アブドゥル・ラシッド・ドスタム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『偽りと真実の"アブドゥル・ラシッド・ドスタム"』
「彼の愛弟子がニューヨーク世界貿易センタービルに突入しようとする飛行機をアフガン地獄風車で阻止しようとして華々しく散ったのはあまり知られていない。 」
アブドゥル・ラシッド・ドスタム について、民明書房「アフガン航空力士伝‐西アジアの英雄たち」
ドスタム親方
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アブドゥル・ラシッド・ドスタム」の項目を執筆しています。

アブドゥル・ラシッド・ドスタム(1954年~)とは、アフガニスタンアフガン航空相撲の元横綱。

現在はアフガニスタンの国防大臣、参謀総長を務める側らアフガン航空相撲の親方として後継者の育成を手がけている。

人物 来歴[編集]

1954年にジャララバードに生まれる。

1970年に当時の航空相撲の親方だったチョム・ナム・ジーにスカウトされ航空力士に入門する。

現役当時の四股名はドスタム山

チョム・ナム・ジーの指導の下、メキメキと頭角を現し1980年のカブール春場所から横綱に君臨する。 横綱の在位期間は3年と短いが、これは当時のアフガン内戦の混乱と後のターリバン政権下で航空相撲が禁止されたことによる。

ターリバン政権崩壊後はカルザイ大統領の依頼もあり航空相撲の再興に着手し、後進の育成を手がけてている。

伝説[編集]

ドスタムは航空力士時代に様々な伝説を残している。

  • 2001年3月6日にバーミヤンにあった力士の石像をテッポウで完全に破壊した。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)