アンサイクロペディア (エロゲ)/4

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
 <アンサイクロペディア (エロゲ)


アンサイクロペディアの女将として家を支える。
かぼ

物語終盤で現れるのびた姉妹の三女。卒業後はメインヒロインの一角に大出世した。のち、自ら役職を辞すという強い決断力を有する。

色々な理由があって利用者登録をしなかったが、最近何かをきっかけに利用者登録した女の子。新人のように見えて実はベテラン、頭脳は大人で体は幼女というリアルコナンたんである。秀逸な記事などをやたらめったら連発する記事作成者でもある。第一回執筆コンテスト、第一回加筆コンテストで空気を読まず優勝してしまったため、世界中の執筆者に命と貞操を狙われている。

シュールなようでいて記事は実に日本的なものが多いという典型的な大和撫子らしい。彼女の手料理の天麩羅を食べさせてもらえたらハッピーエンド間近である。質問に答えないとやきもちを妬いてキレるのでしっかりかまってあげよう。ただしあまりベタベタ指導されるのも好きではないらしい。いわゆるやきいも。このエロゲが違法コピーされないか常に心配している。最近、ものすごい新規記事候補リストを作り出して主人公に作らせようとしている。

精神年齢A+。IPユーザーを操る程度の能力を持つ。

実はメガネっ子。ちなみに人間のときはイヌミミではない。
ふぇんりる

春野秋葉の飼っている愛狼のうちの一匹。普段はメスのオオカミの姿をしているが、魔法一つで人間の女の子になることができる。現在は、病に伏したままの飼い主に代わって活動している。

人間としての彼女は、一見ラジオが大好きな普通の女の子だが、実は非常に優秀なくの一で、テンプレの製作や手裏剣の製作など、数多くいる忍者達を支える女房役として日々尽力している。彼女の部屋(小屋?)の周りにはラジオとジャンプ漫画が置いてあり、彼女のルートを進んでいく上では欠かせないアイテムとなる。ブログも持っているので、気づかいは意外と容易に行える。

精神年齢B。手裏剣とラジオ放送を操る程度の能力を持つ。

FeRox(フィメールロックス)
お祈りは済んだか、坊主。

自然とようじょのためだけに戦うミリタリーな白兵おねいさん。今日も64しょうじぅ片手にアンサイクロペディアをところ狭しと駆け巡り、畑を荒らすカメムシどもやタガメと戦う日々を送っている。バリケードと塹壕、地雷原と有刺鉄線に囲まれた丘の上の赤い屋根のおうちにあんぺたんやパンダの嫌々(イャンイャン)などの愉快な仲間達とともに面白おかしく暮らしている。下手に近づくと蜂の巣にされるのでご用心。

趣味は銃のお手入れ、お絵かき、兵隊さんごっこ(実弾使用)、サバイバルゲーム(実弾使用)と実に多彩で多能。最近はあんぺたんやあんこたんとともにアンサイクロクロスXXなどという変な陣形や一風変わったモビルスーツを開発しているらしい。ほかに映画も好きだが、鑑賞する映画は「アパァム!!弾もってこいアパァァム!!」や「貴様らのケツは海兵隊のものだ。分かったか豚娘ども!!」「地球連邦軍では皆様の入隊をお待ちしております」みたいな台詞てんこもりのバイオレンスなやつだけであり、休日はあんぺたんらと共にミルクティーを飲みながら鑑賞する。格闘技も大好きで、最近は三人一組の必殺技、アンサイクロエクスクラメーションをアテナの嬢ちゃんに内緒で開発した。

精神年齢A+。ゲッサム!ゲッサム!程度の能力を持つ。

「さ、お勉強しましょ。」
Ore_tatieno(オレ=タティーノ)

大阪民国出身の女の子。通称「たっちー」。英語が極めて堪能で、学園理事のCarlb師とも直接会話できるほか、国際情勢・時事などに幅広く通じており、その知識を生かしたニュース記事や時事ネタの投稿が多い。また、近現代史にも詳しく、「ダイエースプレー革命」や「西山事件」などの記事では、頭の固い百科事典サイトで扱われない“裏面史”を見事に活写した。その他にも、英語版から日本語版へと複数の記事を輸入した実績をもつなど、まさに“才女”と呼ぶに相応しいキャラクターである。

このような才女キャラであり、人気は高いものの、何故か攻略方法は未だ確立していない。彼女の会話ページには、2007年4月にようこそメッセージが書き込まれて以来、2009年3月まで他の者の書き込みは一切無かった。才女ゆえにやや近づき難いということなのだろうか。

精神年齢A。日本語版サーバの状態を、英語圏に向けて発信する程度の能力を持つ。

Squirrel san.jpg
POLM(ポゥルム、ポエルム)

名古屋共和国に住む漫画ライトノベル好きの女子高生スタジオジブリについて極度の興味を示している。ブラコンと評されるほどではないが、の影響を受けやすい正直な性格である。それはスタジオジブリの作品へ強く興味を抱くようになったところに最も強く現れている。その力を生かし、どうしても男性向け作品に傾きやすいアンサイクロペディアの文化面を多角化しようと、いろいろ努力している模様。

また、一般記事の文体以外は敬語しか話さないという礼儀正しい面を持つが、それは逆に全ての利用者に対して距離を置いて話すことを意味している。時々、記事の編集を間違えるというドジっ娘的な部分もある。彼女のシナリオを進めていくことで、彼女が敬語に拘る理由が明かされることとなる。主人公に心を開いてからは少しずつ敬語を使わずに話す姿も見られ、共通ルートで見せる彼女のクールな性格とはまた違う一面を見ることができる。

いつもリスさんを連れていて、時々そのリスさんがPOLMに代わって編集を行う事がある。

精神年齢A。日記を過去ログ送りにする程度の能力を持つ。

「あなたを、殺しに来ました。」
バッドエンドルートでの1場面。この後主人公は、たっぷり嬲られた上に殺されることになる。
Old-gamer(オールドゲーマー)

戦争地震という2つの災厄から生還した幸運の少女。雪国あの国の正しい姿を世に伝えるべく日夜活動している。彼女が投稿する記事は大抵既に完成されており、赤いシールが貼られることは滅多に無い。が、稀にシールが貼られて彼女が困っている場合には、プレイヤーが加筆によってそのシールを剥がすことで、好感度を高めることができる(発生率はレアなため、見かけたらチャンスを逃さないようにしてほしい)。

趣味はレイプ。未熟な記事を見掛けると突然征服欲が沸き起こることがあるようだ。彼女に目を付けられた記事は、原型を留めぬほどに乱暴に犯され、弄ばれ、そして、何かが吹っ切れたような記事へと劇的な成長を遂げることになる。

プレイヤーが、タイミングを見計らってわざと低質な記事を投稿することでも、このレイプイベントを発生させることはできるため、「とにかく犯されたい」というM願望をもつプレイヤーにはお勧めのヒロインである。但し、レイプイベントが発生しても彼女からの好感度は特に上下しないが、イベント発生を狙って低質な記事を投稿し続けていると、他のヒロインからの好感度が着実に下がってゆくので注意。

精神年齢A-。利用者名を赤いまま維持し続ける程度の能力を持つ。

彼女のプライバシーを守るため、音声のみでしかプレイできない。
ドドンパ

日本に定住することなく、日本と某国との間を行き来する日々が続いている少女。現在では某国一の都市に住んでいるらしい。某国の検閲制度でアンサイクロペディアへ潜り込むためのルートがたびたび封じられるため、密入のための極秘ルートを探そうと日々奮闘している。一方、お互いの国からスパイとして疑われはしないかと、ときおり不安になるという。

基本的に記事の執筆を好む。新着記事に紹介されるばかりか秀逸な記事の執筆経験もあるベテランである。最近ではおすすめ記事を選定し、後進の指導に尽力しているようだ。

精神年齢B+。検閲をくぐり抜けて参上する程度の能力を持つ。

「以後気をつけます。」
NIGHTS(ナイツ)

V6ポルノグラフィティAKB48のファンである天然気味の女子学生。ある日突然登場するも、天然ゆえ学園のルールもイマイチ理解できず、生徒会役員から幾度も注意を受けた。しかし進歩はなかなか見えず、学習の日々が続いている。学園内では積極的に動き回り役員からは監視対象となっているが、本人はまだ気付いていない面がある。ポルノグラフィティの話題になるとつい熱く語ってしまい周囲が見えなくなることもある。いまどき珍しい素直シュール属性であると思われる。

夏休みの到来を新学期始まって早々から願っており、遊び好きの人物であると推測される。

精神年齢B-。人の話を軽く聞き流す程度の能力を持つ。

フェリシダー

こよなく漫画を愛する少女。特にチャンピオンに関しての思いは強く、「淑女(ないし紳士)たれ」という思想を持つチャンピオン教を崇拝している。またヒンニュー教も信仰している。利用者ページにも漫画のワンシーンを貼り付け、常に自らに抑制をかけて行動するよう努めている模様。

漫画を愛するが故、学園における漫画記事等の充実さについては未だ不満を持っている。それゆえ自らその記事を執筆するのみならず、未作成記事のリストを作成して執筆者を募っている。また学園の生徒会活動やイベント等にも積極的に顔を出すタイプであり、地道な活動が実を結んで次第に名が知られる存在となってきている。

精神年齢B。コンテストで張り切って皆勤賞をもらう程度の能力を持つ。

笑顔を見せる日はいつになるのか。
Hammerbros(ハンマーブロス)

黙々と記事にリンクを追加して、アンサイクロペディアを影から支えている無口系少女。 たまに記事へこっそり加筆をしているため、完全な整備系には徹していない。 ただし、その場面を見られる機会は本当に稀であり、同時にお近づきのチャンスでもある。 また、必要なページを作ってほしいとお願いしていることがあり、 お願いされた記事を作れば好感度が上がるかもしれない。

精神年齢A。標準名前空間への投稿割合が300%を超える程度の能力を持つ。

Nana-shi(ななし)

「吾輩はNana-shiである。名前はもうある。」

アンサイクロペディアにいつの間にか居着いていた文学少女。作家に関する記事をひたすら作成している。プレイヤーが文学関係の記事を作成し、それが偶然彼女の琴線に触れた場合好感度が大幅に上がり、おっさんの顔のついた自作のニンジャスターをプレゼントされる可能性がある。自分以外全てのアンサイクロペディアンを尊敬していると言うが、一番尊敬しているのはクラウス・ノミである。

精神年齢A。森鴎外 のヒゲを動かす程度の能力を持つ。

新木場(しんきば)
弱った彼女の姿(右)と激怒した彼女の姿(左)。このギャップには注意。

ピンクの長い髪を持つ女性。新木場駅にしばしば出没する。そのためか、いつの間にか「ミス・新木場」と呼ばれるようになり、彼女の希望から「ミス」を省略して、現在の名前になっている。彼女曰く、「本当の名前は別にあるけど、あなたたちがそう呼びたいならそう呼んでもいいわよ。」とのこと。そういうわけで、新木場と呼ばれている。
性格はツンデレで怒らせると物凄く怖い。さらに、彼女のビンタ攻撃は強烈。食らうと彼女の好感度が低い証。その一方自称華麗なヒロイン。口癖は、「うふっ。」(うふふとは違う)「いやん。」「オホッ。」など。お姫様抱っこしてあげたり、「新木場お嬢様」と呼んであげたりすると喜び、好感度も上昇する。
当初は攻略が難しかったが、最近彼女は精神が異常なので攻略がしやすくなっている。また、重度のアニメ好きで特にプリキュアが好きなので、困ったらプリキュアで釣ると効果的。しかし、彼女は最近ポケモン専門学校にも通い始め、さらにそちらで生徒会役員になってしまったため、攻略するならポケモン専門学校の生徒を味方につけるのも効果的。

精神年齢不明だが、意外と幼い。テンプレートを作成してまとまりのない記事をまとめる能力を持つ。

通快成東(つうかいせいとう)
通快成東たん。妹と同じピンクの髪。

新木場の双子の姉であり、同じくピンクの髪。新木場ルートの攻略条件として、彼女の好感度を上げておく必要がある。あるいは2人同時にアーン♥♥する「姉妹駅弁」イベントが楽しめるのも鉄道系ヒロインならではの醍醐味である。姉妹共同で部活を経営していた時期はこのイベントを狙いやすかったが、最近は狙いにくい。
通快勝東という別人格を持っているが、特に普段と変わらず、個性もないため誰も気にしない。 えふ氏ルート攻略後は携帯をお下がりの青いやつから最新機種の銀にワインレッドのストライプが入ったやつに機種変更している。
妹同様アニメ好きだが、彼女が好んでいるのはけいおん!である。彼女をプリキュアで釣ると激怒して逆効果になるので注意。

精神年齢は妹以上に低いが、具体的なランクは検閲により削除、自分の妹をエロゲに引きずり込み、売り飛ばす程度の能力を持つが、自分も引きずり込まれている。

珍項目制作に励んでいる。
フィクミア

読書が大好きないわゆる文学少女で、もちろん図書委員である。本を愛するあまり、旧校舎の一室を占拠して自分専用の図書室にし、蒐集した本を独自に管理を行うほどの徹底ぶりである。攻略のキッカケは新しい本を寄贈するのが最も有効であり、本の話で盛り上がりつつ、徐々に親交を深めるのが王道である。が、紳士であろうとするあまり何度もチャンスを逃してしまうと単なる「読書仲間」で終わってしまう危険性もあるため、注意が必要である。

精神年齢A-。厳しい叱責も真摯に受け止めて着実に成長する程度の可能性を持つ。

本人は既にハートにインしたおな状態なのである。
光(ひかり)

好きなもののところにR-18Gと堂々と記すちょっぴり恥知らずなジオン軍所属の女子学生。しかし、学園内にエロ本を持ちこむことは禁止されてるので、休み時間は可愛いお嫁様の写真集を眺めている光景が見られる。

実は不老不死もとい不死身の肉体を持っており、軍人としての実力は非常に高く評価されているという。また、自分と同じ立場にいるもこたんなる人物に愛とも言える忠誠心を抱いているので、攻略するのが難しい。

嫌いなものは百足Gで、百足には睡眠中に2回も足を噛まれたことがあり(実話)、そのトラウマのせいで睡眠中は靴下を履きながら寝る様になってしまった。なん・・・だと・・・。もし睡眠中に忍び込んでベットに百足を入れるようなイタズラをすると即バットエンド直行なので注意されたし。

もこたんを愛しているが、記事の貼り替えを行って疲労困憊して、もこたんの事が一時的に頭から離れている時に、感謝激励の言葉を掛けると割と簡単に攻略できる。

精神年齢B+。青リンクを正しく貼り替えて軌道修正する程度の能力を持つ。

礼儀正しいが本当はシャイな子なのである。
Mimi(みみ)

図書委員を務め、経済学を学んでいる女子学生。生真面目だと思われがちだが、実は天然でちょっとシャイな一面を持つ。更にツンデレの属性も持っていたりするため、裏では攻略対象として高い評価がされている。

学費を稼ぐ為に神社巫女のアルバイトをしているという専らの噂も持ち上げられている。礼儀正しく、責任感の強い子な分、よく自分を責め続けちゃう傾向があるので、そんな時は優しく声をかけてあげよう。音楽鑑賞が好きらしいのでその視点で話し合ってあげると素敵な音楽を提供してくれるかも。最近は音楽室を作る予定。

精神年齢B-。みんなの誕生日に温かいプレゼントを贈る程度の能力を持つ。

明後日の方向へ走りだす。
四天王寺前夕陽ヶ丘(してんのうじまえゆうひがおか)

NRVや五十嵐12号と呼ばれる強力な嵐の襲撃に何度も耐え抜き、ビューロクラットの救済によってその存在感を世に知らしめた新しい鉄道むすめ系ヒロイン。現在は大変目立つ署名でアンサイクロペディアに存在感を広めつつ、新着記事紹介にまで線路を伸ばすことに成功した。

当駅からは主に阪神タイガース教に向けて線路が伸びており、議論のコーナーにもいくつか駅を構えている。ただし、議論の駅には時々貨物列車を走らせることもある。また、大変几帳面な性格ゆえに、全角文字を見るときちんと整えたくなるらしい。現在は「年間2000投稿」の方に向けて線路を伸ばそうと頑張っている最中なので、資金援助をしてあげると好感度が上がるかもしれない。

会話ページやノートページでよく一言画像を駆使するが、先駆者の八月十五日三十郎氏に劣るとも優らない感は否めない。

精神年齢B。太字の強調を運搬する程度の能力を持つ。

雨に濡れた子猫を保護する。
軽N(けいえぬ)

魔王の誘いを振り切ってアンサイクロペディアに逃げてきた少女。猛烈な勢いでサーバーに Dos攻撃を仕掛け、新着記事掲載を何度も果たし、早くもエクストリーム・NRV剥がさせの代表選手となろうとしている。しかし本当はライトノベルやらフリーゲームの記事を執筆したいと思っている。

コンタクトを取りたければ、低レベルの記事をわざと作成することだ。運よく彼女に目を付けられれば利用者ページで優しくアドバイスしてくれるし、ひょっとすると粗品をもらえるかもしれない。

精神年齢N。懇切丁寧にコメントする程度の能力をもつ。

得意げにスクープを語る時のご様子。
micch(みっちゃん、みっち)

なでしこジャパンを夢見る女子サッカー選手。日夜練習に励む傍ら、普段は新聞記者として働いている。目指すサッカー界のニュースはいつでもばっちりチェックしており、女子サッカーだけでなく男子サッカー界のニュースにも注目を欠かさない。また過去には沖縄アクターズスクールに所属して芸能界を目指していた事があり、バードカフェ関連の番記者を務めた経験も持ち、スポーツ以外でも敏腕な面をのぞかせる。持ち前のバカ発見能力を駆使してスクープの匂いを嗅ぎ分け、アンニュースにスクープを提供する。

精神年齢B+。アンサイクロペディアを悪質なデマサイトに変える程度の能力を持つ。

過去に立ち向かいし少女の姿。
.Trashes(ドット、コギト・エルゴ・スム)

福岡筑豊地方の大学に通う学生。社会の荒波や筑豊地域特有のさまざまな危険にもまれながらも数学者を目指して日々勉強に励んでいる。もともとは記録者という名前であったためか、記者としても才能があるようだ。また、ルネ・デカルトを意識してかポエマーとしての一面も持っている。本来は活発で正義感の強い女の子だが、昔身近で起こったある抗争の恐怖から、ゴミ箱に引きこもる癖がついてしまった。さらに、生理と生徒会不信任動議の重なったケンケンにストーキングされて(もしくは、されていると思って)、アカウントを変えるなど、やや感傷的な一面も持つ。

精神年齢B。おすすめ記事を占拠する程度の能力を持つ。

真.jpg
真ロビンソン(しんろびんそん、クルーソー)

「真」と書かれた旗を振り回して、助けを求めてSOSを送っている漂流者。彼女が通った後の日記や議論はに染まる。アイフォーンならね。記事は、時事ネタから一般名詞にUnBook・UnNews・UnTunesなど執筆範囲が広く、どのジャンルも過不足なくかき分けるようだが、UnBooksっぽい記事や記事っぽい悲劇が多い様な気もしないでもない。ロビンソン・クルーソーと呼ばれると、83%、もしくは15.6%、本性が現れてしまうので、「せめて、クルーソーって呼んでよ……」と言って、あだ名がクルーソーになってしまった、というよりそうさせられてしまったちょっと不憫な子。ある時、靴下人形を使っていたのがケンケンにばれてあやうく退学処分になりかけたことがあり、それ以来若干自重気味。

精神年齢C。日常と風刺を織り交ぜる程度の能力を持つ。


ネタは新鮮が命と高らかに宣言。
88

新聞記者を目指す報道部。新聞を作るためなら手段を選ばず、常に時間と戦いながら1人で新聞づくりをする。学内ではあまり取り上げられない不謹慎なネタを新聞に作ることも迷わないようで、いざこざが起きたこともある。逆に言えば不謹慎なネタをいかにしてアンサイクロペディアの記事に落とし込むかを考えている努力家でもあると言えるので、そのために頑張る姿を見守ってあげるといいかもしれない。なお、半角数字を崇拝しているため、彼女を全角数字で呼ぶことは即ちBad Endルートに突入することを意味するので用心しよう。

精神年齢B。負を正にする程度の能力を持つ。


こう見えて実はかなりの根性持ち?
Missing340(みっしんぐみしま、みっしんぐ)

次期生徒会役員を目指して日々地道に努力している後輩キャラ。大人しいがしばしば先を急ぎ過ぎる傾向のあるドジっ娘。系統の一発ネタに拘りを持っており、関係したネタを持って話し合うことが攻略のコツである。過去、翻訳に目覚め、通訳案内士になる夢を持っていたことがあったが、すぐに飽きる。あるときは画像のカテゴリ整理をしていたり、またあるときは「 」に果敢に立ち向かっていたりしたが、やはりすぐに飽きる。熱しやすく冷めやすいタイプのようである。最近はアンサイクロペディアにも飽きているとか…

精神年齢C。見えないものを透かして見る程度の能力を持つ。