで『疑惑』であり、一般の人から見れば曖昧なレベルであり、ただの言いがかりである。
しかし、その曖昧さゆえ真っ向から否定出来ない為、アンチは好んでこの手段を使う。
代表的な方法に『箇条書きマジック』がある。
「はいはい似ているね」で終わらせない。はっきり言えばしつこい。
たまに「影響を受けた」「インスパイア」では済まされないようなレベルのものを発掘してくることもあるが、大半は数年後にアンチ活動が衰退した後になってから、「あれ?よくよく考えてみたら他の作品でも結構真似してやってない?」みたいにふっと気が付いてしまう程度のものばかりである。
よくパクリと言われるものの一例(コマいっぱいに髪の毛がブハァ…ってなって登場する女の人、金髪ツインテールで吊り目のツンデレキャラ、無口無表情な美少女、特定のアイテムやモンスターのデザイン(モチーフが同じなのだから似てても仕方のないものばかり)、ある特定のキャラと一部キャラデザが似ている(偶然の可能性は一切指摘しない)、現実的に不可能な修行の仕方(よく考えればよくある)、靴から羽が生える(探せばいくらでもみつかる)、キャラクターの服装(最初はパクリでもパクリ合戦の結果、何年か後になるとみんなやっていて定番になってしまう。))
所詮パクリ疑惑を提唱するアンチはパクリパロディの違いが分からない小学生(下手したらそれ以下)でいっぱいなのだがうわなにをするやめr
  • 『特定の作品』自体を叩く
信者の巣で行った場合、大抵は逆にボコボコに叩かれて敗走する。無論信者がアンチの巣に乗り込んで行っても同じくボコボコにされる。
  • 『特定の作品』の信者を叩く
どの作品にも痛い信者はいる。それ故、同情を得られる場合も稀にある行為。
時折、信者とアンチの間で見るに耐えない酷い論争が発生する。
ただし結局の所作品その物の評価には関係無い事なので特に結論は出ず、無意味である。
たまに信者がおかしいからという理由で作品やキャラクターにまでその批判が飛び火することがあるが、やはり関係がないため実にウンコな循環である。そもそも、ネット上で特定の個人を批判したところでアンチは心理カウンセラーでもなければご両親でも、ましてや教師でもないため、その人間の人格が改善されるかどうかは甚だ疑問である。正しく○○の作品の影響を受けていた的なマスコミと同じ発想であるが大抵はそのことに気がつかない。
この種で叩かれやすい代表が腐女子である。
  • 『信者』のレッテルを貼る
どの作品にも当然、信者ではない普通のファンもいる。評価されている作品は当然として、クソの塊のような低評価作品でさえ、その人の感性によっては意外に楽しめたりする事もある。
そういった普通のファンに対して「この作品を評価しているから痛い信者!」とレッテルを貼り攻撃する行為も、アンチの常套手段である。
なお、言われた側が本当に痛い信者である場合や、痛い信者が逆に「この作品を批判しているから痛いアンチ!」と主張する場合などもある。どっちにしろ普通のファンなり被害者なりにとって見れば良い迷惑である。
『特定の作品』が話題になると必ず出現する。荒らし方は上記二つのほかに一見『特定の作品』の信者が貼ったかのように見えるコピペを貼ったり、『特定の作品』の信者の振りをして更に別の作品を叩くなど。
『特定の作品』にまったく関係ない者に迷惑をかけてもまるで気にすることはない。
  • アンサイクロペディアの編集
このアンサイクロペディアも、アンチにとっては格好の演説場である。『ネタだから』と言う言い訳を元に作品の悪口を書き連ね、『これはネタだから』を金科玉条に醜悪な記事を育て、それを批判されれば『ネタなのに必死過ぎ』『信者に違いない』とレッテルを貼るのである。

有名人物[編集]

人物(芸能人・アイドル・声優などに多い)に対するアンチは上記の特徴に加えて当人に対して実際に被害を及ぼす行動に出る場合があるため注意が必要である。 インターネット上では誰もが自由に主張することが出来るため、主な行動は掲示板や自分のホームページで誹謗中傷を書く事が多い。

また公式ブログやtwitterなどに直接誹謗中傷を書く輩もいる。それが原因で閉鎖されることなどがあるが、書いた当人たちは反省するどころか「メンタル弱すぎwwww」 「自分勝手すぎ。やっぱ糞だな」などと言って一向にやめようとしない。

基本的に当該人物を追い詰めて死に至らしめるか自分が飽きるまで続けるため、関係する人間は速やかにそのアンチを修正することが望まれる。 特に前者の場合、早急な矯正は必須である。

スポーツチーム・選手[編集]

読売ジャイアンツ老害などと言われつつも今日の日本野球界を支えた存在となっているのは、明らかに巨人信者ではなくアンチ巨人の貢献によるものである。 インターネットが普及どころかその概念さえなかった頃から、アンチ巨人と呼ばれる工作員が他球団主催戦を観戦するなどして他球団に利益を及ぼすことにより、他球団がプロ野球を行うことが可能になり、ひいては巨人軍の存在を大きなものにしてしまったのである。 だが、それらは全て読売の戦略だった。信者だけでは足りない、相手チームが無ければ野球は成り立たないという当たり前の事実に気付いた読売ジャイアンツは、日本プロ野球界における最強のヒールを買って出ることで、他球団に利益を及ぼし、ひいてはアンチ巨人と言う名のファンを増殖させる戦術に出たのである。 それ自体は効果的に作用した物の、娯楽の多様化などにより野球自体に人気が集中しなくなったこともあり、近年では効果を失いつつある過去の手法と認識されることが多い。

インターネットサイト[編集]

特定のサイトのアンチも非常に多い。かつては1ch.tvなどの精神病棟アンチサイトもいろいろあったのだが、今日ではその殆どが消えてなくなった。

ただ、彼らを観察していると、その多くがそのサイト厨房と呼ばれるような言動ばかりして、スレッドから爪弾きにされたり、罵倒されてアンチ化したものであることが分かる。 結局のところ、そのサイトで住民の誰もが自分を崇め奉れば、絶対にアンチになるはずはないどころか、それこそ狂信的な信者になっていたはずだったのである。 だが、世の中はそんなに甘くないため、今日もどこかの厨房がアンチ特定サイトと化すのであろう。

つまり、アンチ特定サイト特定サイト信者になれなかっただけ、或いは特定サイトで名を上げようとして邪魔もの扱いされたいらない子だっただけなのである。

また、もう一つの特定サイトのアンチも、そのほぼ全員がもう一つの特定サイトの信者のなり損ない、或いはいらない子である。 こちらは、Yourpediaという精神病棟アンチサイトが健在らしいが。 なお、強調しておくが、アンサイクロペディアもう一つの特定サイトのアンチサイトでは断じてない

アンチに対するアンチ[編集]

主なパターンとしては上記の様な過激な行動を起こす人種への嫌悪の場合や、単に否定的な意見全てを認められない場合などが確認されている。 アンチという存在自体が「嫌なら(継続して)見るな」と「(批判(実際には罵倒だが)が)嫌なら見せるな」の対立構図を抱えていることもあってそれらが言い争いの構図になることがほとんどである。

アンチの行動パターン[編集]

アンチは基本的に悪い所しか見ず、良い所には目もくれない。昭和時代の姑の嫁イジメのイメージと言えばわかりやすいだろう。人物の場合はビックマウスが叩かれる傾向にある。これは自信が持てないアンチ共が自分にできない事を平気でやってのける者に対して、しびれたり憧れを抱く事が出来ずに劣等感を抱いてしまうからだと思われる。

例を挙げれば人間ではないがサイボーグであるイチロー選手の場合、特徴にはあまり四球を選ばないプレースタイル、メジャーリーガーではホームランを打たない方の選手、内野安打が多いなどがあるが、それを無理やり批判に結びつける批評テクニックがある。この際の決まり事は次のようなものだ。

  • 「出塁する事より安打記録しか頭に無いチームプレイを無視する奴は最低だ」
これは本人の性格を批判する為のテクニックだ。イチローの自己主張が強いからといってチームのことを考えていないという風に印象付けようとする力技。この際、他に四球を狙って結局三振したり打ち取られたりする選手が多くても気にしない。彼自身の出塁率が他の選手と比べて低くなくても気にしない。もし出塁率を批判したいならメジャーでもトップクラスの打者と比べなければならない。
  • 「こいつは長打を打てない非力打者だ」
一番打者の役割をあえて口にしない。実はイチローの長打率が低くない事実は無視。仮に低くても盗塁しちまえば同じじゃねえかという意見は、イチローの最も輝く長所である足を認めてしまうことになるので、全力をもって圧殺しなければならない。
だいたい、彼は年間40本いけると言っている。[本当]
  • 「内野安打なんてヒットの内に入らねえだろ。」
野球のルールを理解してはならない。
  • 共通
長所である足の速さや守備力や強肩の話題には触れない。滅多に無いが守備でよろしくないプレーが出た時は徹底的に叩く。盗塁が失敗した時も同様。

以上のテクニックを身につけても、周りからはドン引きされるだけである。

結論[編集]

そもそもそ執着し続けて悪口を言い続ける事自体、好きな女子に素直になれない小学生ツンデレと似通っている(ただしアンチに「デレ」は無い。容赦するほどの精神的余裕が現実に無いのだ。)。どんな良い作品にも欠点があり、悪い作品でも優れている所があるのだから良いも悪いも、結局のところ本人次第である。この漫画も、見方によってはクソ漫画ではなく壮大な一発ネタなのだ。

全てのアンチに共通して言える事は『協調性に欠ける』という事である。そして大半は悪い魔法にかかっているのである。マトモな感性を持っている人間は、『自分の嫌いな作品』があっても気にも留めず、アンチ活動は行わないからである。やはりこのような人種にはカルシウム乳酸菌が必要である。

 アンチは逮捕される可能性がある[編集]

憲法には表現の自由というものがあるが、表現の自由は、他の基本的人権同様にその濫用によって他者の人権を侵害してはならないと解されているのだ。つまり相手側が迷惑をかけていないにもかかわらず、不特定多数の見ているネット上で根拠のない憎悪や差別的表現をすることは相手の表現を間接的・直接的に妨害している事になり、迷惑をかけるため「憎悪の表現の自由」は保障されないのだ。

最も、「架空のキャラならいいんじゃないのか?」という疑問を抱いた人もいるだろう。答えはNOだ。 実は架空のキャラクターへの批判も違反になる可能性があるのだ。あれ?存在してないのになんで?て? 架空のキャラクターには必ず実在する作者・出版社がいるためだったりする。なので彼らの商売道具である架空の作品の名誉を毀損して評判が落ちたり、売れなくなるようなことをやったりすると、もれなく業務妨害罪・名誉毀損罪・信用毀損罪になるらしい。実在の作者とか実在のファンを絡めたらさらにその危険度が高まるかもしれない。架空の作品だけではなく食べモノとか、著作権のあるものは全て駄目なのだそうである。まあ基本的には対象が何であれ、過激なアンチ活動は違法なのである。だいたい攻撃の自由なんて認めたら窃盗や、さらには殺人の自由を認めたことになるから駄目に決まっている。

要はアンチは「マンガ・アニメ・ゲームを規制している連中」と同じ、いや、それ以下のカスなのである。

脚注[編集]

  1. ^ なお、なぜか彼らは所得税のことを「税金」としか言わない。所得税は日本の税制にたくさんある税のうちの1つに過ぎないのだが、彼らにとっては所得税以外の税金は税金ではないらしい。精神的脱税犯といえよう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アンチ」の項目を執筆しています。