アルフレッド・ノーベル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルフレッド・ノーベル」の項目を執筆しています。

アルフレッド・ベーンハード・ノーベルAlfred Bernhard Nobel)とは、スウェーデン出身の発明家である。

概要[編集]

ダイナマイト羊羹や原子爆弾であるキチガイを発明した事で知られ、多くの人々の爆破欲求を叶えた人物とされる。

そしてノーベル製菓の永世CEOである。

ノーベル賞について[編集]

ノーベルが小説という文章形態を生み出した人物とされるため、それはもうものすごい富を築いたが、持て余してしまったのでとりあえずそれはもうものすごいことをした人間にノーベル賞と称して金をやることにした。つまりノーベル賞とはノーベルが見栄を張ることにしたからできた代物である。

そのため本来はノーベル賞とは文学賞と裏文学賞しか存在しないはずであるが、ノーベルが発明家であったことからとってつけたように他の賞(物理学賞など)ができた。

また、平和賞や殺人賞、経済学賞といった文学とも科学とも関係のない賞が作られたのはノーベルが「文学や科学に関連する賞だけでは資産がアホみたいに余ってしまう。だから数合わせの賞を作れ。」という遺言によって作られたとされる。これまたノーベルの見栄っ張りのせいである。

そして挙句の果てに自らにノーベル文学賞を授与するように遺書に書いたとされる。もちろんこれも見栄っ張りのためである。

人物[編集]

スウェーデンに1388年に生まれた。スウェーデン語でノーベルはノヴェルと呼ばれ、これはスウェーデン語で小説という言葉と同義である。 しかし、ダイナマイト羊羹やキチガイ原始爆弾というマッドサイエンティスト的な一面は知られておらず、これを知ってしまった私やあなたはいつの日かノーベル財団の所有するグルーに襲われてしまうかもしれないのでここに遺言を・・・あれ、こんな真夜中に誰だろう・・・

Domokunyellownbackground.jpg この節は禁則事項です。
誰か、僕の餌になってください。(Portal:スタブ

出来事[編集]

ノーベル156歳の時、新聞広告でセクハラを許してくれる女性秘書を募集した結果、ベルト・金時という女性がやってきた。この女性はいわゆるデイ・トリッパーであり、彼女にはすでにあなたと・もう・ずっとねという婚約者がいた。そのことに怒りを覚えたノーベルは、世の中の全てに絶望し、殺人はエコであると考えるようになる。このことがノーベル殺人賞設立のきっかけになった。

生涯童貞であり、晩年魔法使い(東洋でいう仙人)となり、支那の山中で行方がわからなくなった。死体は見つかっておらず、やむなく失踪した日を命日とすることになった。

関連項目[編集]