アラフォー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「アラフォー」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

アラフォー(Around40)は、本来「四十歳前後」という意味を表す言葉として作られたが、その後様々な憶測や誤報によって正しい意味から外れていった言葉。

概要[編集]

「40歳前後」を表す「アラフォー」は、2008年流行語大賞に選ばれた。これは、特に40歳前後の女性達に、仲間意識や共通意識を芽生えさせ団結するために使われた。アラフォーの流行と共に女性の地位は次第に高くなり、これに対抗して60歳前後の男性達が「アラウンド還暦」の略で「アラ還(決して『荒姦』ではない)」を使うようになった。また、後述のように「男も女も関係なしに自由に愛し合えばいいじゃないか」という意味を込めて、同性愛者達もアラフォーを使いはじめたらしい。

用途[編集]

アラフォー以外にも、アラサー(Around30)という言葉が存在し、これは年齢詐称に用いられる。アラサーとはアラフォーの派生で、「三十歳前後」を表すものであるが、実際には三十代後半以上のオバハンが「私アラサーなの、うふ」と若ぶってサバを読むときに使われる。

また彼女ら向けのテレビ番組では「39歳アラサーモデル」「58歳アラフィフ女優」などの誤用が意図的に行われ、公然とサバ読みを推奨している。これに関して異議を唱える声もあるが、日本は女尊男卑社会であるためなかなか受け入れられていない。

起源[編集]

アラフォーは世界各地で確認されており、その発祥は明らかになっていない。ここでは、それにまつわるいくつかの説を紹介する。

フランス起源説[編集]

フランス発祥。仏語の女性詞(a+la)と甲高い男性の叫び声(FOHHHHHHH!!!!)を組み合わせた造語であるという説もある。略称はアフォ。「アラフォー」は同性愛男性の呼び方の一つだが、彼らが仲間内で好んで使う自虐的な表現であるため無関係な人間が乱用すると思わぬ危険に遭遇する可能性もある。類義語にアラサー(a+la(仏)+sir(英))があるが、こちらは同性愛者男性がより敬意を持った仲間に用いる場合が多い。

歴史[編集]

この呼称がいつごろから同性愛者界隈で使われ始めたかは定かではないが、有力な説によるとあるゲイコンベンションでフランス人が転んだ拍子に直腸ビール瓶が嵌ってしまったときに上げた雄叫びが元だという。最初のうちはこの男性に対してジョーク交じりのからかい文句として使用されていたが、よほど気に入ったのかそのうち仲間内での呼称に使われるようになったようだ。

問題[編集]

「間違ったゲイのイメージを植えつける行為」として必ずしも全ての同性愛者男性がこの呼称を快く思っているわけではない。彼らの主張は「性癖以外はヘテロセクシャルな男性と相違はなく、女性詞を使われる謂れもなければフォーなどとわけのわからない雄叫びを上げるような存在でもない」とのこと。その一方で、たかが呼称でそこまで声を荒げる必要はないという見方をする者も多く、両者の主張は平行線を辿っている。

アイデンティティを奪う行為」だとしてオカマからクレームがつくことがあるが、これは逆に「同性愛者=オカマ」という間違った認識を生む行為であり、さらにこの問題を混乱を複雑にしている。異性愛同性愛の平等を訴える人からは、「世の中から間違った認識を取り除き、差別をなくしたい」との意見があがっている。

赤点説[編集]

日本発祥。通常、高校で単位を認定されるために必要な点数は40点である。高校生達は単位に目が眩み、「本当に大切なもの?そりゃ単位だよ」と言わんばかりにこの40点を目指している。殆どの高校生達の点数はこの40点前後であり、いつも80点以上を取っている者はそれを馬鹿にして、「40点ぎりぎり」という意味で「アラフォー」と呼ぶ。また、大学などでの合格点は通常60点であり、これを還暦にちなんで「アラ還」と呼ぶ。

40点前後の点数を取っている者たちは、これらの呼称をつけた優等生に対してクレームをつけている。

仏教起源説[編集]

インド発祥。釈迦は、還暦前後まで悩み続け、ようやく悟りを得た。仏教では、それにちなんでAround還暦を「アラカン」と略し、彼を阿羅漢(あらかん)と呼ぶようになった。そして日本に仏教が伝わって以来、釈迦のような聖者をアラカンと呼ぶようになり、還暦を迎えた一部のプライドが高くナルシストなオッサン達が、自分達のことを「アラカン」と名乗り始めたらしい。仏教起源説とは、これが後のアラフォーの起源になったと考える説である。

荒木経惟起源説[編集]

日本発祥。「アラーキーのフォトグラフ、欲しい」の略であるという説。この世代の女性たちにとって、「篠山紀信はイヤらしいけど、アラーキーなら、1回くらいはいいかも。」と、泥酔時を含めて一度も思わなかった者の方が珍しく、事実藤田朋子を筆頭に、荒木経惟にあられもない姿を撮られた者は多い。笑顔で。

関連項目[編集]