アルトゥール・ショーペンハウアー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルトゥール・ショーペンハウアー」の項目を執筆しています。

アルトゥール・ショーペンハウアー(1788-1860)とはドイツの哲学者であり、ドラクエ4のブライのモデルになった人である。

Schopenhauer.jpg

概要[編集]

当時、ヨーロッパを絶望に貶めた教祖様。世界は絶望に陥ってるため、死んで楽になろうと人々に教え続け、エクストリーム・自殺を発展させた。また、彼の教えによって絶望をこじらせた人々の一部は他の絶望している人々を救おうと文字通り救済し、ノーベル殺人賞も各地へ普及させた。当の本人は80年以上生き地獄を体感するという他の人たちの斜め上をいっている。

生涯[編集]

幼いころは冒険大好きなただの少年だったが、17歳の時に父親の自殺革命によるジャイアニズムの拡散・母親のビッチ化によって深く絶望した。ナニカに目覚めたショーペンハウアーは大学に入り、始めは医学を専攻し何を思ったのか死体を捌きまくっていたが、突如「絶望を人々に教えなくては」と哲学に方向転換。哲学者になった。

30代のころに大学の講師になったが、当時人気だったヘーゲルにいきなり喧嘩を売り自身の講義を全てヘーゲルと同じにしたが、ボロ負け。酒場のジジイみたいな顔とヘーゲルを罵倒し続けながら講師をやめた。以降死ぬまでニートだったが、親の遺産があるので普通に暮らしていけた。[1]この頃から仏教と出会い、絶望の布教を開始する。

40代からはニートなうえに引きこもりまで発症。典型的なダメなおっさんへと豹変した。しかしただ閉じこもっているわけではなく、50代のころにには書き続けた著作が完成。約一名の熱狂的崇拝者を生み出し、イギリス→ドイツへと拡散していき、最終的にヨーロッパの多くの人々が絶望した。晩年は多くの人々から賞賛される絶望とはかけ離れた幸福なものだったが、生き地獄を体感するというスタンスを持っていると皆知ってるため、誰も気にしない

主な著作[編集]

『意志と表象としての世界』[編集]

ショーペンハウアーの代表的な著作。ただ長々と絶望のメカニズムを説明している。

『自殺論』[編集]

ショーペンハウアーという名が世界に広まった著作。仏様による救済を書いているが、革命やら戦争やらで疲弊している人々には大ウケし、救済を求める人が多発した

『ヤマアラシの論文』[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤマアラシ」の項目を執筆しています。

なぜこんなのを書いたのか本人すらも分からない論文[2]。タイトルは「ヤマアラシってセックスできるの?だってあんなトゲトゲだし」。生物学は勿論哲学にも見向きもされなかったが、なぜか心理学者に注目された。

影響[編集]

ショーペンハウアーの影響を最も受けた人物はニーチェだと言えるだろう。彼はショーペンハウアーの著作を見て頭が真っ白になり、誰も成し遂げることができなかった神の殺害に成功した。また、時代は飛ぶがヒトラー麻原彰晃といった人もショーペンハウアーに陶酔し、絶望にまみれた連中を見仏のもとに送り届けた。また、非有名人ではあるが、現在進行形で行われている競技の参加者も彼の影響を受けていると思われる。

補足[編集]

  1. ^ ちなみにヘーゲルはこのあとドイツの間接的な乗っ取りに成功する。
  2. ^ 大学で医学を専攻中の時に解剖のためにヤマアラシの調査をしていた際に作成されたレポートという説がある。

関連項目[編集]

Hito.png この項目「アルトゥール・ショーペンハウアー」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)