触角

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
アホ毛から転送)
移動先: 案内検索
突然変異して自我が芽生えて本体から独立する触手もいるとか。おお、こわいこわい。

触角(しょっかく)は、生物の頭部から突出してている器官のひとつ。感覚や運動を司る。その形状から「アホ毛」「アンテナ」などと呼ぶこともある。

形状[編集]

節足動物[編集]

頭部の口より前の体節から生えている。左右で対になっており、前方へ伸ばし、進行方向を探る。種類によっては脚と同じように使われる場合もある。

軟体動物[編集]

頭部上面から左右で一対に生えている。柔軟で細長く、先が細くなるものや、先端が膨らむものなど、様々な形のものがある。触角の根元に目がある場合と、カタツムリなど先端にある場合がある。

哺乳類[編集]

たまに人間にも生える。

頭部から生えている。複数の毛がまとまり、1本、または2本の触角を構成することが多い。全ての哺乳類に備わっている器官であるが、実際に触角として使用できる個体は限られている。これは耳を動かすことができる人間が一部の個体に限られるのと同様である。触角の機能を持たない場合はただの頭部の毛として扱われる。

毛の形状ではなく、棒や角の形をした触角を持っている場合もある。

ヒゲが同様の機能を備えている場合があるが、これは触角とは呼ばない。

役割[編集]

主に運動の補助、情報伝達、各種センサーの機能を持つ。どの機能を備えているかは生物、固体ごとに異なる。

運動の補助[編集]

手足や尻尾の補助として用いる。

  • ミジンコ:泳ぐ際の推進力として使用している。
  • Me:非常に発達しており、物を切断したり木にぶら下がったりできる。
  • 神綺:触角で魚釣りをする様が観測されている。彼女の触覚には「たくましいなw」という名が付けられている。

情報伝達[編集]

動かしたり形を変えたりすることで情報を伝える。

各種センサー[編集]

接触、気流、熱、音、におい、味覚、霊感などを感知する。

  • :メスが出すフェロモンを感知する。
  • ワムウ:角の形状をしており、風の流れを感じる。
  • 鬼太郎:妖気を感じると直立する。

武装[編集]

振り回すことでカッターの機能が使用できる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「触角」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アホ毛」の項目を執筆しています。
この項目「触角」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)