アルプスの少女ハイジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

あるブスの少女アルプスの少女ハイジ は、バリアフリー問題について取り上げたアニメである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルプスの少女ハイジ」の項目を執筆しています。
アルムでの生活の様子

あらすじ[編集]

スイスの山村に住むアルムおんじ(ハイジの祖父)のところに、5歳のハイジが預けられてくる。おんじはハイジを育てることになる。そして数年が過ぎた。

ハイジはフランクフルトの金持ちの家庭に預けられることになった。その家の少女クララの話し相手としてである。クララは歩けないので車椅子を使用していた。

クララの家はハートビル法に対応しておらず、段差のあるところでは召使のセバスチャンたちがクララを持ち上げて運んでいた。

そのあと、ハイジはアルムに戻り、クララもアルムに行くことになった。

アルムに行ってみると、そこはバリアフリー法の効力の及ばない地で、エレベータスロープはなく、人力で坂道を上げ下ろししなければならなかった。

そこで、同行していたロッテンマイヤーさんが、国土交通省に早く山にもエレベータやスロープ、エスカルといった設備をつくるように陳情に行った。

とりあえず、クララの移動用にスズキセニアカーを買ってきた。免許不要で乗れるバイク型の電動車椅子である。

あるとき、ハイジが言った「セニアカーがあるからそれに頼って歩けるようにならないのよ。」そして、ハイジはセニアカーのバッテリーを全部放電させてしまった。

クララは歩く練習に励んだがなかなか歩けないので、セニアカーを使おうとおもって保管場所の納屋へ行く。そして電源プラグのある場所まで移動させようとしたら誤って坂から転がしてしまい壊してしまう。しかし気がついてみるとかなりの距離を自分であるいていたのである。

国土交通省に陳情に行っていたロッテンマイヤーさんが、工事決定の知らせを持ってアルムにまたやってきた。そして言った「近日中にここでも車椅子が使えるようになりますよ」それを聞いたクララは立ち上がり歩きながら「もう車椅子は使っていないのよ」と答えた。

登場人物[編集]

日本語版では、登場人物の名前は全て日本語にされている。

ハイジ=楓(かへで)
彼女は幼い頃スイス傭兵としての特殊訓練を受けた。
エクストリーム・スポーツの一つハイジのブランコを始めた人として世界的に有名である。
クララ=本間久良子(ほんまくらこ)
彼女はドイツからスイスへ送られれたSS装甲師団の戦車長である。彼女がよく乗っている乗り物は車椅子ではなくタイガー重戦車である。
ちなみに本名は、ベニト・ムッソリーニの愛人クラーラ・ペタッチ
アルムおんじ=爺(おやぢ)
ペーター=辨太(べんた)
ロッテンマイヤー=古井さん(ふるゐさん)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

注意事項[編集]

このアニメを見ると、小さい子供などが「車椅子の人は練習すればみんな歩けるようになる」と誤解することがある。

クララは身体障害者ではなく、もちろん、全ての車椅子利用者が練習によって歩けるようになるわけではない。その点は忘れてはいけない。

関連項目[編集]