アボガドバナナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

アボカドバナナとはアボカドバナナをスライスして重ねて作るだけの簡単な軽食の一つである。しかし味はとても食べられたものではなく、こんなものを作るようなもしくは注文するような頭が悪い人と言う意味での罵倒言葉としても使われる。

歴史[編集]

元々はイタリア都市部の喫茶店で考え出されたお遊びメニューであり、都会に初めて来たような田舎者や何も知らない子供が珍しがって注文するのを見て馬鹿にする目的のものだった。実際に注文された場合喫茶店側は「材料が切れているため作ることが出来ません」と注文を断り、代わりにその日のお薦めとしてアボカドを使った軽食とバナナのジュースを紹介するのがお決まりとなっている。またアボカドバナナを注文した客は店内の隠語でアボカドバナナと呼ばれ、店員からそれなりのサービスで済まされることになる。

実際には提供されない魔除けメニュー[1]の一つであるが、実際に提供していた店もあり、食べた殆どの客はあまりの不味さに顔を顰めて事実を思い知ることになったが、これが都会の味だと勘違いして田舎で友人に振る舞ったところで都会を知る人間に「招待されて何かと思えば、もうね、アボカドバナナかと。」と馬鹿にされることになった。

日本人でも喫茶店従業員が旅行に訪れた際に食べてしまい、同じように勘違いし日本にレシピを持ち帰ってしまったが、持ち帰った料理人が日本人の舌に合わせようとアボカドとバナナをミキサーに掛けて牛乳ヨーグルトで割ったアボカドバナナジュースとして充分飲めるようなものにしてしまった。日本へ訪れた南イタリア人はこのジュースを見て「日本人は何でもかんでも美味しくしやがる。」と至極残念そうな顔をするのが良く知られている。

[編集]

アボカドの少し堅く歯ごたえのある食感とバナナの柔らかい食感が合わさることに微妙な違和感を憶えると共に、脂っぽく濃い甘みのないアボカドと甘くねっちょりとしたバナナの味が混じり合い吐き気を催す。

罵倒言葉[編集]

現在ではアボカドバナナをメニューとして載せることは殆どないため、この言葉はスラングとしてアホやバカのような頭の悪さを意味する罵倒言葉として使われるが、ただ単純に頭の悪いことを罵倒しているのではなく、常識がなかったり物の道理が分かっていなかったりするために突拍子のないまぬけなことをしてしまう相手に対して呆れを含んだ意味で使われる言葉であり、「お前アボカドバナナだな。」のような断定した言い方よりも「もうね、アボガドバナナかと。」のような呆れかえった調子で使われることがもっぱらである。

脚注[編集]

  1. ^ 「この店で一番高価な料理を出せ」と言う客のために実際には支払い不可能な値段の料理を載せておくなど、厄介な客のためのメニューなどのこと。

関連項目[編集]