アンサイクロブレイク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィキブレイク」の項目を執筆しています。

アンサイクロブレイク(英:UncycloBreak)とは、アンサイクロペディアの執筆を中断してしばらくの間、活動停止するという意味のアンサイクロペディア用語の一種である。アンサイクロペディアでの連続投稿はユーモア枯渇症になる可能性があるため、管理者が率先してアンサイクロブレイクをとるよう勧めてくる場合もある。

概要[編集]

アンサイクロブレイクは、アンサイクロペディアンに与えられた憩いの時間である。この期間中、アンサイクロペディアンはアンサイクロペディアのことなんてすっかり忘れて自由な行動を取る事が許される。もちろん、期間中は投稿するネタを考えるのに無い頭を使って悩んだりする必要もないし、ウィキペディアhydeの身長は156cmを書いたりしても許される。

休暇期間は数時間から1年ほどが一般的だが、希にそのまま永久に休暇する者もおり、そうなった者は脱走者と見なして管理者の手によりハグされる。また、登録ユーザーである場合、休暇中でも毎日ノルマが溜まっていき、復帰後にこれをクリアしないとやっぱり管理者の手によりハグされる。なおこのハグはエターナルなんとかブリザードの仲間ではない。

アンサイクロブレイクするための方法[編集]

管理者から休暇を貰うまでの様子。

アンサイクロブレイクをする方法として最もメジャーなものはアンサイクロペディア内での破壊活動である。

破壊方法は多種多様であるが、ページの白紙化・意味の無い文字列の羅列・NRVの量産・メインページの書き換え・他人の利用者ページの書き換え等がポピュラーな破壊方法である。なお、筆者のオススメはあああああああああ!二番煎じ記事の作成で、これをすれば管理者に一発で名前を覚えてもらえる可能性が高いので非常に有効である。 また、マイナーではあるが保存ボタンを押しまくると、短期休暇が貰える。


管理者に気に入ってもらえれば、このまま1日~1年の休暇をもらえるが、もし気に入ってもらえなければ、破壊活動を繰り返す。何度もしていればそのうち休暇をくれるだろう。

アンサイクロペディアの破壊に気が進まないのであれば、別の方法として管理者と直談判することで休暇を取る事が出来る。確実に休暇を取りたいのであればできるだけ管理者と反対の意見を出し、管理者を貶す発言をし、意味のわからない発言をするべきである。上手くいけば、管理者が気を利かしてくれて、アンサイクロペディアを破壊することなく、休暇に移行することができる。

実情[編集]

一定期間の休暇を宣言して活動停止状態に突入したが、暇に耐えかねて休暇が終わる前に戻ってくる利用者も少なくない。アンサイクロペディア依存症の患者に多い。

関連項目[編集]