アメリカ帝国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
アメリカ帝国
American Empire
Imperial States of America.png American Empire Globe.JPG
(国旗) (国章)
国の標語 : Our Superman
アメリカ帝国の位置
公用語 本土宗主植民地第一植民地第五植民地第七植民地:英語
準本土:ヘブライ語
第二植民地:スペイン語
第三植民地:日本語
第四植民地:韓国語
第五植民地:フィリピン語
第七植民地:アラビア語クルド語
首都 ニューヨークではありません
最大の都市 ニューヨーク ではあります
指導者 不明
大統領 ドナルド・トランプ
国務長官 ヒラリー・KY・クリントン
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第1位ではありません位
300,007,997平方km
4.9%
人口
 - 総計(2006年
 - 人口密度
世界第1位ではありません位
300,007,997人
世界第xx位
31人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
通貨 リンデンドル (USD)
時間帯 UTC -5 から -11 (DST: -4 から -9 または 無し)
国歌 「American Empire is best」
宗教 不明
国際電話番号 1

アメリカ帝国 (American Empire)とは、世界各地に領土を持つ広大な植民地帝国の事である。アメリカ合衆国を本国としており、準本国はイスラエル

主要植民地は、北アメリカ大陸にカナダメキシコ、欧州にはイギリス。太平洋を挟んでオーストラリア日本フィリピン韓国。特別自治区としてプエルトリコ、グアム、サイパンを持つ。最近誕生した植民地にはイラク、現在併合を進めている地域としてナイジェリアなどが上げられる。その他、ラテンアメリカなどの非公式帝国圏も大きい。

かつてのライバル勢力であったソビエト連邦が崩壊したため、現在では唯一の超大国として地球上を支配し、世界に破壊と混乱をもたらし、富と資源の搾取を続けている。現在も世界征服を目指してその勢力を拡大中である。しかし近年、中華人民共和国を中心に中華帝国が建設されつつあり、近い将来に強力なライバル勢力になるだろうと見られている。またアラブ連盟などの敵対勢力も無視する事は出来ない。しかし、欧州連合帝国が何だかんだ言って傀儡国家のため大丈夫であろう。

帝国の道のり[編集]

アメリカ帝国の前身は大英帝国である。本国は、欧州大陸の上にポツンと浮かぶ小さな島国に過ぎなかったが、世界各地に植民地を保有し、世界最大の海軍力を誇る王立海軍により七つの海を支配し、莫大な富を築き上げた。

この時、クリストファー・コロンブスが発見した新大陸に誕生した植民地が現在のアメリカ合衆国である。そこの住人達は先住民であるインディアンを虐殺し新大陸を侵略する一方で、イギリスによる植民地支配の不当性を高らかに叫び、1775年に独立戦争を起こし、独立を達成した。その後は、新大陸の領土を次々に買収し、インディアンを駆逐して、現代の本国領土を形成した。

その後、農業生産拡大のために、アフリカから大量の黒人奴隷を輸入した。ただし、自分達で奴隷狩を行う事は稀で、殆どは現地の権力者やアラブ商人を仲介して、自らの手は汚さず合法的に奴隷を連れて来た場合が多い。 当初、奴隷達は農業生産用の機械として使用されたが、後にストレス解消用の機械として使用される事が多くなり、人種差別を受ける事を仕事とする者が多くなった。時は流れて1960年代に、キング牧師らが中心となって人種差別撤廃運動が起こり、これにより法的に人種差別は禁止となった。だが、現在でも白人と黒人との間には越えられない所得格差の壁があり、人間は本能的に差別しなくてはならない生物である事を示唆している。

なお、主要植民地であるアメリカを失ったイギリスはその後、重点をインドに移行させるが、ガンジー非暴力不服従な仲間たちの運動により1947年に独立され、さらに1950~60年代に海外の植民地の殆どを失い、大英帝国は消滅した。だが、諦めきれないイギリスは、イギリス連邦なる組織を結成して見たが、アメリカ帝国に飲み込まれ、実質的に傀儡勢力になっている。

帝国の支配者たち[編集]

  • ジョシュア・エイブラハム・ノートン(アメリカ皇帝にして、メキシコの庇護者、ノートン一世)1811-1880年
とても偉い皇帝だから、ここには書ききれません。こっち参照
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

アメリカ帝国の戦争[編集]

国が成立した後、アメリカ帝国は奴隷制の是非を巡って南北に分断した。 結果、偉大なる帝国皇帝リンカーンの指導のもとで北部が勝利した。 その後アメリカ帝国はアジアを支配する帝国「ニッポン帝国」に喧嘩を売って勝った。 さらなる「駆逐」をしようとし、時の皇帝アイゼンハワーが目をつけたのはベトナム。だがベトナムは見事な 戦略と知能でアメリカ帝国を撃退。以後、ベトナムはアメリカに絶大な影響力を与える強国として マレー半島に君臨している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカ帝国」の項目を執筆しています。
Hartman.jpg 腐れアメリカ帝国はお前か!!
「Sir! 自分であります!! Sir!」
正直なのは感心だ。気に入った。家に来てこの項目をぴーしていいぞ。 (Portal:スタブ)